HOME

資金調達で利用する専門用語

資金調達で利用する専門用語を紹介

中小企業の資金調達方法25選!大企業と中小企業では選べる資金調達の種類が異なる理由 1の画像 資金調達で利用する専門用語

中小企業の資金調達方法25選!大企業と中小企業では選べる資金調達の種類が異なる理由

会社を運営するための資金を運転資金といいます。運転資金は売上から経費を差し引いた分の金額が充てられます。 売上規模が小さな中小企業の場合、大企業に比べると運転資金の確保が難しくなりやすいものです。 今回は中小企業にオスス...
2021.03.14
特定債務保証と根保証の違いを完全解説!「包括根保証」が廃止された理由とは? 2の画像 資金調達で利用する専門用語

特定債務保証と根保証の違いを完全解説!「包括根保証」が廃止された理由とは?

銀行から融資を受ける際、基本的には不動産や売掛債権、手形などの担保を差し入れなければなりません。もし、担保になるものが無ければ、連帯保証人を立てなければ融資を受けることができません。 参照 銀行融資で資金調達 金利の低い...
2021.03.05
資金調達で利用する専門用語

シードラウンドとアーリーステージの関係をわかりやすく日本語で解説

まず会社の状態は、「シード」、「アーリー」、「ミドル」、「レイター」の4つに区分されます。 シードステージ 起業前 アーリーステージ 起業後まもなく(~3年) ミドルステー...
運転資金と設備資金の違い 運転資金は「日頃の営業活動目的」で設備資金は「事業の維持拡大目的」 3の画像 資金調達で利用する専門用語

運転資金と設備資金の違い 運転資金は「日頃の営業活動目的」で設備資金は「事業の維持拡大目的」

運転資金とは継続的に事業を運営するための資金であり、設備資金とは設備を購入するための一時的な資金です。 まず会社を経営していく上で必要となるのが事業資金です。そして事業資金を大きく分けると、運転資金と設備資金の2つに分けられます。 ...
2021.02.10
M&Aマッチングサイト7選 M&Aマッチングサイトを利用して資金を調達しよう 4の画像 資金調達で利用する専門用語

M&Aマッチングサイト7選 M&Aマッチングサイトを利用して資金を調達しよう

金融機関などからの融資以外の資金調達方法として「事業の売却」という方法があります。それを「M&A」と言います。 「M&A」は敷居の高いものと思われがちですが、現在ではマッチングサイトがあり以前よりもハードルは下がっています。 ...
2021.01.19
資金繰り表の見方と分析方法 資金繰り表の分析方法と管理方法を完全解説 5の画像 資金調達で利用する専門用語

資金繰り表の見方と分析方法 資金繰り表の分析方法と管理方法を完全解説

資金繰り表は、会社のお金の流れを把握するための表です。 会社のお金の流れを把握することで、経営の状況を知ることができます。結果として資金繰りの悪化を未然に防ぐことにもつながったり、資金調達の必要性を早めに察知することができるのです。 ...
2021.02.02
返済計画書の作り方&返済計画書運用の注意点を完全解説 6の画像 資金調達で利用する専門用語

返済計画書の作り方&返済計画書運用の注意点を完全解説

銀行などの金融機関や融資会社から融資を受ける場合には、「返済計画書」を提出しなければなりません。 まず返済計画書ですが、「借入金やリース契約などの負債情報を把握しやすくした書類」のことです。返済計画書は計画的に返済を行なうための指標で...
2021.01.10
当座貸越とは自由度の高い融資商品 自由に借り入れ返済可能だが利用には厳しい審査あり 7の画像 資金調達で利用する専門用語

当座貸越とは自由度の高い融資商品 自由に借り入れ返済可能だが利用には厳しい審査あり

当座貸越とは自由度の高い融資商品であり、決められた枠の中で自由にお金を使うことができます。しかしその自由さ上に利用には厳しい審査があります。 当座貸越とは法人向けのローン商品のことで、一定の枠(融資限度額)の中で自由に借入や返済が可能...
2021.01.09
資金繰り表のテンプレート例に沿って自分の会社に適した資金繰り表を作ろう! 8の画像 資金調達で利用する専門用語

資金繰り表のテンプレート例に沿って自分の会社に適した資金繰り表を作ろう!

資金調達で悩む前に、まずは自分の会社の資金繰りがどのように動いているかを把握することが大事でしょう。その役割を担うのが「資金繰り表」になります。 資金繰り表とは会社や組織が運転資金の管理を行う際、現金の過不足を見やすくした表のことです...
2021.01.09
総量規制とは「年収の3分の1までしか借り入れできない」こと しかし事業者は対象外となるケースがほとんど 9の画像 資金調達で利用する専門用語

総量規制とは「年収の3分の1までしか借り入れできない」こと しかし事業者は対象外となるケースがほとんど

ビジネスローンや銀行融資などの借り入れによる資金調達を検討した際、総量規制という言葉を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。 総量規制とは、「年収の3分の1以上のお金を借りることができない」という法律です。これは1社から...
2020.12.25
タイトルとURLをコピーしました
目次へ