HOME
   

最短即日OKなファクタリング会社一覧 すぐに資金調達したい事業者を対象

ファクタリングでの資金調達が人気の理由 借金をしないで資金ショートを解決 ファクタリングでの資金調達が人気の理由 借金をしないで資金ショートを解決

ファクタリングは最短即日で資金調達をすることが可能です。それぞれの資金調達には特徴がありますが、ファクタリングはスピードに特化しています。

なぜ即日で資金調達することができるかというと「会社が持っている売掛債権(請求書)を売却して資金調達する」ためです。つまり「持っているものを売却するだけ」なのでスピードが速いのです。

とはいえすべてのファクタリング会社が即日に対応しているわけではありません。一部のみです。さらにファクタリング契約に必要な書類をあらかじめ用意しておく必要があります。

 

ファクタリングを利用するための絶対条件
ファクタリングはスピードに特化した資金調達方法だ。
「すぐに資金調達したい!」という事業者のニーズを満たすことだろう。
だたし「事業者であること」「債権を持っていること」が利用するための絶対条件だ。

 

即日で資金調達可能なファクタリング会社

まず即日に対応しているファクタリング会社をいくつか紹介します。

えんナビ特徴1特徴2特徴3
えんナビ

最短即日

2社間
3社間

法人/個人事業

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応。手数料は業界最低水準。最短即日で資金調達可能。必要とあらばベテランスタッフによる資金繰りのアドバイスも。

OLTA特徴1特徴2特徴3
OLTA

最短即日

2社間
3社間

法人/個人事業

ネット完結型で最短24時間以内で売掛債権現金化。手数料はAI審査のため業界最低水準の2%~9%。買取金額の制限はなく、見積結果は24時間以内にわかる。

どのファクタリング会社においても言えることですが、審査をしてから契約という流れになります。

審査に必要な書類もファクタリング会社によって異なるのですが、少なくても「売掛債権(請求書)」と「通帳のコピー」は必要となります。この2つの書類は事業者であればすぐに用意できます。

審査に通った後に契約をすることになります。契約をする際に必要な書類が出てきます。これもファクタリング会社によって多少異なってくるのですが、この書類を用意するために時間を要する可能性があります。そのためあらかじめ用意しておいたのであればスムーズな契約をすることができ、即日で資金調達することができるのです。

 

ファクタリングを利用するための絶対条件
債権を提示することで、ファクタリングを利用する対象者であること、売掛先から売掛金がもらえるという証拠を示すわけだ。
通帳のコピーを提示することで、その取引先と継続的な付き合いがあるということを示すわけだ。

 

即日審査で審査通過率は90%を超えるケースも 審査通過率が高い理由

即日に対応しているファクタリング会社の審査時間は、30分~1時間というケースが多いです。

この審査時間は銀行に比べると考えられないほど速いのは確かです。理由は担保や保証人を必要とせず、特定の項目の確認さえ取れればよいと考えられているためです。

まず審査基準ですが、各ファクタリング会社によって異なってきます。基本的に共通して言えることは「売掛先の信用度」と「取引履歴」を重要視する点です。この2つのポイントを明らかにすることさえできれば、審査は高確率で通過するのです。

そのため初めに問い合わせをした段階で、「取引先への請求書」と「取引履歴の掲載されている通帳」の提示を求められます。もし請求書を出していない場合には「納品書」や「受注書」などでも代用が効くこともあります。

もっと簡単に言うと「間違いなく取引が過去にあり、間違いなく請求したお金が入ってくる」というのを書類として提出すればよいのです。

ただこれらの書類を提出できない・・・ということになると、その段階で多くのファクタリング会社は断ってくることになるでしょう。なぜなら売掛金があるということは、取引先と取引があったということです。取引があったのにもかかわらず書類が何もないということはおかしな話です。その取引自体、本当は存在していない可能性もあるわけです。

このようなこともあり、「取引先への請求書」と「取引履歴の掲載されている通帳」をコピーでもよいので提示することができれば審査を受けることができるでしょう。

そして審査を受けた時点でこれらの書類を用意できているということであるため、ほぼ審査に通過したということになります。なので審査通過率が高いのです。

審査を受けたのに落とされてしまうケースもある 審査NGの理由

ファクタリングの審査は約90%の確率で通過するといわれています。とはいえ審査でNGを出されてしまうケースもあります。

理由は様々ですが、審査前に提示した書類の確認が取れなかった場合、そして売掛先の経営が怪しいと判断された場合が主な理由となりえます。

書類の偽装

審査の前にファクタリング会社へ提出した「取引先への請求書」と「取引履歴の掲載されている通帳」ですが、これらの書類は偽装しようと思えばできてしまいます。そして実際、書類を偽装してファクタリング会社からお金を奪おうとする人もいます。

請求書や納品書はパソコンで作成することができてしまいます。数字も何とでも変更することができてしまうのです。

そして実はなのですが、銀行の取引履歴の数字もパソコン操作で何とでも変更することができるのです。

これにより架空の売掛債権を買い取って、結果損失を出してしまうファクタリング会社も存在します。これは個人的な考えですが、どのファクタリング会社も1度はそのような経験を持っていてもおかしくないと思います。

売掛先の信用

ファクタリングにおいて重要となってくるのは、売掛先が請求書通りにお金を払える体力があるのか否かです。

ファクタリングの性質上、まず事業者の持ち込んだ債権を購入します。この段階でファクタリング会社から事業者に対しお金を渡していることになります。しばらくして事業者の売掛先から事業者に対して売掛金が支払われます。その支払われた売掛金を、事業者はファクタリング会社に送金します。

これによりファクタリング会社の元へ、手数料を上乗せしたお金が戻ってくることになり利益となるのです。

そのため、そもそも事業者の取引先より売掛金が支払われないことにはファクタリング会社にお金が戻ってこないのです。

ファクタリングの契約はノンりコース契約です。償還請求権のない契約ということです。つまり、「事業者に渡したお金は万が一トラブルが発生した場合においても返してもらえない」という契約です。泣き寝入りするしかないわけです。

だからこそ、売掛金を支払う事業者の取引先の経営状況、そして社会的信用力を確認する必要があるのです。

即日を表記しているファクタリング会社で必要な注意点

ファクタリング会社のサイトを見ると「即日」という言葉を目にすることがあります。

ファクタリングの武器は「圧倒的なスピード感」です。ファクタリングほど早く資金調達できるのはビジネスローンくらいです。

しかしファクタリングとビジネスローンは住み分けができています。大きな違いとしては、ファクタリングは借金ではありませんがビジネスローンは借金という点です。これは資金調達する上で非常に大きな違いとなります。

話を戻しますが、スピード感を武器とするファクタリングにとって「即日」という言葉は非常に重要な要素となるわけです。

だからこそこの言葉を使って集客を行いたいと考えるファクタリング会社は多く、サイトに表示するのです。

ところが、即日という言葉には様々な意味が含まれています。

即日で資金調達ができる
即日で審査をする・・・でも入金は後日
審査が終わったら即日で入金する・・・審査に時間をかける
即日という言葉を意味もなく使っている

どれも即日といえば即日です。見解の違いというものです。

「即日」という言葉を見れば多くの人は「今日お金を手に入れることができる」と思うことでしょう。でも実際はそうではないこともあるのです。

お金が必要な締切日が決まっている場合は注意

事業を行っていると「今日中にお金が必要」「1週間以内にお金が必要」となるケースが発生することがあります。

「今日中にお金が必要」という場合は、本当に今日必要となるのです。それがたった1日でも遅れてしまい会社が潰れてしまうというケースがあるのです。

そのような事業者が「即日」という言葉を見てファクタリングの利用を考えたとします。しかしそのファクタリング会社は事業者の思うような「即日」を行っていなかったとします。

結果、その事業者の会社は潰れてしまうことでしょう。このような可能性もあるのです。いくらファクタリング会社を責めたとしてもどうにかなるものではありません。

「即日の意味を勘違いしたのはあなたです」と言われるだけです。

だからこそ、まず初めに確認を取らなければならないことは「何月何日に現金を手にすることができるのか?」という点です。

そしてなるべく時間を短縮するために、ファクタリングを利用する際に必要になるであろう書類はあらかじめ用意しておくことです。ファクタリングの契約の際に必要になる書類はファクタリング会社によっても異なりますが、基本的には以下の通りです。

ファクタリング契約に必要な書類
  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書など)
  • 入金履歴のある通帳

商業登記簿謄本と印鑑証明書は法務局や役所に行かなければ手に入れることはできませんが、そのほかの書類は会社内で用意することができるものです。そのため商業登記簿謄本と印鑑証明書だけは、いつでも使えるように用意しておくとよいでしょう。

即日でも信用情報には影響なし

即日に対応しているファクタリング会社を利用しても、信用情報に影響を与えることはありません。

そもそもですが、どのような形態で契約をしたとしても、ファクタリングを利用する上で信用情報に影響を及ぼすことはありません。

それはファクタリングが借金ではないためです。持っているものを売却して資金調達するシステムのためです。たとえて言うならば「質屋」や「両替所」のようなものです。

質屋であれば持っているものを持ち込み、現金化することができます。両替所であれば、持っている通貨を持ち込み他の通過に交換することができます。

この際には信用情報には影響することがありません。

それらと同じです。なので将来的に銀行から融資を受けたいと考えた場合、信用保証協会を利用したいと考えた場合など、信用情報が審査されることとなります。その際にも信用情報の面では影響を及ぼさないということです。

即日だからといって手数料が高くなることはない

ファクタリング会社の中には、即日に対応しているケースとそうではないケースがあります。

即日対応しているファクタリング会社が特別手数料が高いかというとそうではありません。逆に即日に対応していないからと言って手数料が安いかというと、やはりそのようなことはありません。

ファクタリングの手数料は、各ファクタリング会社によって定められています。また事業者の持ち込む売掛債権の金額によって変動することがあります。

結局のところ「ファクタリング会社と事業者がお互いに同意できる手数料」で契約することとなります。

とはいえ一応相場は決められています。

ファクタリング契約には2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの2つのタイプがあり、そのどちらかのタイプで契約することとなります。

2者間契約であれば手数料は10%~30%、3者間契約であれば5%~10%が相場といっていいでしょう。利用を考えているファクタリング会社の手数料が、この範囲を超えた数字を提示してきた場合には、他のファクタリング会社を利用を考えたほうがよいでしょう。

急いでいる場合には足元を見られる可能性も

急いで資金調達したいという思いがファクタリング会社に伝わってしまうと、足元を見られる可能性があります。

 

売掛金がある状態
事業者
すぐにお金を用意しないといけないんです!

ロボ
金融業者
わかりました。
(時間がない=他の資金調達方法を選ぶ時間がない and 他のファクタリング会社に相談する時間がない=今決めるしかない=手数料を高くしても契約するはず!)

 

ファクタリング会社からしてみると「この事業者はすぐに資金調達したいと考えている。多少手数料を高くしても契約せざるを得ないだろう」と考えてくる可能性があるのです。

可能性の話をしているのはすべてのファクタリング会社と契約をしたことがあるわけではないためです。

ただしこのような経営方針では評判が悪くなっていきます。現在はネット社会ですのですぐに噂は広まってしまいます。

そのため少しでも安心して利用したいのであれば、ある程度知名度のあるファクタリング会社を選ぶとよいでしょう。手数料を変に高くするのは1回の契約でなるべく利益を上げたいと考えているためです。

ファクタリング業界の競争は激しいものがあります。知名度がないファクタリング会社は、お客を集めるのに必死です。数少ない問い合わせから少しでも大きな利益を上げようと考えたりもします。

知名度のあるファクタリング会社であれば、次々に申し込みが入ってきます。変に手数料を高くして評判を悪くするよりも、多少でも手数料を低くして何度か利用してもらったほうが利益につながると考えます。

結論として、急いでいるにしてもいないにしても、ある程度知名度のあるファクタリング会社を利用するようにしたほうがよいでしょう。

即日を希望するなら事前準備が必要 すべてがそろって初めて現実に!

いくら即日対応だからと言って、申込をしてすぐにお金を受け取れるわけではありません。審査と契約が必要となります。

まずファクタリング会社側の審査が必要となります。これが30分~1時間ほどです。ファクタリング会社のスタッフにも限りがあります。そのため申し込みが多い状況ですと順番待ちとなります。とくに人気の高いファクタリング会社であればあるほど混雑しています。なので初めの段階でどのくらいの時間がかかりそうかを聞いてみるとよいでしょう。

また事業者側として書類を用意する時間が必要となります。商業登記簿謄本や印鑑証明書は、法務局や役所に行って手に入れる必要があります。当然時間がかかります。

ファクタリング会社によっては面談が必要となるケースもあります。足を運ぶか、出張で来てもらう必要があります。もちろん時間がかかります。

つまりファクタリングにおいて「完全に即日で資金調達するのは無理ではないのですがハードルが高い」のが事実です。とはいえ不可能というわけでもありません。そのためには早い段階で必要なものを用意しておく必要がありますし、場合によってはファクタリング会社に事前に連絡しておくのも1つの手です。

スムーズにファクタリングを利用する方法
  • 複数のファクタリング会社に事前に問い合わせ
  • 必要書類を用意しておく
  • 資金繰りが怪しいと感じた段階でファクタリング会社に連絡
  • 必要書類を提出し審査・契約

ちなみにファクタリングに限らずすべての資金調達でいえることですが、事業資金や運転資金に不安を感じた場合には、なるべく早い段階で動き出す必要があります。

早い段階で動き出すことができれば、資金調達方法も幅が広がってきます。ファクタリングのみならず銀行融資、公的融資、補助金、助成金なども視野に入ってくるのです。

逆に遅ければ遅いほど、資金調達の選択肢はどんどん狭まってきます。手数料が高くなったり利息が高くなったりと、資金調達する側にとってのデメリットが増えてくるのです。また審査する側としても動きの遅い事業者には厳しい目となりやすいです。「遅い」ということはすべてが不利に働いてくるのです。

なので、少しでも事業で金銭的な不安を感じたときには、あらかじめどのような資金調達方法があるのかを調べておくとよいでしょう。もし内容が難しい場合には、税理士やファイナンシャルプランナーといったお金に関わる業種に話を聞いてみてもよいでしょう。

 

資金調達はスピードが命
資金調達はスピードが命だ。調達できる段階ですぐに動く必要がある。
資金難に陥るギリギリになるまで資金調達しないと、審査側から見て「この事業者はルーズだ」と判断されかねない。資金ショートの可能性があるのはわかっていたはずだからだ。つまり審査に不利になる可能性もあるのだ。

 

即日に対応 ファクタリング会社紹介

えんナビ

即日ファクタリング えんナビ

即日ファクタリングといったら一番有名なのが「えんナビ」です。えんナビはファクタリング業界でのサービスの幅を広げており、いち早く「24時間365日スタッフ対応」を始めたともされています。それは顧客のことを考え、そこに需要があると考えたためです。だからこそ顧客満足度が高くリピート率が高いのが特徴です。

どのスタッフも長く金融業界で活動してきており、ファクタリングのみならず事業を行う上で抱える問題の相談にも乗ってくれます。

3つの注目ポイント

  • 創業50年以上で確かな安心感がある
  • 複数担当制のため丁寧なサポートと適切なアドバイスをもらえる
  • 組織化したマネージメント力であらゆるニーズに対応してくれる

住所

情報

設立2017年
住所110-0015 東京都台東区東上野3丁目5-9 本池田第二ビル4階
電話番号0120-007-567
URLhttps://ennavi.tokyo/

OLTA

即日ファクタリング OLTA

ネット完結型サービスの第一人者的なファクタリング会社です。ネットですべてを完結するため手数料も低く抑えることが可能となっています。

3つの注目ポイント

  • 創業50年以上で確かな安心感がある
  • 複数担当制のため丁寧なサポートと適切なアドバイスをもらえる
  • 組織化したマネージメント力であらゆるニーズに対応してくれる

住所

情報

設立2017年
住所〒107-0062 東京都港区南青山一丁目15番41号 QCcube南青山115ビル 3階
電話番号050-3205-1008
URLhttps://corp.olta.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました
目次へ