HOME

鳥取県の資金調達に強い専門家 鳥取で融資や資金調達に強い専門家を紹介

鳥取県の資金調達に強い専門家 鳥取で融資や資金調達に強い専門家を紹介 資金調達の専門家を探す
 
\ WEB調査結果「満足度NO1!」 /
 

鳥取県の資金調達に強い専門家 鳥取で融資や資金調達に強い専門家を紹介
ここでは鳥取県で資金調達に強い専門家を紹介しています。

事業者にとって運転資金は事業の運営においては必要不可欠なものとなります。ところが売上の減少や経費の圧迫が原因でとなり、事業資金が枯渇することもあり得るでしょう。そのような状況となった場合、事業の運営を続けるためにはお金が必要となります。つまり「資金調達」をする必要が出てきます。

資金調達には「金融機関からの融資」や「補助金・助成金」など、実は数多くの方法があります。数多くの方法があるのですが、知られている調達方法はほんの一部です。

ここで問題となってくるのが、数ある資金調達の中で、どの資金調達を選べば良いのかと言うことです。

たとえば事業資金として1000万円必要だったとしましょう。そこで資金調達を行い、1000万円手に入ったとします。これで問題解決か?・・・というとそうではないことがあるのです。

  • 何を利用して資金を調達したのか?
  • 利息はどのくらいなのか?
  • 毎月の返済額はどのくらいなのか?
  • 何年で返済する必要があるのか?
  • 借りなかったとしても手数料はどのくらいなのか?

この辺りをよく考えずにお金を調達してしまうと、短期的に資金繰りが改善されたとしても、将来的に経営が苦しくなってしまう可能性があります。

また、条件の良い資金調達を探そうとして色々試行錯誤していると、時間も労力も無駄に消費してしまうことがあります。さらに自分では良い条件の調達方法を見つけたと思ったとしても、さらに良い条件の調達方法が他にあることもあります。

つまり、資金調達を行う際には経営者自身が行うよりも、その分野の専門家に支援を依頼した方が、多くのメリットを得られるのです。

たとえばクライアントである経営者の事業形態に最適な資金調達方法を探してくれたり、手数料の低い融資を探してくれたり、通りそうもない審査を通してくれたりと、専門家に支援してもらうことで、効率的かつ合理的な資金調達ができる可能性が高まるのです。

池原公認会計士事務所特徴1特徴2特徴3
池原公認会計士事務所

事業計画書作成支援に強い

わかりやすい言葉での経営アドバイスが受けられる

創業支援や事業承継、M&Aにも強い

鳥取市に事務所を構える専門家です。公認会計士として正確で妥当性のある事業計画書の作成支援を得意にしています。経営革新等支援機関にも認定されており、経営支援以外では創業支援や事業承継、M&Aにおいても実績が豊富な専門家です。

牧田税理士・公認会計士事務所特徴1特徴2特徴3
牧田税理士・公認会計士事務所

経営コンサルでは医業・農業・水産業の資金調達支援を含めたサポートも行なっている

創業資金借入支援も行なっている

経営革新等支援機関として補助金・助成金等の支援実績が豊富

倉吉市に事務所を構える専門家です。倉吉市で長年に渡り事業者の税務顧問や会計顧問、経営支援を行なってきた老舗の税理士事務所です。財務状況に合わせた事業計画書の作成支援を得意にしています。医業や農業、水産業の経営サポートもできる地元密着型の専門家です。

株式会社FPシモムラ特徴1特徴2特徴3
株式会社FPシモムラ

金融機関出身FPから融資支援が受けられる

鳥取県内でも珍しい融資支援特化型の専門家

補助金・助成金の申請支援も行なっている

鳥取市に事務所を構える専門家です。金融機関出身でファイナンシャルプランナーの代表が融資申込サポートを行なっています。融資支援においては、創業資金や運転資金の調達支援のほか「借りたいときに借りられる体制作り」支援も行なっています。鳥取県内でも珍しい融資申し込み支援特化型の専門家です。

鳥取県の資金調達に強い専門家

池原公認会計士事務所

池原公認会計士事務所

公認会計士・税理士として総合的な経営支援を行なっている専門家が「池原公認会計士事務所」です。依頼者に合った会計・税務サポートを行なっています。相談の段階からわかりやすい説明を心がけていることが特徴です。

資金調達支援においては、金融機関に提出する事業計画書の作成支援に強みがあります。

公認会計士本来の職務である「監査」は、事業者の経営活動と結果を分析し、正確で妥当性のあるものと判断することです。融資審査で求められる(審査に通過しやすい)事業計画書に「正確さ」と「妥当性」は必要不可欠です。

公認会計士の関与する事業計画書は融資のみならず、補助金・助成金の申し込みでも信頼度は高いでしょう。

また、池原公認会計士事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。創業支援や事業承継、M&Aによる資金調達においても実績があります。はじめて資金調達をする事業者であれば、まず相談したい専門家と言えるでしょう。

3つの注目ポイント

  • 公認会計士=監査のプロとして正確かつ妥当性のある事業計画書の作成支援を行なっている
  • わかりやすい言葉、わかりやすい説明を心がけており、資金調達に詳しくない経営者でも安心して相談できる
  • 経営革新等支援機関に認定されており、創業支援や事業承継、M&A支援の実績も豊富

情報

住所鳥取県鳥取市富安2丁目159番地久本ビル3階
電話番号0857-29-2132
URLhttp://ikehara-cpa.com/

牧田税理士・公認会計士事務所

牧田税理士・公認会計士事務所

親子3代で鳥取県の事業者支援を行なっている専門家が「牧田税理士・公認会計士事務所」です。現会長のお父様が創業し、現在は創業者の孫となる牧田宗大税理士・公認会計士が実務を行なっています。

経営支援においては、第一次産業の経営支援に強く鳥取県内の税理士の中でも珍しい「農業・水産業・林業経営アドバイザー試験合格者」でもあります。一般の事業よりも複雑な仕組みである第一次産業の資金繰りに関しても相談が可能です。

経営革新等支援機関として、補助金や助成金、経営革新計画の作成支援も行なっています。創業資金の借入支援にもあかるく、鳥取県内で起業を考えているならば、まず相談したい専門家と言えるでしょう。

3つの注目ポイント

  • 医業・農業・水産業経営の支援に明るく、税務を通した経営サポートに強い
  • 創業資金借入支援も行なっており、創業計画書の作成支援や会計ソフトの導入支援・経理指導などもサポートしてくれる
  • 経営革新等支援機関として補助金・助成金の申し込み支援や経営革新計画書の作成支援といった実績が豊富

情報

住所鳥取県倉吉市八屋214番地3
電話番号0858-48-1000
URLhttps://www.makitax.jp/

株式会社FPシモムラ

株式会社FPシモムラ

鳥取市に事務所を構える専門家です。銀行出身のファイナンシャルプランナーが中小企業・小規模事業者の融資申し込み支援を行なっています。代表の霜村AFPは、地元鳥取県出身で大学卒業後に同じく地元の銀行へ就職し、本店営業部で融資商品を扱ってきました。

開業後は融資支援専門家として、銀行の融資審査の仕組みを熟知している強みを活かしたサポートを行なっています。金融機関の融資審査において重要視されるポイントを踏まえた融資支援が特徴です。

具体的な融資申し込み支援の内容は「事業計画書作成サポート」「金融機関の選定サポート」「金融機関同行サービス」となっています。

また、資金調達をしやすい体制づくり支援も行なっています。融資獲得に向けて金融機関と良好な関係性を築くための経営支援、他の専門家では目に届かないような月次事業報告書作成支援など、金融機関の営業経験を活かしたサポートは事業者にとっても心強いことでしょう。

3つの注目ポイント

  • 元金融機関勤務でファイナンシャルプランナーの代表が事業者に最適な金融商品を提案してくれる
  • 鳥取県内でも珍しい融資申し込み支援に特化している専門家
  • 補助金・助成金が得られなかった場合に限り着手金が返還される

情報

住所鳥取県鳥取市雲山145-34シモムラビル1F
電話番号0857-50-1346
URLhttps://fp-shimomura.com/

鳥取県の銀行で資金調達

鳥取県には銀行が1つと、信用金庫が3つあります。

鳥取銀行

鳥取銀行

  • とりぎん地方創生応援ローン
    運転資金、設備資金のために100万円~、最長15年。年0.7%~の変動金利。
  • とりぎん成長分野強化ローン
    融資と同時に補助金・助成金などの支援情報を提供。100万円~、最長30年。
  • とりぎん創業者応援ローン
    創業予定、創業後5年以内の事業者が対象。証書貸付型で1,000万円以内。最長7年。
  • クイックビジネスローン
    原則2営業日以内に審査回答。最大300万円。カードローン型と証書貸付型あり。
  • 働き方改革応援融資
    働き方改革に積極的に取り組む事業者を支援。100万円~、最長15年、年0.9%~。
  • ビジネスライン
    極度額の範囲内で繰り返し利用可能。1億円以内、2年毎更新。
  • 事業者カードローン
    信用保証協会保証付。専用カード、借入請求書で利用。2,000万円以内、2年毎更新。
  • とりぎんアグリビジネスローン
    原則無担保で農業経営者をサポート。6,250万円以内、7年以内。

情報

住所鳥取県鳥取市永楽温泉町171
電話番号0857-37-0311
URLhttps://www.tottoribank.co.jp/

鳥取信用金庫

鳥取信用金庫

  • 事業者カードローン
    限度額の範囲内で繰り返し利用可能。2,000万円以内、2年毎更新。信用保証協会保証が必要。
  • 事業用当座貸越
    大型の借入枠を設けたい場合に。2億8,000万円以内、2年毎更新。借入請求書で簡単に利用可能。※当座貸越とは
  • 創業支援資金
    創業予定、または創業から5年以内の事業者が対象。1億円以内、最長10年、年1.66%。
  • 中小企業小口融資
    小規模事業者が利用可能。1,250万円以内、最長7年、年1.43%~1.66%。
  • 新規需要開拓設備資金
    設備投資を伴う資金に利用可能。2億8,000万円以内、最長20年、年1.43%~1.87%。
  • 山陰海岸ジオパーク ジオビジネスローン
    山陰海岸ジオパークを活用した事業のために。3,000万円以内。
  • とりしんアグリローン「農力」
    農業経営に必要な運転資金・設備資金を調達。100万円~6,250万円。最長7年。
  • とりしんアグリローン「農力Ⅱ」
    兼業農家であっても要件を満たせば利用可能。最大6,000万円以内。

情報

住所鳥取県鳥取市栄町645番地
電話番号0857-27-2600
URLhttps://www.shinkin.co.jp/torishin/

米子信用金庫

米子信用金庫

  • 短期継続型融資「Repeat」
    最大5年間元金返済の負担をなくし、資金繰りの安定を。期日一括返済。1,500万円以内。
  • スタートライン
    融資取引を新たに始める事業者が対象。担保・第三者保証人不要。最大300万円、年3.3%~。
  • 事業者カードローン
    事業資金を調達するためのカードローン。100万円~2,000万円、2年毎更新。
  • 無担保スピードローン
    運転資金・設備資金のために。1,000万円以内、最長5年で3ヵ月以内は元金の据置が可能。
  • ワイドローン
    団体信用生命保険の加入が可能な事業者が対象。5,000万円以内、最長25年。借換資金も可能。

情報

住所鳥取県米子市東福原2丁目5-1
電話番号0859-33-1241
URLhttps://www.shinkin.co.jp/yonago/

倉吉信用金庫

倉吉信用金庫

  • 営農支援「豊作」
    農業を営む個人が対象。当座貸越契約額500万円以内で繰り返し利用可能。年3.0%~6.0%。
  • 営農支援「豊作2」
    証書貸付型の融資商品。最大500万円、最長7年で年3.0%~7.0%。元金均等分割返済。
  • 楽々サポートローン
    事業資金、肩代わり資金に利用可能で使い道は自由。10万円~500万円、最長15年。
  • 特別融資
    毎年盆、年末に「盆特別融資」「年末特別融資」を取扱。
  • 事業者カードローン
    カードローン型商品。繰り返し利用可能。
  • TKCアドバイスローン
    TKC会員と連携。無担保で。

情報

住所鳥取県倉吉市昭和町1丁目60
電話番号0858-22-6108
URLhttps://www.kurashin.co.jp/

鳥取県での資金調達支援は鳥取県内の専門家に依頼すべき

鳥取県内で事業を行なっており、資金調達を考えているのであれば、鳥取県内の専門家に依頼することをオススメします。

大阪や兵庫、京都といった大都市・中都市にも数多くの資金調達専門家がいます。資金調達支援の経験や実績も豊富な専門家が数多く軒を連ねているでしょう。経験や実績が豊富であるのは、あくまでもその地域での話です。

鳥取県で資金調達するのであれば、地元の専門家に支援を依頼した方が、うまく資金調達できる可能性が高くなるのです。理由はさまざまですが、金融機関の融資担当者と顔馴染みであり、話が通しやすいと言う面があるのです。金融機関の担当者からしてみても、どこの誰かわからない専門家が突然現れるよりも、今まで何度も交渉を行なってきた専門家が交渉に来た方が安心感があるのです。

資金調達も人と人とのつながり

資金調達は基本は数字です。お金を出す方からすると、決算書や貸借対照表などの数字をみて審査に通すかどうかを判断します。

しかしそれが全てではありません。人と人とのつながり、「信用」が関わってくるのです。

 

完璧な資金調達方法は存在しない。ベストは難しいがベターを選ぶことは可能だ。
専門家
弊社のクライアントの経営者が、融資を受けたいそうだ。頼めるか?

金融機関の融資担当者
金融機関
あなたから紹介された経営者。今まで何人もいる。その人たち、しっかり返済している。
あなたからの紹介、信用できる。本当は審査厳しいけど、あなたからの紹介ならOK。


 

もちろん絶対このようになるかというとそうではありません。ただし金融機関からしてみても、全く知らない専門家が突然現れるよりも、今までに取引を何度もしたことのある、そして実績のある専門家から話を受けた方がポジティブに働きやすいということです。

資金調達専門家の選び方

資金調達に限らず、経営支援サービスを行なっている専門家は鳥取県内に多数あります。しかしすべての専門家があなたの事業に合った支援をしてくれるとは限りません。得意な業種とそうではない業種があったりすることがあるのです。

資金調達を外部機関に依頼する場合、次の3つの基準で専門家を選ぶとよいでしょう。

3つの基準
  • 経営革新等支援機関に認定されているか
  • 対応業種に自分の事業が含まれているか
  • どのような資金調達支援を行なっているか

経営革新等支援機関に認定されているか

「中小企業経営力強化支援法に基づき認定された経営革新等支援機関(通称:経営革新等支援機関)」とは、中小企業や小規模事業者の「お金」に関するサポートを行なう機関のことです。認定支援機関と省略して呼ばれることもあります。

中小企業や小規模事業者の場合、事業の「お金」を管理する部署はあっても、専門的な知識に関しては簿記レベルというのが一般的です。税金対策や融資対策といった「資金繰り」に関しては、税理士や会計士のような「外部」へ業務を委託している部分がほとんどでしょう。

しかし、税理士や会計士の場合、税金や事業内でやりくりするお金の管理についてはプロであったとしても、事業に必要な資金を調達するための知識に関しては乏しいこともあります。中小企業・小規模事業者が「資金繰りの悩み」を相談できる相手として、国から認定を受けているのが「経営革新等支援機関」になります。

この「認定」は専門的な知識や実際に支援した経験が一定レベル以上の専門家にしか与えられません。つまり、資金調達をはじめとした経営支援のプロ。それが「経営革新等支援機関:認定支援機関」なのです。

鳥取県内の主な経営革新等支援機関

2021年4月現在、鳥取県内の経営革新等支援機関は127団体あります。主な支援機関の種類としては、次の13業種が認定を受けています。

  1. 金融機関からの融資を引き出す支援が得意
  2. 商工組合中央金庫
  3. 産業振興機構
  4. 中小企業団体中央会
  5. 中小企業診断士協会
  6. 鳥取銀行
  7. 公認会計士
  8. 商工会
  9. 商工会議所
  10. 信用金庫
  11. 税理士
  12. 中小企業診断士
  13. 弁護士
  14. 民間コンサル

詳細は中小企業庁のホームーページ「経営革新等支援機関検索システム」から鳥取県の認定支援機関を選択すると一覧で表示されます。ホームページのリンクはこちらです。

参照 経営革新等支援機関検索システム(中小企業庁)

 

経営革新等支援機関の認定を受けているからといって資金調達支援が得意なわけではない

経営革新等支援機関の認定を受けているからといって、すべての専門家が資金調達支援を行なっているわけではありません。経営革新等支援機関の定義として「専門的な知識や実務経験が一定レベル以上」というものがあります。この「専門的な知識」という部分は、お金だけとは限らないのです。

よい例が「弁護士」でしょう。弁護士は事業者間の裁判手続き代行といった部分の知識や経験はありますが、資金調達支援に関しては専門外です。そのため、経営革新等支援機関に認定されている専門家に資金調達支援を依頼する場合は、その専門家が資金調達支援をしているかどうかを確認するとよいでしょう。

認定支援機関でない場合は商工会や商工会議所に紹介してもらう専門家もアリ

認定支援機関ではない専門家の中にも優秀な資金調達支援の専門家はいます。認定支援機関ではない=資金調達支援ができないということではありません。認定支援機関を検索していて「依頼料が高い」「なんか敷居が高そう」というような不安を抱えることもあるでしょう。

そのような場合は、所属している商工会や商工会議所から資金調達支援の専門家を紹介してもらう方法もオススメです。商工会や商工会議所は、いわば地元密着型の中小企業・小規模事業者の支援拠点です。

日頃から商工会や商工会議所を利用していないとしても、会員条件を満たしているか、入会料金を支払うことで、会員サービスである経営相談が可能になります。

自分で検索するのが難しいのであれば、ぜひ地元の商工会や商工会議所に相談してみるのもよいでしょう。

対応業種に自分の事業が含まれているか

専門家によって対応できる業種が異なる場合があります。専門家の対応業種を確認した上で資金調達支援を依頼するとよいでしょう。

専門家だからといって、すべての業種の資金調達が得意というわけではありません。製造業や小売業の資金調達支援は得意にしているものの、農業や水産業の資金調達支援の経験がないという場合もあります。

業種によっては資金繰りの仕組みが複雑な業種もあるでしょう。農業や水産業のような第一次産業の場合、国の補助金や助成金、共同組合の融資といったさまざまな「お金」が絡み合って運用されています。顧客から支払われるお金を運転資金にするような小売業やサービス業とは、資金調達方法も異なるのです。

だからこそ、資金調達支援を専門家に依頼する場合には、その専門家が自分の業種に対応しているかどうかを確認するのは重要なことなのです。

どのような資金調達支援を行なっているか

専門家が行なう資金調達支援方法を確認することも重要です。専門家によっては

  • 金融機関からの融資を引き出す支援が得意
  • 補助金・助成金の申請支援に強い
  • 不動産を担保にした融資対策に強い

というように、得意な支援方法、できる支援方法が異なります。

認定支援機関のほとんどは「融資申し込み支援」「補助金・助成金の申請支援」の2つをメインの支援にしています。これ以外の支援については専門家によって手法が異なる場合がほとんどなのです。

専門家に依頼する前に、まずはその専門家がどのような支援を行なっているかを確認しておくとよいでしょう。

参照 補助金・助成金は返済義務のない資金調達方法 政府や自治体の制度で資金調達

 

 

鳥取県の資金調達に強い専門家 鳥取で融資や資金調達に強い専門家を紹介 2の画像
銀行融資で資金調達 金利の低い銀行から賢く資金調達する方法
資金調達する際に、まず初めに思いつくのは「銀行からお金を借りること」ではないでしょうか?銀行からの融資は、数ある資金調達の中でもトップクラスに金利が低いのが魅力です。 しかし誰でもお金を借りられるのか?というとそんなことはありません。銀行か...

 

鳥取県の資金調達 関連ニュース

タイトルとURLをコピーしました
目次へ