HOME

岩手県の資金調達に強い専門家 融資や資金調達に強い専門家を紹介

岩手県の資金調達に強い専門家 融資や資金調達に強い専門家を紹介 資金調達の専門家を探す
\ 即日対応!すぐに資金調達可能! /
 

岩手県の資金調達に強い専門家 融資や資金調達に強い専門家を紹介

ここでは岩手県で資金調達に強い専門家を紹介しています。

事業の運転に必要な資金である運転資金や新しい設備の導入費用や維持費用に必要な設備資金。売上が安定しているうちは得た利益から運転資金や設備資金を捻出できるでしょう。しかし、売上の低迷や経費の圧迫により、思うように資金を捻出できない場合には、他のところから資金を調達しなければなりません。

資金調達と聞くと金融機関からの融資をイメージするでしょう。ですが、金融機関の融資は財務状況が逼迫している事業者に対しては融資をしてもらえない場合がほとんどなのです。しかし、融資をしてもらえないからといって、あきらめる必要はありません。資金調達方法はなにも融資だけとは限らないのです。

融資以外の資金調達方法にはさまざまな方法がありますが、どうやって調達するかという方法に関してはあまり知られていないのが現状でしょう。そこで経営者であるあなたに検討して欲しいのが「資金調達の専門家」に資金調達支援をしてもらうことです。専門家であれば、融資以外の資金調達方法にもあかるいですし、自分で資金調達方法を調べて調達業務を行なうよりも素早く必要な資金をえら得る可能性が高くなります。

ここでは岩手県内の資金調達に強い専門家を紹介していきます。

佐藤税理士法人特徴1特徴2特徴3
佐藤税理士法人

経営ステージに合わせた資金調達アドバイス

融資以外にも助成金を受けるためのサポート

中小企業経営支援に特化

1976年創業の税理士法人です。40年以上にわたり岩手県内の中小企業や個人事業主の経営支援を行なってきました。融資以外にも助成金や事業承継による資金調達などさまざまな手法で事業者のサポートをしてくれます。

リージョンパートナー会計事務所特徴1特徴2特徴3
リージョンパートナー会計事務所

資金繰りと財務体質の改善に特化

単発依頼OK

丸投げ可能

公認会計士・税理士資格をもつ資金調達・中小企業支援の専門家です。金融機関との交渉や借入金の状況整理など、資金繰りが厳しい事業者支援に特化している事務所といえるでしょう。経費削減やKPI管理のサポートもしてくれる、まさに「パートナー」といえる専門家です。

社会保険労務士法人 工藤事務所特徴1特徴2特徴3
社会保険労務士法人 工藤事務所

融資のための事業計画策定支援

補助金・助成金活用支援

多角的な経営診断・資金調達支援

社労士と中小企業診断士2つの資格をもつ専門家です。経営全般にかかわる支援と人事面の支援を行なっています。資金調達では、融資審査に通りやすい事業計画書の作成や補助金・助成金の申請活用サポートを積極的に行なっています。

岩手県の資金調達に強い専門家(税理士)

佐藤税理士法人

佐藤税理士法人

1976年創業の熟練専門家が「佐藤税理士法人」です。岩手県盛岡市に自社ビル「士業の森」を構え、手広く中小企業支援を行なっている専門家法人になります。

資金調達では融資を受けるための判断材料である決算書や事業計画書、改善計画書といった専門的な資料の作成支援をはじめ、経営計画や資金繰り計画の策定など幅広くサポートしてくれるのが特徴です。融資を受けやすくするための事業計画書には表現の仕方などに工夫が必要です。あなたの事業を細かく観察して得た情報をもとに、細かい事業計画書を作成しています。

助成金を受けるためには、募集中の助成金情報にあかるくなくてはなりません。佐藤税理士法人では、税務や中小企業支援をテーマにした各種セミナーの開催や書籍の発行を行なっています。セミナーや書籍発行には相応の知識や情報が求められます。税理士の枠に捉われない卓越した情報収集能力も佐藤税理士法人の強みといえるでしょう。

3つの注目ポイント

  • 創業から創業後、老舗の事業など経営ステージに合わせた資金調達方法を具体的にアドバイスしてくれる
  • 融資以外にも、助成金を受けるためのサポートや経営安定のための事業承継による資金調達支援などにも特化している
  • 長年岩手県の中小企業支援経験活かして、事業運営計画など細かい部分の支援にもあかるい

情報

住所岩手県盛岡市本宮二丁目3-30 士業の森ビル
電話番号019-635-3155
URLhttp://www.za-nt.co.jp/

リージョンパートナー会計事務所

リージョンパートナー会計事務所

岩手県の中小企業支援を掲げている税理士・会計事務所が「リージョンパートナー会計事務所」です。税務申告だけではなく、経営に必要な体制整備のサポートに特化しており、数字が苦手という経営者にはオススメの専門家でしょう。

金融機関との交渉に強く、融資の審査通過がしやすいような返済計画書や事業計画書の作成、取引金融機関への説明補助などで資金調達をサポートしてくれます。顧問契約が基本ですが、資金調達支援に関しては、単発依頼でも請け負っています。ただし、財務分析診断サービスを申込み、あなたの事業状況の分析を行なわなければ、資金調達対応ができません。依頼してからすべてを丸投げで資金調達ができるわけではないため注意が必要です。

リージョンパートナー会計事務所では、経営者の資金繰りサポートに加えて、会計財務の体制整備や税務や会計に関する相談も受け付けています。気軽に相談できるフレンドリーさも特徴です。

3つの注目ポイント

  • 財務状況の整理を行なった上で、融資やリスケが必要な場合には金融機関と交渉してくれる
  • 基本的なサービスは税務顧問サービスだが、資金繰り改善に関しては依頼したいタイミングでの相談が可能
  • 数字が苦手、会計がわからないといった経営者でも徹底的にサポートしているため業務の丸投げも可能

情報

住所岩手県盛岡市大通3-6-12 開運橋センタービル3F(盛岡市産業支援センター内)
電話番号019-677-8517
URLhttps://region-partner.jp/

岩手県の資金調達に強い専門家(社労士)

社会保険労務士法人 工藤事務所

社会保険労務士法人 工藤事務所

花巻市に事務所を構える専門家が「社会保険労務士法人 工藤事務所」です。中小の介護・福祉事業所、個人病院へのサポートを得意にしています。経営支援や人事コンサルティングを中心にしたサービスを展開しています。

資金調達能力に関しては、主に金融機関からの融資を受けやすくするための事業計画書の策定支援と、補助金・助成金の有効活用支援を得意にしていることが特徴です。融資を受けるために必要な事業計画書は、ただ上手に見せるだけでは審査に通ったとしても返済が追いつかなくなる可能性もあるでしょう。工藤事務所では、ロジカルな事業計画作成を推進しており、細かい行動計画や客観的な数値を根拠にしたわかりやすい計画書の作成を支援してくれます。

補助金・助成金に関しては、申請するための情報や活用方法について細かく分析した上で活用方法までアドバイスしてくれます。助成金や補助金が活用されない理由として「知らない」「わかりにくい」「面倒くさい」「もらえない」といった4つの「ない」が挙げられるのですが、工藤事務所では、4つの「ない」を細かく説明して、有効的な助成金・補助金活用支援も行なっています。申請する際の書類作成もクオリティが高いため、受給できる可能性が高くなるのもメリットといえるでしょう。

3つの注目ポイント

  • 融資先に伝わりやすいロジカルな事業計画書により融資審査を通しやすくしてくれる
  • 単なる補助金・助成金申請支援だけではなく、どのように活用するかまでをサポートしてくれる
  • 人事の専門家資格「社労士」と経営の専門家資格「中小企業診断士」の2つの視点から多角的な資金調達支援アドバイスをしている

情報

住所岩手県花巻市大通り1丁目3番5号花巻市ビジネスインキュベータ 2階3号室
電話番号0198-41-5355
URLhttps://www.kudo-office.info/

資金調達の専門家の選び方

資金調達の専門家として税理士や会計士、中小企業診断士といった「士業」をメインに紹介してきました。気を付けてもらい点としては、必ずしも「士業=資金調達の専門家とは言えない」ということです。

士業の中でも資金調達を苦手とする、もしくは資金調達の業務を取り扱っていないケースもあるのです。

そのため資金調達をするうえで士業に依頼するときには、資金調達の業務を日頃から行っていて慣れている、そして実績のある士業を選ぶべきでしょう。

 

資金調達は実績のある士業に依頼する。
士業であればだれでも良いというわけではない。実績のある人にお願いする必要があるのだ。
書類を作成することはできるし、知識もあるだろう。しかし経験が足りないというのは致命的だ。

 

資金調達を専門家に依頼する上で、とくに重要となる専門家の選び方についてご紹介します。選び方のキーワードになるのは次の5つです。

それぞれの詳細を解説していきます。

資金調達について詳しいかどうか

税理士や会計士といった事業の税金、会計業務にあかるい士業だとしても、資金調達が得意であるという根拠にはなりません。税理士や会計士の本来の業務は、税金関連や顧客の会計業務であり、事業者の資金調達は本来の業務ではないのです。

資金調達に強い税理士や会計士、中小企業診断士といった専門家は、本業である税務や会計業務で培った知識や経験をベースにして、顧客が求める資金調達支援を行なっています。つまり、資金調達に関する知識や経験が無ければ、いくら税理士や会計士であっても、資金調達に関する対応はあなたの希望する結果に結びつかない可能性が高いのです。

だからこそ、あなたが依頼したいと考えている専門家が、資金調達に詳しいかどうかのチェックは依頼する上で一番最初のステップになるのです。

補助金・助成金に強いかどうか

資金調達はなにも金融機関や金融会社からの融資だけではありません。行政から受けられる融資に加え、条件次第で受けられる補助金や助成金も立派な資金調達方法です。専門家を選ぶ上で重要になるのが、金融機関の融資以外での資金調達手段に関しても知識や経験があるかという点です。

融資を受けるために作成が必須となる事業計画書や返済計画書といった業務は問題ないものの、融資以外の資金調達手段に関しては素人という場合、依頼する専門家をもう一度検討したほうがよいでしょう。

もしあなたの事業が赤字経営で資金調達が思うようにいっていない場合、金融機関の融資審査に通過する可能性はかなり低いでしょう。さまざまな方法の資金調達経験や知識がある専門家に依頼することをオススメします。

参照 補助金・助成金は返済義務のない資金調達方法 政府や自治体の制度で資金調達

 

経営革新等支援機関であるか

経営革新等支援機関とは、中小企業に対して専門性の高い支援サービスを提供していると認定された専門家のことです。平成24年に「経営革新等支援機関認定制度」が施行されました。この認定を受けているのは中小企業に特化した融資商品を提供している金融機関をはじめ、税理士や会計士といった中小企業の経営支援を行なう専門家です。

認定を受けるためには、独立行政法人中小企業基盤整備機構の支援機関認定研修を修了しなければなりません。ただ単に実務能力が高いだけではなく、支援に特化した実践的な知識や能力が求められます。厳しい基準をクリアしている専門家だけが「経営革新等支援機関」として認定を受けられます。

参照 認定経営革新等支援機関への支援(中小機構)

 

いくら能力が高くとも、支援業務の基本を知らなければ、事業者を支援するのは難しいでしょう。身体能力の高いスポーツ選手が特定の種目で結果を出せないことと同じように、中小企業支援という分野に強くなければ、求められる結果を得るのは難しいのです。

経営革新等支援機関に認定されている専門家に資金調達を依頼するメリットとして、日本政策金融公庫の行政融資審査に通りやすくなるというものがあります。日本政策金融公庫は中小企業に対して積極的な行政融資を行なっている金融機関です。民間の金融機関融資と違って借入利率が低く、借入期間も長く設定されているため、融資による資金調達手段の中でも使い勝手がよい融資商品といえます。

岩手県にも経営革新等支援機関に認定されている資金調達の専門家がいます。専門家選びの際には、まず経営革新等支援機関かどうかを確認してから依頼先を検討するとよいでしょう。確認する場合には中小企業庁のホームページにある「認定経営革新等支援機関検索システム」を活用するとよいでしょう。

資金調達後のアフターサービスがあるか

資金調達を行なう上で、金融機関や行政からの融資を受けた場合、借り入れた資金を返済する義務が発生します。返済できないと最悪の場合、今後の融資を受けられなくなる可能性が高くなります。行政融資に関しても同様で、一括返済を迫られたり、事業運営に必要な資産の差し押さえや強制徴収になったりすることもあるのです。

資金調達に強い専門家に共通することとして、資金調達後のアフターサービスが充実している点が挙げられます。ここでいうアフターサービスとは、得た資金の使い道や計画に沿って返済や事業運営ができるかの確認、つまりは監査です。

経営者として事業を運営する場合、不測の事態に応じて計画の変更をしなければならなくなる場合もあるでしょう。しかし融資を受ける上で提出した返済計画や事業計画に関しては、よほどのことがない限り変更できません。やむを得なく変更する場合には、計画をイチから見直しして融資の返済が滞らないようにする必要があるのです。

専門家は計画の変更に伴う細かい資金繰りの調整業務も支援してくれます。もちろん不測の事態でも問題ないような計画を立てられるのが一番ですが、災害のようなイレギュラーが発生した場合に素早く対応できる専門家に依頼することをオススメします。

参照 返済計画書の作り方&返済計画書運用の注意点を完全解説

 

成功報酬型であるか

税理士や会計士のような専門家に資金調達を依頼する場合、必ず手数料(報酬)が発生します。その報酬体系に注目してください。こと資金調達に関しては成功報酬型であることが望ましいでしょう。

というのも、資金調達支援を依頼して万が一失敗してしまった場合に手数料が発生することもあるためです。事業に必要な資金を得るために依頼したのに、資金を得ていないにもかかわらず手数料報酬を支払うことになるのでは、大事なお金をドブに捨てるようなものです。

専門家に依頼する時間すらもムダになる可能性があります。そうならないように、手数料報酬が成功報酬型である専門家に依頼することをオススメします。

ただし、顧問税理士や顧問会計士の場合は別です。顧問として依頼する場合には、資金調達以外にも支援してくれる業務があるため、もし資金調達に失敗したとしても顧問報酬は支払わなければなりません。資金調達業務のみを他の専門家に依頼するか、顧問税理士や会計士に資金調達に強い専門家を紹介してもらうことを検討するとよいでしょう。

 

岩手県の資金調達に強い専門家 融資や資金調達に強い専門家を紹介 2の画像
銀行融資で資金調達 金利の低い銀行から賢く資金調達する方法
資金調達する際に、まず初めに思いつくのは「銀行からお金を借りること」ではないでしょうか?銀行からの融資は、数ある資金調達の中でもトップクラスに金利が低いのが魅力です。 しかし誰でもお金を借りられるのか?というとそんなことはありません。銀行か...

 

関連ニュース

タイトルとURLをコピーしました
目次へ