HOME

資金調達や資金繰り問題を解決!事業者が知っておきたい効果的な資金調達方法

資金調達・資金繰りの問題解決なら【ウリカケ×カイカケ.com】 売掛金や買掛金の悩みを解決

事業を経営していると、事業資金や運転資金の問題は常に付きまとう問題です。その主な原因は、「売掛金が回収できない」であったり、「買掛金を支払うことができない」といったものです。

このような問題は、適切な資金調達や資金繰りを行うことで解決、もしくは緩和することが可能となります。

ここではどのような方法で資金繰り問題を解決することができるのかを解説していきたいと思います。

資金調達で資金不足を解消!7つのメジャーな資金調達方法を紹介

資金調達方法時間審査利息・手数料返済条件
資金調達や資金繰り問題を解決!事業者が知っておきたい効果的な資金調達方法 1の画像
金融機関
1ヶ月前後厳しい低めあり担保
保証人
資金調達や資金繰り問題を解決!事業者が知っておきたい効果的な資金調達方法 2の画像
ファクタリング
即日~緩い高めなし売掛債権保有
資金調達や資金繰り問題を解決!事業者が知っておきたい効果的な資金調達方法 3の画像
ビジネスローン
即日~緩い普通あり事業者が連帯保証人
公的資金2週間~普通低めあり保証人※
資金調達や資金繰り問題を解決!事業者が知っておきたい効果的な資金調達方法 4の画像
手形割引
即日~緩い低めあり手形保有
資金調達や資金繰り問題を解決!事業者が知っておきたい効果的な資金調達方法 5の画像
補助金・助成金
低めなしそれぞれ条件が異なる
資金調達や資金繰り問題を解決!事業者が知っておきたい効果的な資金調達方法 6の画像
動産担保融資
1ヶ月前後厳しい低めあり動産保有

主な資金調達方法 資金調達には3つのタイプがある

借りる売るもらう
  • 金融機関
  • ビジネスローン
  • 公的資金
  • 手形割引
  • 動産担保融資
  • ファクタリング
  • セールスアンドリースバック
  • 補助金
  • 助成金

資金調達の方法は主に「借りる」「売る」「もらう」の3つのタイプとなります。

 

完璧な資金調達方法は存在しない。ベストは難しいがベターを選ぶことは可能だ。
1つ言えることは、すべての資金調達方法にそれぞれメリットとデメリットが存在するということだ。
なかなかベストを見つけるのは難しい。ただしベターを見つけることは可能だ。

 

資金調達で抑えるべき5つのポイント

資金調達をする際には、まず以下の5つをチェックする必要があるでしょう。

チェックしておきたい5つのこと
  • 資金調達までの時間
    いつまでに資金が必要なのか?
  • 審査の難易度
    審査が厳しいのか否か?
  • 利息・手数料
    利息や手数料をどのくらい支払う必要があるのか?
  • 返済
    返済する必要があるのか?また返済期間はどのくらいか?
  • 条件
    利用するためには何が必要か?担保、保証人、売掛債権、流動資産など。

「お金さえ手に入れられればなんでも良い」というように深く考えずに資金調達してしまうと、将来的に資金調達したことが原因で損失を発生させてしまう可能性が出てきます。

忘れてはならないのは、どの資金調達サービスもボランティアではないということです。利益を上げるためにサービスを行っているのです。その利益を提供しているのは資金調達する事業者であるということです。

つまりお金を出す業者側としてはマイナスになるようなことはしません。マイナスにならないように審査をするのです。

審査のポイントとなるのは大まかに分けると以下の3つにわけることができます。

借りる売るもらう
  • 返済能力はあるか?
  • 信用情報はどうか?
  • 売るものに価値はあるか?
  • 条件に該当しているか?
  • 信用情報はどうか?

どの資金調達を利用するかによって、審査されるポイントは異なってきます。そのため揃える書類も異なってきます。また、同じサービスでも会社単位でルールが異なることもあります。

そのため、A銀行では審査が通らなかったからB銀行でも審査が通らない・・・ということはありません。特に民間でサービスを行っているファクタリングの場合は、ファクタリング会社によってルールが大きく異なります。そのためファクタリングを利用するのなら、相見積もりは欠かせません。

利用できる資金調達とできないものがある

事業者の誰もが、すべての資金調達方法を利用することができるわけではありません。また誰もが自分の希望した金額を調達できるのかというと、やはりそのようなことはありません。

数多くの資金調達方法が世の中にはありますが、以下の2つがポイントとなってきます。

特に重要な2つのポイント
  • 事業の実績
  • 事業者の信頼

お金を借りる場合(金融機関・ビジネスローン)

金融機関やビジネスローンの場合は、お金を貸し利息を得ることで利益を得ています。つまり貸したお金がプラスになって返ってくると予測できる事業者にしか融資はしません。それは事業の実績(決算書・確定申告書)などの数字で判断します。

また事業者が税金を滞納していないか、過去に踏み倒していないかなど信用情報をチェックし、確かな信頼のある事業者に融資を実行するのです。

持ち物を売る場合(ファクタリング)

ファクタリングの場合は、事業者の持ち込んだ売掛債権を購入することで手数料を得て利益を上げています。つまり価値があると判断された売掛債権であれば購入してくれます。その際、売掛債権を持ち込んだ事業者よりも、その事業者の売掛先が重要となってきます。つまり売掛債権を持ち込んだ事業者が赤字決済でもブラックリストであったとしても、売掛債権に価値があれば購入してくれるのです。

事業者が選ぶ資金調達方法(2020年度版)

https://urikake-kaikake.com/2020-10-questionnaire/

さまざなま資金調達方法がありますが、実際に事業者がどのような資金調達方法を選び、利用した結果、どのような感想を持っているのかを調査しました。

利用者数満足度
利用者数の多い資金調達方法満足度の高い資金調達方法

参照 2020年 事業者が選ぶ資金調達はこれ!おススメな資金調達方法12選+α

 

資金調達の基本はWIN=WINの関係

どの資金調達においても、資金調達を希望する事業者とお金を提供する金融サービス業者、双方の思惑が一致する「WIN=WINの関係」にならなければ資金調達は実現しません。

 

WIN=WINWIN≠WIN

売掛金がある状態
事業者
そちらの金融サービスを利用したいのですが。

ロボ
金融業者
私にメリットある?

売掛金がある状態
事業者
はい。利息や手数料といった利益を得ることができます。

私のメリットは?
金融業者
いいね、じゃぁ話を聞くよ。


事業者=資金調達できる=WIN
金融業者=利息や手数料を得られる=WIN

売掛金がある状態
事業者
そちらの金融サービスを利用したいのですが。

私のメリットは?
金融業者
私にメリットある?

私を助けることができます。
事業者
私を助けることができます。あなたは儲かりませんが。

無理。メリットない、嫌い。お金貸せない。
金融業者
ごめん、商売にならないから無理。


事業者=資金調達できる=WIN
金融業者=何も得られない≠WIN

 

たとえば銀行融資やビジネスローンであれば、事業者は資金調達することでお金を借りることができます。銀行は返済時に利息を得ることができ、最終的には貸した金額以上になって返ってきます。

ファクタリングであれば、債権を譲渡した事業者は譲渡益を得ることができます。ファクタリング会社としては手数料を得ることができます。

つまり金融業者側にとってメリットがあると判断できなければ、事業者が望む資金調達の希望に沿うことはできないのです。そのメリットがあるかどうかを判断するのが審査となるのです。繰り返しますが、金融業者はボランティアではありません。事業者がどんなに困っていたとしても業者側にメリットがないと判断されてしまえば、1円も出すことはできないのです。

資金不足の主な原因は売掛金と買掛金

事業で起こりえる資金難は、「売掛金」と「買掛金」が主な原因となっています。

そしてこの2つは、非常に密接に関わる関係にあります。売掛金問題を抱えている会社は、買掛金問題を抱えているケースが多く、買掛金問題を抱えている会社は売掛金問題を抱えているケースが多いのです。

売掛金が入って来ない 事業にとっては致命的

売掛金とは、商品やサービスを取引先に提供したことにより発生する売り上げをもらう権利のことです。

売上をもらう権利である売掛金があるのにもかかわらず、何かしらの問題により取引先からお金が入って来ないということがあります。これにより発生する弊害は数多くあります。

売掛金が原因で発生する問題点
  • 買掛金が支払えなくなる
    仕入れができなくなります。そのため生産をすることができなくなるため、その先の利益を上げることができなくなります。
  • 固定費が支払えない
    給与や家賃が支払えなくなり、事業の縮小、もしくは閉鎖の危機となります。さらには従業員や社会からの信用を失います。
  • 資金調達が難しくなる
    売掛金が回収できないということは利益がないということです。返済する能力がないと見なされると資金調達は苦しくなります。

事業というのは利益を上げることが目的です。その利益が売掛金です。それが入って来ないということは、事業の機能がストップしてしまうこととなります。

 

売掛金が入って来ないのは会社にとって大ダメージだ。
売掛金が入って来ないということは事業継続の危機だ。なんとしてでも回収しなければならない!

 

買掛金が支払えない 会社の信用が大きく低下してしまう

買掛金とは、取引先から商品やサービスを提供してもらったため発生する支払いの義務です。つまり支払わなければならないお金のことです。

会社にお金がなければ買掛金を支払うことはできません。

買掛金が原因で発生する問題点
  • 社会的信用を失う
    支払うべきお金を支払えないわけですから、取引先からの信用を失います。
  • 仕事が減少する
    取引先の信用を失うため、取引をする会社が減少していきます。これによりさらに売り上げの見通しが立たなくなります。
  • 資金調達が難しくなる
    売り上げが立っていない、社会的信用のない会社に対しての融資は難しいと判断されます。これにより会社の経営が困難となります。

このようなことがあり、事業の大原則として「かならず売掛金は回収しなければならない」ということと「かならず買掛金は支払わなければならない」のです。

ただし会社というのは、複数の会社と繋がって成り立っています。自分の会社がいくらしっかり経営を行っていても、トラブルが急に発生することもあります。だからこそ常に、複数の解決策を考えておくことが重要であり、解決策の有力候補となるのが資金調達なのです。

 

買掛金を支払えないというのはもってのほかだ。
買掛金を支払えないということは、約束を破る行為であり会社の社会的信用を大きく低下させる行為だ。なんとしてでも支払わなければならない!

 

売掛金で起こりえる問題と解決方法

売掛金で起こりえる問題と解決方法

売掛金は取引先から商品代金をもらうことのできる権利です。

取引先に商品やサービスを提供したから発生する権利です。そのためもらって当然のお金ということになります。

ただし必ずしも円滑に売掛金が入ってくるかというとそのようなことはありません。入ってくるはずの売掛金が入ってこなければ、会社の事業が立ち行かなくなります。

そのため売掛金で発生した問題を解決する必要があります。

参照 売掛金に関する問題発生!売掛金問題の解決方法と予防策

 

売掛金についてもっと詳しく

買掛金で起こりえる問題と解決方法

買掛金で起こりえる問題と解決方法

買掛金とは、取引先から商品を提供してもらったからこそ支払わなければならない商品代金であり義務です。つまり必ず支払わなければならないものなのです。

ただし経営をしていれば、支払いたくても支払えない状況に陥ってしまうこともあります。

そのような買掛金に関する問題を解決する方法はいくつかあります。

参照 買掛金の問題解決するために必要なこと!買掛金問題の解決方法と予防策

 

買掛金についてもっと詳しく

売掛金・買掛金問題は資金調達で解決可能

売掛金・買掛金問題は資金調達で解決可能

売掛金や買掛金の問題を解決する方法は資金調達をすることです。

資金調達にもさまざまな種類があり、どれを選んでも良いというわけではありません。資金調達には返済が必要なものと必要でないものがあります。

さらに返済に利息が必要なもの、1回の手数料の支払いのみというものまであります。

会社の置かれている状況によって、適した資金調達方法を選びましょう。

参照 事業者のための11の資金調達方法 売掛金・買掛金問題は資金調達で解決可能

 

売掛金・買掛金は資金調達で解決

タイトルとURLをコピーしました
目次へ