事業者が利用する資金調達

参照 銀行融資

 

参照 ファクタリング

 

参照 ビジネスローン

 

参照 手形割引

 

参照 補助金・助成金

 

参照 地域別資金調達

 

資金調達の専門家を見つける

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 秋田 | 宮城 | 山形 | 福島
関東 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 神奈川 | 東京
中部 新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 山梨 | 長野 | 岐阜 | 静岡 | 愛知
近畿 三重 | 滋賀 | 京都 | 大阪 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山
中国鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
四国 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

資金調達方法を探す

金融機関から資金調達
「金融機関」

一番主流な資金調達方法。担保や保証人が必要で、審査が厳しく融資実行までの時間がかかるが、利息が低いのが魅力。
ファクタリングで売掛債権を売却して資金調達
「ファクタリング」

人気上昇中の借りない資金調達。審査が緩く即日での資金調達も可能。条件は未回収の売掛債権を持っていること。
事業者ローンを利用して資金調達
「ビジネスローン」

事業者ローンとも言われ、審査が比較的緩く利息もほどほど。担保は必要ないが事業者が連帯保証人となるケースが多い。
持っている手形を呈示期間前に手形割引して資金繰り
「手形割引」

手形を期日前に現金化したい事業者向け。手形のため不渡りの不安が残る。
補助金や助成金を活用して資金繰り
「補助金・助成金」

条件を満たしていればぜひ利用したい資金調達方法。性質上、審査は厳しく時間がかかるのが難点。ただしそれらを上回るだけの恩恵アリ。
動産担保融資で会社の資産を担保として資金調達
「動産担保融資」

流動性のある資産を担保にして融資を受ける方法。会社の資産を担保にするということ。動産価値を評価するため、審査に時間がかかる。

資金調達や資金繰りの問題は、事業者にとって非常に重要な問題です。

事業状況が良好な時であれば考えもしないことかもしれませんが、資金繰り悪化は突如として現れます。本当は突然資金繰りが悪化するわけではなく、気づかないうちに少しずつ迫ってきているのです。

事業資金で発生する問題の原因としては「売掛金が回収できない問題」であったり、「買掛金を支払うことができない問題」といったり非常に多岐にわたります。

大抵の問題であれば、適切な資金調達や資金繰りを行うことで解決、もしくは緩和することが可能となります。

事業者は常に複数の資金調達方法を頭に入れておき、もしもの時に対処できるようにしておいたほうが良いでしょう。

新着記事一覧

資金調達で資金不足を解消!メジャーな6つの資金調達

主な資金調達方法時間審査利息・手数料返済条件
金融機関1ヶ月前後厳しい低めあり担保
保証人
ファクタリング即日~緩い高めなし売掛債権保有
ビジネスローン即日~緩い普通あり事業者が連帯保証人
手形割引即日~緩い低めあり手形保有
補助金・助成金低めなしそれぞれ条件が異なる
動産担保融資1ヶ月前後厳しい低めあり動産保有

これらの資金調達方法は、事業者が主に利用するものです。どれにもメリットデメリットがあり、万能な資金調達方法は存在しません。事業状況に合わせて、適切な調達方法を選ぶ必要があります。

ただし事業者は経営のプロであっても資金調達のプロではありません。資金調達にもプロが存在するため、利用する価値はあると思います。

主な資金調達方法 資金調達には3つのタイプがある

借りる売るもらう

資金調達の方法は主に「借りる」「売る」「もらう」の3つのタイプがあります。

どのタイプの資金調達方法を選択するのかは、事業状況や事業者の考え方など、さまざまな要因によって異なります。またそれぞれのタイプの中にも、ここで紹介している以外にも数多くの資金調達方法があります。

ただし万能な資金調達方法というものは存在しません。必ずメリットデメリットがあります。

 

完璧な資金調達方法は存在しない。ベストは難しいがベターを選ぶことは可能だ。
1つ言えることは、すべての資金調達方法にそれぞれメリットとデメリットが存在するということだ。
ベストを見つけるのは不可能に近い。ただしベターを見つけることは可能だ。

 

資金調達で抑えるべき5つのポイント

資金調達をする際には、まず以下の5つをチェックする必要があるでしょう。

チェックしておきたい5つのこと
  • 資金調達までの時間
    いつまでに資金が必要なのか?
  • 審査の難易度
    審査が厳しいのか否か?
  • 利息・手数料
    利息や手数料をどのくらい支払う必要があるのか?
  • 返済
    返済する必要があるのか?また返済期間はどのくらいか?
  • 条件
    利用するためには何が必要か?担保、保証人、売掛債権、流動資産など。

「お金さえ手に入れられればなんでも良い」というように深く考えずに資金調達してしまうと、将来的に資金調達したことが原因で損失を発生させてしまう可能性が出てきます。

忘れてはならないのは、どの資金調達サービスもボランティアではないということです。利益を上げるためにサービスを行っているのです。その利益を提供しているのは資金調達する事業者であるということです。

つまりお金を出す業者側としてはマイナスになるようなことはしません。マイナスにならないようにするために審査をするのです。

そこで重要なこととして審査のポイントとなるわけですが、大まかに分けると以下の3つに分けることができます。

借りる売るもらう
  • 返済能力はあるか?
  • 信用情報はどうか?
  • 売るものに価値はあるか?
  • 条件に該当しているか?
  • 信用情報はどうか?

このように選ぶ資金調達のタイプによって、審査されるポイントが異なってきます。

これにより審査のために揃える書類が異なってきます。さらに同じタイプの資金調達だったとしても、利用するサービスや業者によってルールが定められています。

よって

 

審査の違い
事業者
A銀行では審査が通らなかったけどB銀行では審査が通った。

 

ということもあり得るのです。

とくに資金調達の中でも民間業者の多いファクタリングの場合には、ファクタリング会社によってルールが大きく異なります。そのためファクタリングを利用するのであれば複数社からの相見積もりは欠かせません。

利用できる資金調達とできないものがある

事業者の誰もが、すべての資金調達方法を利用することができるわけではありません。また誰もが自分の希望した金額を調達できるのかというと、やはりそのようなことはありません。

数多くの資金調達方法が世の中にはありますが、基本的にすべての資金調達でいえることは以下の2つがポイントとなってくるということです。

特に重要な2つのポイント
  • 事業の実績
  • 事業者の信頼

この2つから見えてくるのは「渡したお金をしっかりと戻すことができる能力、そして信頼があるのか」ということが大事となってくるのです。

 

渡したお金をしっかりと戻すことができる能力、そして信頼があるのか
決算書や貸借対照表などの数字が良い会社や、話している内容がまともで誠実な事業者は好印象となりやすい。
赤字決算、税金滞納、借入の返済不良や、質問に対して整合性が取れない回答をする事業者に対しては、マイナスの印象を持たれやすい。
この人にお金を渡しても大丈夫!と判断できるだけの根拠を提示してあげなければならないのだ。

 

事業者が選ぶ資金調達方法 WEB調査でわかったみんなが選ぶ資金調達

https://urikake-kaikake.com/2020-10-questionnaire/

世の中には非常に多くの種類の資金調達方法があります。

実際に事業者がどのような資金調達方法を選び、利用した経験を持っているのかのWEB調査を行いました。さらに利用した資金調達に対しての感想も調査したので、これから資金調達を考えている事業者は参考にしてみてはいかがでしょうか。

利用者数満足度
利用者数の多い資金調達方法満足度の高い資金調達方法

参照 事業者が選ぶ資金調達はこれ!おススメな資金調達方法12選+α

 

資金調達の基本はWIN=WINの関係

どの資金調達においても、資金調達を希望する事業者とお金を提供する金融サービス業者、双方の思惑が一致する「WIN=WINの関係」にならなければ資金調達は実現しません。

 

WIN=WINWIN≠WIN

売掛金がある状態
事業者
そちらの金融サービスを利用したいのですが。

ロボ
業者
私にメリットある?

売掛金がある状態
事業者
はい。利息や手数料といった利益を得ることができます。

私のメリットは?
業者
いいね、じゃぁ話を聞くよ。

事業者=資金調達できる=WIN
金融業者=利息や手数料を得られる=WIN

売掛金がある状態
事業者
そちらの金融サービスを利用したいのですが。

私のメリットは?
業者
私にメリットある?

私を助けることができます。
事業者
私を助けることができます。あなたは儲かりませんが。

無理。メリットない、嫌い。お金貸せない。
業者
ごめん、商売にならないから無理。

事業者=資金調達できる=WIN
金融業者=何も得られない≠WIN

 

たとえば銀行融資ビジネスローンであれば、事業者は資金調達することでお金を借りることができます。銀行は返済時に利息を得ることができ、最終的には貸した金額以上になって返ってきます。つまりWIN=WINの関係が成り立っているわけです。

ファクタリングであれば、債権を譲渡した事業者は譲渡益を得ることができます。ファクタリング会社としては手数料を得ることができます。やはりWIN=WINの関係が成り立っているわけです。

「WIN=WINの関係」と聞こえはよいのですが、結局のところ業者側が「この事業者にお金を渡すとメリットがある」と判断できる事業者にはお金を出しますし、そうでなければ1円も出してはくれません。

 

お金を出すこと自体リスク
金融業者
お金を出すこと自体リスク。しっかり返してくれる事業者にしか出さない。儲からないことはしない。お金を出すことが仕事だから。例外はない。


 

資金不足の主な原因は「売掛金」と「買掛金」

事業で起こりえる資金難は、「売掛金」と「買掛金」が主な原因となっています。

そしてこの2つは、非常に密接に関わる関係にあります。売掛金問題を抱えている会社は、買掛金問題を抱えているケースが多く、買掛金問題を抱えている会社は売掛金問題を抱えているケースが多いのです。

売掛金が入って来ない 事業にとっては致命的

売掛金とは、商品やサービスを取引先に提供したことにより発生する売り上げをもらう権利のことです。

売上をもらう権利である売掛金があるのにもかかわらず、何かしらの問題により取引先からお金が入って来ないということがあります。これにより発生する弊害は数多くあります。

売掛金が原因で発生する3つの問題点
  • 買掛金が支払えなくなる
    仕入れができなくなります。そのため生産をすることができなくなるため、その先の利益を上げることができなくなります。取引先や関連会社からの信用が失われていきます。
  • 固定費が支払えない
    給与や家賃が支払えなくなり、事業の縮小、もしくは閉鎖の危機となります。さらには従業員や社会からの信用を失います。支払先からの信用も失います。
  • 資金調達が難しくなる
    売掛金が回収できないということは利益がないということです。返済する能力がないと見なされると資金調達は苦しくなります。

 

売掛金がある状態
事業者
売掛金が入ってこない~!!!
取引先への支払いができなくなってしまうし、信用も失ってしまう・・・。
金融機関への返済ができなくなってしまうし、やはり信用を失ってしまう・・・。
そもそも会社の固定費も支払えなくなるから、会社存続の危機になってしまう!!!!!

 

事業というのは利益を上げることが目的です。その利益、売り上げこそが売掛金です。

それが入って来ないということは、事業に関連するすべてのことに負の影響を及ぼすこととなってしまうのです。

 

売掛金が入って来ないのは会社にとって大ダメージだ。
売掛金が入って来ないという事態は、絶対に回避しなければならないことだ。事業資金が確保できず経営が傾いてしまうからだ。
なんとしてでも回収しなければならない!
もしも回収できそうにない、もしくは回収までに時間がかかるというならば、資金調達をするべきだ。何も対策せずに解決することはない。

 

買掛金が支払えない 会社の信用が大きく低下すること

買掛金とは、取引先から商品やサービスを提供してもらったため発生する支払いの義務です。つまり支払わなければならないお金のことです。

しかし会社にお金がなければ買掛金を支払うことはできません。結果として以下のような問題が発生します。

買掛金が原因で発生する3つの問題点
  • 社会的信用を失う
    支払うべきお金を支払えないわけですから、取引先からの信用を失います。
  • 仕事が減少する
    取引先の信用を失うため、取引をする会社が減少していきます。これによりさらに売り上げの見通しが立たなくなります。
  • 資金調達が難しくなる
    売り上げが立っていない、社会的信用のない会社に対しての融資は難しいと判断されます。これにより会社の経営が困難となります。

結果として仕事を失い、事業として成り立たなくなるということにつながるのです。

このような事態を招かないためにも、事業の大原則としては「売掛金は必ず回収する」ということと「買掛金は必ず支払う」ということを徹底させる必要があります。

 

買掛金は必ず用意しなければならない。
事業者
取引先に支払うはずの買掛金が支払えない。買掛金は絶対に支払わなければならないのに・・・。
もし払えないなんてことになったら、間違いなく信頼を失ってしまう・・・。
信頼を失うということは、今後の取引に影響する・・・いや、取引の継続自体が難しくなる。
つまり取引先を失ってしまいかねない。それは事業のピンチを招くということだ・・・。
何としてでも買掛金を支払うためのお金だけは用意しなければならない!!!

 

会社というのは、複数の会社と繋がって成り立っています。自分の会社がいくらしっかり経営を行っていても、予期せぬところからトラブルが発生することもあります。そのトラブルによって資金難に陥ることは普通にある話なのです。

だからこそ常に、複数の解決策を考えておくことが重要です。その解決策の1つが資金調達であったり資金繰りなのです。

 

買掛金を支払えないというのはもってのほかだ。
買掛金を支払えないということは、約束を破る行為であり会社の社会的信用を大きく低下させる行為だ。事業を続けていく気があるのなら、資金調達をして支払うお金を用意しなければならない。

 

\ 事業者必見!! /
 
 
\ WEB調査結果「満足度NO1!」 /