HOME

広島県の資金調達に強い専門家 広島で融資や資金調達に強い専門家を紹介

広島県の資金調達に強い専門家 広島で融資や資金調達に強い専門家を紹介 資金調達の専門家を探す
 
\ WEB調査結果「満足度NO1!」 /
 

広島県の資金調達に強い専門家 広島で融資や資金調達に強い専門家を紹介

ここでは広島県で資金調達に強い専門家を紹介しています。

資金調達は経営者にとって「ハードルの高い業務」です。しかし資金が無ければ事業継続は難しくなります。

たとえば仕入れができなくなってしまうため、商品を作ることもできなくなってしまったり、商品の質を下げざるを得なくなったりしてしまいます。その結果、お客が離れていってしまう原因となり、比例するように売り上げも減少していってしまいます。

このような状況に陥らないようにするためにも、経営者に求められるのは「安定した資金繰りや資金調達」となります。ところが経営者は、経営している分野の事業についてはプロではありますが、資金調達のプロというわけではありません。

そのため資金調達は慣れない業務であるため、予想以上に時間を浪費するばかりかストレスにつながり、本業に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。さらに資金調達のプロではないことから、お金を調達することができたとしても、満足のいく金額や条件で契約ができなかったということはよくある話です。

そのような状況を回避するためにも、資金調達の際にはその道のプロに支援を依頼することをオススメしたいです。

専門家の支援をうけることで、時間を浪費することもありませんし、精神的なストレスも軽減します。さらに専門家は資金調達のプロであるため、正確な書類の作成、さらには銀行融資であれば融資元との交渉を代行してくれ、融資金額や利息、融資期間などで優遇されやすくなります。

このようなことからも、広島県内で資金調達を考えているのであれば、まずは資金調達の専門家に話を聞いてみるところから始めてみるとよいでしょう。

広島県の資金調達に強い専門家一覧

価値組思考コンサルティング特徴1特徴2特徴3
価値組思考コンサルティング

年間50社以上の経営支援

融資支援と補助金支援が得意

現場を知る中小企業診断士が細かい部分までサポート

広島市中区に事務所を構える専門家です。年間で50社以上の事業計画策定支援を行なうほど実務能力に秀でているのが特徴でしょう。資金調達支援では、融資申し込み支援と補助金・助成金申し込み支援を得意にしています。代表の秋井中小診断士は旅行サービス業や販売促進業、人材サービス業などに従事してきました。その経験を活かした細かい部分のサポートも特徴です。

中尾経営支援事務所特徴1特徴2特徴3
中尾経営支援事務所

営業出身で現場を知る経営コンサルタント

経営計画策定支援に強い

補助申し込み支援ではわかりやすい説明

呉市に事務所を構える専門家です。元小売業の営業マンで、長年に渡り現場を経験してきました。コンサルタントとして独立してからは、200社以上の経営支援を行なってきました。営業マン時代に培った「伝える力」も高く、セミナーや講演会などでも多くの実績があります。資金調達支援では、経営計画の策定支援と補助金申し込み支援を強みにしています。広島県内の複数の中小企業支援団体にも所属して業種を問わない支援を行なっているのも特徴です。

株式会社T&Aパートナーズ特徴1特徴2特徴3
株式会社T&Aパートナーズ

融資申し込み支援や補助金申し込み支援のほかに、エンジェル投資家とのマッチング支援も

公認会計士や税理士など、多数の資格を取得している専門家

県内士業と提携しており、ワンストップでの相談が可能

広島市に事務所を構える専門家です。元金融機関の融資担当経験もある融資申し込み支援に強い専門家です。資金調達はもちろん、M&Aや海外進出支援といった、事業拡大戦略でもサポートしてくれます。エンジェル投資家とのパイプもあり、融資以外の資金調達支援も行っています。

広島県の資金調達に強い専門家

価値組思考コンサルティング

価値組思考コンサルティング

2009年開業の専門家が「価値組思考コンサルティング」です。経営革新等支援機関にも認定されており、年間50社以上の経営支援を行なっている実務能力の高い専門家です。広島県の中小企業支援団体で理事を務めるなど、長年に渡って事業者支援を行なってきました。

資金調達支援では「融資申し込み支援」と「補助金・助成金申し込み支援」を得意にしています。融資申し込み支援では、事業計画書の作成をはじめ、融資商品の選定や金融機関との面談時の同行といった部分までサポートしてくれるなど、事業者に寄り添うような支援が特徴です。

代表の秋井中小企業診断士は、旅行サービス業や販売促進業、人材サービス業に従事していました。そのときの経験を活かした経営コンサルティングで、事業の「困った」を解決してくれます。

補助金や助成金に関しても支援実績数が豊富です。ものづくり補助金や地域需要創造型等起業・創業促進補助金、小規模事業者活性化補助金など、さまざまな種類の補助金申し込み支援実績があります。

3つの注目ポイント

  • 年間50社以上の経営計画策定支援に携わっており、実務能力の高さは行政からも評価されている
  • 融資支援と補助金支援を得意にしており、実績も豊富
  • 現場を知る中小企業診断士として、生産性の向上や人材育成のアドバイスなど、細かい部分のコンサルティングも行なっている

情報

住所広島県広島市中区西白島町17-7-502
電話番号082-211-1133
URLhttp://katigu3.jp/

中尾経営支援事務所

中尾経営支援事務所

事業の現場に強い専門家が「中尾経営支援事務所」です。元小売業の営業マンとしてキャリアをスタートさせました。赤字部門をたったの3年で黒字化させた実績もあるほど、営業力が高い専門家です。

資金調達支援においては、経営計画の策定支援と実践サポート、補助金の申し込み支援
をメインに行なっています。事業を分析して数字だけを依頼者に伝えて改善してもらうのではなく、実際に現場へ赴き、必要ならば経営者と一緒に実践まで行なってくれるOJT型の専門家です。

補助金の申し込み支援では、事業者の「気になること」にフォーカスを当てた情報発信を得意にしています。補助金の説明は複雑なものがほとんどです。その複雑な内容をいかにわかりやすく伝えるかを意識して、補助金セミナーや講演会を行なっています。

はじめて外部に資金調達支援、経営支援を依頼するなら候補に入れておきたい専門家と言えるでしょう。

3つの注目ポイント

  • 現場を知る経営コンサルタントとして、依頼者と一緒に取り組む姿勢が評価されている
  • 経営計画策定支援に強く、経営革新等支援機関にも認定されるなど実務能力も高い
  • 補助金募集の情報をわかりやすく伝えることでも知られている

情報

住所広島県呉市阿賀中央1丁目6-1
電話番号090-2806-1550
URLhttps://www.nakaokeiei.com/

株式会社T&Aパートナーズ

株式会社T&Aパートナーズ

平成20年創業のベテラン専門家が「株式会社T&Aパートナー」です。信頼(Trust)と安心(Assurance)、税(Tax)と会計(Accounting)の頭文字が特徴の専門家です。公認会計士・税理士として、財務・税務面でのサポートを行なっています。

資金調達支援においては「事業承継」「企業再生」「海外進出」「経営計画策定」「金融・財務戦略」といったこれら5つの支援を柱にして中小企業・小規模事業者をサポートしています。

エンジェル投資家と事業者の橋渡し役も担っており、融資や補助金の支援以外で、投資による資金調達支援も行なっているのが特徴でしょう。

代表の小村取締役は、元広島銀行で融資担当者や不良債権担当者などを歴任してきました。その経験を活かした融資申し込み支援で、融資審査に通りやすい事業計画書の作成サポートを得意にしています。

3つの注目ポイント

  • エンジェル投資家とのマッチング支援なども行なっており、融資や補助金以外の資金調達支援も得意にしている
  • 公認会計士や税理士など、複数の資格取得者を在籍しており、マルチなサポートができる
  • 県内外の士業とパートナー契約を結んでおり、ワンストップでの相談が可能

情報

住所広島県広島市中区立町2番23号野村不動産広島ビル
電話番号082-259-3325
URLhttp://www.taap.co.jp/

広島県の銀行で資金調達

広島県には2つの銀行と4つの信用金庫があります。

広島県での資金調達では、まずこれらの金融機関の商品を検討してみると良いでしょう。

広島銀行

広島銀行

  • グッドサポート
    同一事業を1年以上営む事業が対象。最大2,000万円まで、6か月~7年。要件を満たすと金利引下げ。
  • サクっと!ビジネスローン
    急な出費にもスピーディーに対応。50万円~500万円、年6.0%~14.5%。
  • 創業支援ローン
    創業予定、創業後間もない事業者をサポート。最大1,000万円まで、最長10年。
  • 防災・BCP対応支援ローン
    防災対策、BCP策定を必要で無料診断を利用した法人が対象。1,000万円~10億円。
  • 営業継続費用保険付ローン
    借入期間中、罹災した場合に営業を継続するため生じた費用を補償する保険がセットの商品。
  • 中小企業経営力強化融資制度
    経営力強化に取り組む法人が対象。事業資金、借換資金のために最大5,000万円。
  • ビジネスローン『Accel(アクセル)』
    最短即日審査。50万円~1,000万円以内、年3.0%~10.0%。最長3年。
  • メディカルサポートローン
    開業医、医療法人が対象。医療分野の幅広いニーズに対応。最大2億円。最長20年。

情報

住所広島県広島市中区紙屋町1−3−8
電話番号082-247-5151
URLhttps://www.hirogin.co.jp/

もみじ銀行

もみじ銀行

  • ビジネスローン「ジャストミート」
    無担保で資金調達を。100万円~5,000万円、最長7年。元金均等分割返済。
  • イロハモミジ
    女性の創業、活躍を支援。創業前、創業後1年以内の運転資金・設備資金を最大500万円以内で。
  • もみじ機械担保ローン
    資産価値のある機械などを担保に1,000万円~1億円、最長5年。元金均等分割返済。
  • シンジケートローン
    複数の金融機関を貸出人として大規模な資金調達を。
  • ABL(動産・債権担保融資)
    保有する動産・債権を担保として資金調達。

情報

住所広島県広島市中区胡町1番24号
電話番号082-241-3131
URLhttps://www.momijibank.co.jp/

広島信用金庫

広島信用金庫

  • 即戦力
    個人事業主向けビジネスローン。10万円~500万円、最長10年、7.0%~14.0%。事業資金の借換えも可能。
  • ひろしん創業支援制度融資「未来」
    創業予定、創業後1年以内の事業者を支援。運転資金・設備資金の合計2,000万円まで。
  • 「事業継続計画」支援融資
    中小企業の事業継続力を支援。1億円以内で最長25年。
  • ひろしんSDGs事業承継ローン
    事業継承に伴う資金、後継者育成費用などを支援。最大5億円、最長15年。
  • ひろしん農業育成ファンド
    農業の活性化を目指し、農業経営者をサポート。

情報

住所広島県広島市中区富士見町3-15
電話番号082-245-0330
URLhttps://www.hiroshin.co.jp/

呉信用金庫

呉信用金庫

  • くれしん創業・新事業支援ローン(アクレ)
    新規事業、新分野進出を計画している事業者を支援。5,000万円まで。
  • くれしん成長・改善応援ローン「スーパーあしすと」
    最大1億円、最長25年、年2.80%~。元金均等返済。
  • くれしん地域活性化応援融資「ビジネスサポート」
    証書貸付型、最大2,000万円、最長7年。事業資金のために。
  • くれしん事業者向け無担保カードローン『懐刀Ⅱ』
    事業資金にスピード対応。50万円~500万円、8.8%~14.0%。
  • くれしん事業承継ローン
    納税資金、株式取得などの事業継承に必要な資金を調達。1億円以内、最長15年。
  • くれしんフリーローン「自由設計」
    事業資金を含め使いみち自由。10万円~500万円、最長10年。6.8%~14.8%。
  • 「プレミアムハイブリッド」
    Webからの申込で来店不要。500万円以内、3ヵ月~10年。3.0%~14.0%の固定金利。

情報

住所広島県呉市本通2丁目2-15
電話番号0823-25-6853
URLhttps://www.kure-shinkin.jp/

しまなみ信用金庫

しまなみ信用金庫

  • フリーローン「ファーストクラス」
    10万円~1,000万円以内、融資期間6ヶ月~10年、年3.0%~14.0%。
  • しんきん保証基金「フリーローン」
    事業資金、借換資金に利用可能。500万円まで、10年以内、年3.0%~14.0%。
  • レディースローン「花子さん」
    女性専用ローン。証書貸付型で10万円~300万円、年3.0%~12.0%。

情報

住所広島県三原市港町1-8-1
電話番号0848-62-7311
URLhttp://www.shimanami-shinkin.jp/

広島みどり信用金庫

広島みどり信用金庫

  • スーパーフリーローン
    使いみちが自由。申込から約1時間で回答。300万円まで、最長7年、年7.0%~14.5%。
  • フリーローン
    事業資金も可能なフリーローン。証書貸付型で500万円以内、最長10年。年5.0%~14.5%。
  • 庄原市中小企業融資制度
    中小企業者が金融の円滑化のために、広島県信用保証協会と連携。
  • 三次市融資制度
    創業支援融資、小規模事業資金融資、中小企業経営安定資金融資など。

情報

住所広島県庄原市西本町三丁目1番8号
電話番号0824-72-1151
URLhttps://www.shinkin.co.jp/midori/

広島県の資金調達の専門家の主な支援内容は「融資」と「補助金」

広島県で資金調達の支援を行っている専門家の主な支援内容としては、「融資申し込み支援」と「補助金・助成金の申し込み支援」が多いことでしょう。

ただし一言で「専門家」といっても、誰に支援をお願いしても同じ結果になるかというとそのようなことはありません。知識や経験値が異なるためです。そして得意分野も異なるためです。

たとえばですが、、「Aという専門家に支援してもらったら銀行融資の金利が5%だったが、Bという専門家に支援してもらったら、金利が3%になるよう交渉してくれた」といった感じです。このようなことはよくある話です。

融資を受ける金額にもよりますが、わずか数%の金利の違いでも、返済に大きな影響を与えてきます。完済した時には結果として数百万円も返済金額に差が出てきてしまった・・・ということもあります。

融資申し込み支援の具体的なサポート内容

融資申し込み支援の目的は、銀行や日本政策金融公庫といった金融機関の融資審査に通過して、希望する金額の融資を引き出すことです。

審査を通過するためには、融資担当者を納得させるだけの証明が必要になります。その証明となる書類が「事業計画書・返済計画書」などです。

専門家の多くは、この「事業計画書・返済計画書」の作成支援を得意にしています。また、金融機関の選定や融資商品の選定、さらには面談時に同行してくれ説明補助をしてくれるなど、依頼者がうまく資金調達をすることができるようなサポートを行ってくれるのです。

事業計画書・返済計画書次第で審査の可否が決まる

融資の審査で重要視される書類として「事業計画書」や「返済計画書」があります。金融機関によって片方のみ、もしくは両方の提出が求められます。

参照 返済計画書の作り方&返済計画書運用の注意点を完全解説

 

事業計画書は、事業における中長期的な計画が記載されている書類となります。返済計画書は、融資を受けたお金をどのように返済していくのかを記載した書類となります。これらの書類が審査において重要視される理由は、「貸倒れリスクの有無を確認するため」と考えられています。

融資を行なった事業者が倒産してしまうと、貸したお金が戻って来ない可能性が一気に高まってしまいます。貸したお金が返ってこない状況を「貸倒れ」といいます。貸倒れで発生したロスは、融資の方法にもよりますが、融資を行なった金融機関が被ることになります。つまり貸倒れのロスは、金融機関の資金繰りにも悪影響を及ぼすことになるのです。

そのため、融資担当者は「貸倒れリスクの有無」を経営者から提出してもらった書類で判断するのです。その際にはとくに、事業計画書や返済計画書の数字が重要となってきます。

資金調達の専門家は、融資担当者を納得させられる事業計画書・返済計画書の作成に強みを持っています。資金調達に慣れていない経営者が言われた通りに書類を用意し提出するよりも、これまで多くの経営者の資金調達をサポートしてきた専門家の方が、資金調達のポイントを理解しています。たかが書類ですが、その書類が誰が作成するのか、どのように作成するのかにより、審査の通過率を大幅に引き上げることにつながるのです。

融資商品の選定はプロのアドバイスが有効

融資商品は事業の財務状況に合わせたものを選ぶ必要があります。ただし資金調達の専門家でもなければ、どれが最適な融資商品であるのかを見つけることはかなり難しいといえます。なぜなら思った以上に多くの商品が世の中には存在しているためです。

資金調達の情報収集を常日頃から行なっている専門家は、依頼主の会社の事業分析を行い、さらに集めた情報を掛け合わせ、最適な融資商品を選んでくれます。

たとえば資金調達を希望している経営者は、融資上限金額や利息のみの情報で判断してしまうケースがありますが、本当にその融資商品が事業の財務状況に合ったものなのかまでを細かく分析しようとはしませんし、分析しようとしても難易度が高くできないことでしょう。

決して忘れてはならないのは、融資は「借金」であるということです。「返済」が必ず発生します。そのため事業の財務状況に合った融資商品を選ばなければ、後から返済が滞ってしまう可能性があり、将来の会社経営にマイナスの影響を与えてしまう可能性があるのです。

とくに「審査が緩く借りやすい。でも年利が高い。」といった商品に手を出してしまうと、返済に苦しめられてしまうといったケースが発生しかねないのです。

実際、事業の財務状況に合った融資商品を選ぶのは簡単なことではありません。

だからこそ、お金のプロである専門家のアドバイスが必要なのです。専門家は過去、現在、未来の財務状況を分析・予測し、長期的な視野で最適な融資商品を選んでくれます。

銀行の面談は専門家支援を受けて作成した事業計画書を提出するならば重要な局面になる

金融機関の融資を申し込む場合、金額の有無にかかわらず融資担当者と面談を行なって提出書類の説明を求められます。この面談時に専門家が同行して、説明補助をしてくれるだけでも審査に通過する確率が大きく上がるでしょう。

銀行での面談では、提出した書類、つまり事業計画書や返済計画書の内容について質問されます。融資担当者は融資を申し込む経営者が、ほんとうに事業計画について把握しているのか、ということを確認しています。

もし返答に窮した場合、融資担当者から不信感を持たれてしまう可能性もあるでしょう。そのような事態にならないためにも、専門家に同行してもらって説明補助を受けるのは重要な支援になるのです。

補助金・助成金の申し込み支援の具体的なサポート内容

補助金や助成金は返済が必要ない国からの支援金です。

参照 補助金・助成金は返済義務のない資金調達方法 政府や自治体の制度で資金調達

 

補助金・助成金には「採択審査」というお金を交付するための審査が行なわれます。もしこの審査で不合格になると、対象事業者・対象事業だとしても補助金や助成金は交付されません。

採択とは「ある意見・案などを、よいものとして選び取ること。」という意味です。つまり、補助金や助成金を申し込んだ事業者が「よいもの」として選び取られなければ、お金を手にすることはできないのです。

補助金・助成金の基本

補助金・助成金とは対象の事業者、もしくは対象の事業に交付されるお金です。気をつけたいこととしては、対象者であっても申し込みをしなければ受け取ることはできないということです。黙っていてもらえるということはありません。

そこで注意したいのが以下の3点です。

注意すべき3つのポイント
  • 申し込み期限
  • 申し込み上限予算
  • 採択審査

期限までに申し込みをしないと、対象であったとしても補助金や助成金を受け取ることはできません。また、補助金や助成金には上限金額があります。つまり、補助金を申し込んだ事業者数と交付した金額が一定の額に達すると締め切られてしまうのです。そのため「素早い申し込み」が重要になります。

また早ければよいというものでもありません。申し込み書や提出する添付書類に不備がないように、内容を確認することも重要です。

提出書類に不備があった場合、申し込みを差し戻されてしまいます。申し込みを差し戻されると最初から申請手続きを行うこととなり時間的にロスとなってしまいます。結果として必要なときに必要な金額を得られないということにもつながってしまうのです。

 

補助金や助成金の申請は素早く正確に。
正確な申請を素早く行う必要があるわけだ。それを日々、忙しい業務を行っている事業者にできるか?というとなかなか難しいだろう。だからこそ専門家への依頼は有意義なものであると考えるのだ。

 

補助金・助成金でもっとも重要な事業計画書

補助金・助成金の採択審査でもっとも重要視されるのは以下の2つの書類とされています。

  • 申込書の記載内容
  • 事業計画書

まず申込書は正確に記述しなければなりません。申込書には専門用語が数多く使われています。専門家でもない限り理解できない、もしくは理解しづらい言葉が利用されているのです。適した内容を記述しているか不安になることが多々あるかと思います。

事業計画書は融資審査と同じように、中長期的な事業計画がチェックされます。事業計画書の作成を支援してくれるのが専門家です。経営状況を分析し、達成可能な事業計画を立てることで採択される確率を高めるのです。

申請書の提出代行

専門家の支援を受けると、忙しい経営者の代わりに申込書を作成し提出してくれます。

補助金や助成金は基本的に申し込む事業経営者が提出しなければなりません。ですが忙しいあまりに作成や提出の時間を確保できないということもあるでしょう。

補助金・助成金獲得後の手続き

補助金や助成金の採択審査に合格し晴れて交付が決まったとしても、まだ終わりではありません。補助金を受け取るためには、採択後の手続きも重要になります。手続きは続くのです。採択後の手続きも専門家は取り扱っています。

採択後の手続きには「達成報告書(レポート)の提出」があります。補助金は基本的に後払いです。交付された補助金が正しく使用されているかどうかの報告書を事務局へ提出しなければならないのです。

専門家のサポートでは、申し込み時の事業計画をもとに達成報告書や進捗状況の報告書を作成してくれます。

以上のようなことからも、どのような資金調達であるにせよ、専門家のサポートを受けた方が良いかと思います。経営者は会社の経営に集中し、資金調達はその道のプロである専門家の支援を受けた方が、時間を有効活用できますし、なによりも質の高い申請を行うことができます。

もちろん専門家に仕事を依頼するということは費用の発生することです。その費用を節約し高い利息の融資を受けてしまったり、受けられるはずの補助金や助成金を受けないことの方が、よほど損をすることになるでしょう。

 

広島県の資金調達に強い専門家 広島で融資や資金調達に強い専門家を紹介 2の画像
銀行融資で資金調達 金利の低い銀行から賢く資金調達する方法
資金調達する際に、まず初めに思いつくのは「銀行からお金を借りること」ではないでしょうか?銀行からの融資は、数ある資金調達の中でもトップクラスに金利が低いのが魅力です。 しかし誰でもお金を借りられるのか?というとそんなことはありません。銀行か...

 

広島県の資金調達 関連ニュース

Error: Feed has an error or is not valid.

タイトルとURLをコピーしました
目次へ