HOME

埼玉県の資金調達に強い専門家 埼玉で融資や資金調達に強い専門家を紹介

埼玉県の資金調達に強い専門家 埼玉で融資や資金調達に強い専門家を紹介 1の画像 資金調達の専門家を探す
\ WEB調査結果「満足度NO1!」 /
 

埼玉県の資金調達に強い専門家 埼玉で融資や資金調達に強い専門家を紹介

ここでは埼玉県で資金調達に強い専門家を紹介しています。

資金調達は事業を経営する立場の人間として、避けては通れない業務です。売り上げが安定しており、運転資金が潤沢な状態であったとしても、ちょっとした問題から運転資金が不足して倒産リスクが高まるケースもあるのです。

資金調達に慣れている経営者であっても、思うように資金が集まらないこともあります。金融機関からの融資による資金調達を選択したとしても、財務状況や経営状況が悪ければ融資を受けられない可能性もあるでしょう。

そこで利用を検討して欲しいのが「資金調達の専門家に依頼して資金調達業務を支援してもらうこと」です。

専門家であれば、融資以外の資金調達方法はもちろん、補助金や助成金の申請支援、経営計画の策定支援などを高いレベルで行なってくれます。

株式会社やまと経営特徴1特徴2特徴3
株式会社やまと経営

資金調達・補助金申請支援が得意

販路開拓などの経営コンサル業務にも精通している

経営革新等支援機関に認定されている

さいたま市の中心部に事務所を構える専門家事務所です。資金調達、補助金申請支援を得意にしているほか、創業支援や事業計画書の作成支援などにも実績があります。さいたま市だけではなく、埼玉県の商工会連合会など複数の団体に専門家登録されている専門家です。

田中法和公認会計士・税理士事務所特徴1特徴2特徴3
田中法和公認会計士・税理士事務所

創業融資に特化した専門家

経営改善支援ではMAS監査を活用して中長期的な経営計画を提案してくれる

経営革新等支援機関に認定されている

行政の創業支援制度活用を強みにしている専門家です。創業から開業まで一貫して支援することにより、事業者の抱えている資金面の問題などに素早い対応を可能にしています。経営革新等支援機関にも認定されており、行政融資や補助金・助成金の活用にも長けている専門家です。

株式会社ディセンター特徴1特徴2特徴3
株式会社ディセンター

経営革新計画の策定支援を行なっている

補助金申請支援を行なっている

海外(主にアジア)への販路拡大支援を行なっている

経営コンサルタントやセミナー事業、海外展開支援などを手掛けている専門家です。経営革新等支援機関にも認定されており、資金調達では行政融資の申込支援や補助金・助成金の申込支援を行なっています。海外人材の派遣や海外販路拡大などにも精通しているグローバルな専門家です。

埼玉県の資金調達に強い専門家

株式会社やまと経営

株式会社やまと経営

2019年に法人化した専門家です。個人事業として開業していた「近藤中小企業診断士事務所」が前身で、年間で250社以上の支援実績があります。資金調達を得意にしている専門家で、融資調達支援を主に行なっています。1回の申込みで断られたからといって諦めて次の金融機関へ申込みを行なうという手法ではなく、1年間の間に2回、3回と挑戦して融資を獲得する手法を取っていることも特徴です。

この方法であれば、取引先金融機関をコロコロ変更するというネガティブなイメージを与えることなく、次回の融資にも有利に働きます。融資支援以外にも販路開拓や経営革新計画策定支援なども行なっており、資金調達後の経営支援についても安心して依頼できる専門家といえるでしょう。

3つの注目ポイント

  • 金融機関からの融資による資金調達や補助金申請支援を得意にしている
  • 販路開拓などの経営コンサル業務にも精通しており、資金調達後の経営サポートも依頼できる
  • 経営革新等支援機関に認定されており、行政融資審査や補助金・助成金の採択が有利になる

情報

住所さいたま市中央区下落合5-10-5 アステリVIP
電話番号070-5573-2511
URLhttps://ksme-c.com/

田中法和公認会計士・税理士事務所

田中法和公認会計士・税理士事務所

2018年に鴻巣市で開業した専門家が「田中法和公認会計士・税理士事務所」です。創業支援と経営改善支援に特化しており、資金調達の実務能力では創業支援と補助金・助成金に強みがあります。

創業支援では、会社設立から創業のための融資獲得、事業計画の立案や資金計画の策定などをサポートしてくれます。設立時から経営状況の推移を観察してもらえるため、適切なタイミングで資金調達の提案をしてくれることが特徴です。

経営改善支援では、MAS監査(経営管理アドバイス監査)を取り入れた支援をしてくれます。MAS監査とは、事業の決算や財務状況をベースに分析を行ない、中長期的な目標を達成鵜するための計画を策定する手法です。経営革新等支援機関に認定されているため、必要に応じて補助金や助成金、日本政策金融公庫の行政融資を活用した経営支援を行ないます。

創業したてで資金調達が思うようにいっていない事業であれば、かなり頼りになる専門家と言えるでしょう。

3つの注目ポイント

  • 創業融資・財務顧問・税務顧問を原則としてワンセットにしたサービスを提供しており、顧客の経営状況を長期的にモニタリングしながら支援を行なってくれる
  • MAS監査を活用した中長期的な経営改善計画の策定支援を得意にしている
  • 経営革新等支援機関に認定されており、行政融資審査や補助金・助成金の採択でも優位性がある

情報

住所埼玉県鴻巣市安養寺350-1
電話番号080-3380-3587
URLhttps://www.norikazu-tanaka-cpa-tax.jp/

株式会社ディセンター

株式会社ディセンター

2002年創業の総合コンサルタント会社が「株式会社ディセンター」です。経営革新等支援機関にも認定されており、資金調達をはじめとした経営支援実務能力は国からも認められている専門家です。

補助金申請支援や日本政策金融公庫の行政融資、経営革新計画の承認を受けるための計画策定支援など、さまざまな手法で事業者の資金調達や経営支援を行なっています。台湾へのコネクションがあり、海外へ販路を拡大したい事業者の支援も行なうなど、グローバルに活動している専門家でもあります。事業の将来を海外に求めるならばオススメの専門家と言えるでしょう。

3つの注目ポイント

  • 経営革新計画の策定支援を行なっており、行政からの認定を受けるサポートをしてくれる
  • 補助金申請に必要な書類の作成支援などを行なっている
  • 台湾への販路拡大支援を行なっており、中国語のサイト作成など販促面でのサポートも受けられる

情報

住所埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2丁目69-1
電話番号048-783-2626
URLhttp://decenter-jp.com/

埼玉県の銀行で資金調達

武蔵野銀行

武蔵野銀行

情報

住所埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目261−2 野原ビル
電話番号048-641-6111
URLhttp://www.musashinobank.co.jp/

埼玉りそな銀行

埼玉りそな銀行

情報

住所埼玉県さいたま市浦和区常盤7丁目4−1
電話番号048-824-2411
URLhttps://www.saitamaresona.co.jp/

埼玉縣信用金庫

埼玉縣信用金庫

情報

住所埼玉県熊谷市本町1丁目130−1 熊谷本町ビル さいしん
電話番号048-523-2101
URLhttps://www.saishin.co.jp/kojin/

川口信用金庫

川口信用金庫

情報

住所埼玉県川口市栄町3丁目9−3
電話番号048-253-3333
URLhttps://www.shinkin.co.jp/ksb/

青木信用金庫

青木信用金庫

情報

住所埼玉県川口市中青木2丁目13-21
電話番号048-251-5880
URLhttp://www.shinkin.co.jp/aoshin/index.html

飯能信用金庫

飯能信用金庫

情報

住所埼玉県飯能市栄町24−9
電話番号042-972-8111
URLhttps://www.shinkin.co.jp/hanno/

埼玉県内で資金調達の専門家に依頼する場合の注意点

日本国内でもっとも多い40市がある埼玉県では、中小企業や小規模事業者の資金調達支援をしてくれる専門家はとても多いでしょう。専門家に依頼をして資金調達をスムーズに運ぶためのコツは、自分の事業に合った専門家を選ぶことです。

ホームページや同業者からの評判などを参考にして専門家を選ぶ方法がほとんどでしょう。しかし、自分の事業に合った専門家に依頼したとしても、その専門家が悪質な詐欺まがいの手口で報酬を引き上げたり、素人でもわかりそうな単純なミスをしたりすることで資金調達がスムーズにすすまないこともあるのです。

ここでは、埼玉県内で自分の事業に合った専門家を選ぶ上での注意点や悪質な専門家もどきの手口についてお話しします。

資金調達の専門家もどきの手口

資金調達専門家もどきの手口はさまざまです。資金調達に失敗した場合の料金は発生しないものの、月々支払う顧問料が相場よりも高く設定されていたり、失敗したのに関わらず経費として法外な手数料を要求されたりなど、あらゆる手口を使って高額報酬を要求してくるのです。

また、手口の中には非合法なやり方をすすめてくる専門家もいます。たとえば、わざと粉飾決算を持ちかけてくることもあるでしょう。粉飾決算は会社の信用力を著しく落とす行為です。専門家からすすめられたとしても、最終的に粉飾決算をするように判断するのは経営者です。違法行為はいくら専門家からのアドバイスだとしても絶対にしてはいけません。

専門家が違法行為をアドバイスしてくる場合、その専門家はニセモノの可能性が高いです。税理士免許や会計士免許を持っていたとしても、それが偽造かどうかは素人目にはわかりません。本物の税理士や会計士であれば、違法行為で受けるペナルティの重さを理解しているはずですし、なにより違法行為そのものを大事な顧客である事業主に持ちかけたりはしないものです。

また、悪質とは言えないまでも、資金調達に関する知識が足りない専門家もいます。資金調達の専門家といっても、資金調達にはさまざまな手法があります。金融機関からの融資や補助金・助成金といった行政からの支援、手持ちの資産を売却して資金を得る方法などさまざまです。

依頼した専門家の得意としている方法が融資支援だけの場合、それ以外の資金調達方法を知らない場合は、資金調達がスムーズに進まなくなってしまうのです。

参照 事業者のための11の資金調達方法 売掛金・買掛金問題は資金調達で解決可能

 

参照 金調達方法は意外と沢山ある!?事業者のための28の資金調達方法とメリット・デメリット

 

肩書き=専門家ではない

資金調達の専門家の多くは税理士や会計士、中小企業診断士といった士業のほかに、経営コンサルタントや資金調達コンサルタントというような肩書をもっています。この肩書きだけで優秀な資金調達専門家であると判断するのは避けましょう。

資金調達専門家と名乗っているならば、士業の免許や金融関連の資格、過去の資金調達支援の実績などを事前にチェックしておくことをオススメします。

ホームページのデザインは専門家もどきでも簡単に作れる

資金調達の専門家を探す場合、ほとんどの経営者はインターネットを使って探すでしょう。

ここで注意すべきは「インターネット上のホームページデザインの良し悪しで依頼する専門家を決めてはいけない」ということです。インターネットのホームページは専門家でなくても、ある程度の費用をかければおしゃれでセンスの良いモノが作れる時代です。今はアウトソーシングでホームページを専門に作る業者もいます。

つまり、専門家もどきであっても、立派なホームページは簡単に作れるということです。ホームページのデザインに騙されて契約し、資金調達を失敗したのに高額な報酬を要求されたといっても、契約した事実があるため、それをくつがえすには相応の時間と費用がかかります。

事業の障害になるような専門家に依頼しないためにも、ホームページのデザインだけで判断をしないようにするとよいでしょう。

経営革新等支援機関認定事業者を選ぶ

経営革新等支援機関認定事業者とは、中小企業庁から認定を受けた経営支援の専門家のことです。銀行などの金融機関のほかに、税理士や公認会計士、弁護士や民間コンサルタントなどが認定されています。

資金調達を専門家に依頼する場合、まずはこの経営革新等支援機関認定事業者の中から選ぶとよいでしょう。認定事業者は中小企業庁のホームページ内にある「認定経営革新等支援機関」のページから検索できます。もしたくさんありすぎて選ぶのが大変という場合は、商工会や商工会議所に相談してみるとよいでしょう。

専門家への紹介斡旋も行なっているため、自分で探すのが大変であれば、ぜひ利用を検討してみてください。

 

埼玉県の資金調達に強い専門家 埼玉で融資や資金調達に強い専門家を紹介 3の画像
銀行融資で資金調達 金利の低い銀行から賢く資金調達する方法
資金調達する際に、まず初めに思いつくのは「銀行からお金を借りること」ではないでしょうか?銀行からの融資は、数ある資金調達の中でもトップクラスに金利が低いのが魅力です。 しかし誰でもお金を借りられるのか?というとそんなことはありません。銀行か...

 

埼玉県の資金調達 関連ニュース

タイトルとURLをコピーしました
目次へ