ファクタリングでの資金調達が人気の理由 借金をしないで資金ショートを解決
   

ファクタリングでの資金調達が人気の理由 借金をしないで資金ショートを解決

ファクタリングとは、事業者の持つ売掛債権を売却する資金調達方法です。数ある資金調達の中でも優れている点としては、「早ければ即日で資金調達することができる」という点や、借りない資金調達であるという点です。

あまり聞き慣れないサービスかもしれませんが、現在は一般的に利用されている資金調達方法であり、多くの事業者が利用しています。

黒字倒産を避ける方法として、かなり効果のある方法でもあり注目されています。

 

ファクタリングとは売掛債権を売却し、売却益を得るサービス
売掛債権を譲渡(売却)というと分かりにくいかもな。つまり取引先への請求書、納品書などを売却できるサービスということだ。


 

ファクタリングを利用する2つの条件

ファクタリングを利用するためには、2つの条件をクリアしていなければなりません。1つは事業者であること。もう1つは売掛債権があることです。

この2つがクリアできていなければ利用することはできません。

条件1 事業者であること

事業者というのは、法人の会社や個人事業を経営している代表者のことです。

条件2 売掛債権があること

売掛債権とは、取引先から商品代金、サービス代金をもらう権利のことです。よく売掛金という言葉が出てくると思いますが、これは売掛債権のことです。

そして売掛債権や売掛金があるということは、取引先に対して請求書を出しているということです。そのため請求書を出しているということは、売掛債権が知らない間に発生しているということです。

つまりまとめますと、取引先に対し、商品やサービスを納品し、商品やサービス代金をもらう権利のことを、売掛債権であったり売掛金と呼びます。

 

ファクタリングを利用するためには2つの条件がある
この2つの条件は絶対だ。当てはまらなければ利用することはできない。


 

ファクタリングの仕組み 売掛債権を業者に売却する

ここからはファクタリングの仕組みを紹介していきたいと思います。分かりやすいように対話形式で紹介していきます。

 

商品代金が入ってこなくて不安
取引先に商品を納品しました。しかしその売り上げが入ってくるのは3ヶ月後です。困ったことに、今、資金が足りないのです。

会社間の取り引きでは売掛金の支払いが遅れるのはよくあること
会社間での取引の場合、普通にあり得ることだな。

売掛金が入ってこなければ、会社の経営が危うくなると危惧している。
そうですが、今現在、会社のお金が少なくなっていて、材料を買うこともできないですし、固定費も払うことができないのです・・・。
金融機関からの融資は審査が厳しいし、何より時間がかかる・・・。

ファクタリングの利用を勧めてみた
ならばファクタリングを利用すればよいのではないか?3ヶ月後に入ってくる売掛金があるわけだろ?ならばその売掛金を売却してしまえば良い。

売掛金を売却することを知らなかった
売掛金を売却?そんなことが可能なのですか?

売掛金は売却することができ、それをファクタリングという。
可能だ。普通に行われている資金調達方法だ。取引先に商品を納品したということは、請求書を出しているということだろ?つまりは「商品代金をいただきますよ。商品代金を受け取る権利が私にはありますよ。」と、取引先に通知をしているわけだ。
であれば、売掛金(売掛債権)は発生している。目には見えないがな。

売掛債権とは売り上げを受け取る権利であり、それを証明することができれば、他の書類でも構わない
ということは、請求書でなくても、納品書や取引先からの受注書など、仕事をしたということが分かる書類があればそれでもよいのですか?

ファクタリング会社によって審査基準は異なる
ファクタリング会社によって基準が異なるから何とも言えないが、可能性はあるな。

 

資金調達の速さが黒字倒産の味方となる

ファクタリングにおける大きなメリットは、「資金調達完了までのスピード」です。早ければ即日中に資金調達を完了させることができます。

これは黒字倒産の危機を迎えた会社にとっては、非常に便利なシステムであると言えます。

意外に思う人もいるかもしれませんが、世の中で倒産している会社の半数近くが黒字倒産であるというデータが東京商工リサーチでも出ています。

参照 東京商工リサーチ(外部サイト)

 

つまり売り上げは上がっているのに、その売り上げを回収できずに倒産してしまっている会社が多いのです。普通のスーパーのように、物を買った瞬間にお金が入ってくるようなシステムであれば黒字倒産の件数は劇的に減ることでしょう。

ところが、会社間での取引の場合、商品やサービスを取引先に納品した瞬間に、売り上げが入ってくることはありません。1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月後が一般的です。この数ヶ月の間に会社のお金がショートしてしまい倒産してしまっている現状があるのです。

また、売掛債権(売掛金)はあくまでも「入ってくる予定のもの」です。取引先にお金がない、もしくは倒産でもしてしまわれたら、入ってこなくなってしまうのです。

このようなことからも、売掛債権を早い段階で売却してしまい、利益を確定させてしまうことが非常に大切なのです。そのため、それができるファクタリングの人気が高まっているのです。

 

売掛債権は確定の利益ではないことを理解する必要がある。
売掛債権はあくまでも、取引先から売り上げをもらうことのできる権利を持っているというだけだ。手元にお金があるわけではない。つまり流動的ではないのだ。黒字倒産を防ぐためにも、事前に利益を確定させる、もしくは早い段階で自由となる資金を確保することは非常に重要なことだ。


 

ファクタリングを利用するときに必要な書類

ファクタリングを利用するときには、いくつかの書類が必要となります。その書類を事前に用意しておくことで、早ければ即日で資金調達が可能となります。

ただしですが、ファクタリングを利用するためには、ファクタリング会社による審査が必要となります。その審査を受けるためには2つのことを証明する必要があります。それは「売掛金が本当に存在しているのか?」ということと「取引先と継続的な取引があるのか?」ということです。

つまり「請求書」と「通帳のコピー」を提示するところから始まります。

※ファクタリング会社によって異なります。

審査前に用意しておきたいもの
  • 取引先への請求書(納品書、受注書)
  • 取引先とのやり取りのある通帳のコピー
一般的に審査に必要な書類
  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(受注書、発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

審査通過率は90%以上!しかし審査を受けられないケースが多い

ファクタリングにおける審査の通過率は90%以上と言われています。つまり審査さえ受けることができれば、ほとんど資金調達は可能であるということです。

ただし問題はその前の段階です。審査を受けることができないケースが多いのです。

その理由は実にシンプルです。ファクタリングを利用する条件を満たしていない人からの問い合わせが多いということです。

審査ができない理由
  • 事業者ではない
  • 売掛債権(売掛金・請求書・納品書・受注書)など、取引先との書類がない
  • 書類が偽造されている

とくに多いのは、ファクタリングを融資(借金)と勘違いをしている人からの問い合わせです。なのでファクタリング会社には多くの問い合わせがある一方、実際に審査を行えるのは、すべての問い合わせに対しての10%~30%程度と言われています。

それだけ、審査対象とならない人からの問い合わせが多いということなのです。

 

ファクタリング会社には、売掛債権がないのに問い合わせてくるケースが非常に多い。
事業者ではない、売掛債権のない人からの問い合わせが非常に多いのが現状だ。


 

ファクタリングのメリット・メリット

どのような資金調達にもメリットデメリットが存在します。ここではファクタリングについてのメリット、デメリットを紹介していきます。

メリット デメリット
  • 審査が比較的緩い
  • 借金ではないため継続的な返済は必要ない
  • 資金調達までの時間が短い
  • 担保や保証人が必要ない
  • ノンリコース
  • 赤字決済、債務超過、税金滞納、ブラックリストでも利用可能
  • 事業者でなければ利用できない
  • 売掛債権が必要
  • 売掛債権の金額内でしか調達できない
  • 手数料が金融機関よりも高い

大きなメリットとしては、自社の持ち物である売掛債権を売却して資金調達するため、借金にはならないという点でしょう。そのため貸借対照表に借金の履歴が残りません。すなわち、後に金融機関からの融資に不利になる材料が追加されないということです。

また早ければ即日で資金調達できるというのも大きなメリットです。それは担保や保証人が必要ないということも影響しています。

結果として、ファクタリング会社からしてみると、価値のある、利益となる売掛債権を購入できれば良いわけであり、その判断には1時間もかからないのです。

逆に大きなデメリットとしては手数料が金融機関よりも高めに設定されている点です。これは資金調達においては肝心な部分でしょう。ただし手数料が高めに設定されている理由は、ファクタリング会社にとって売掛債権を購入すること自体が大きなリスクであるためです。

もし購入した売掛債権が全くの無価値になってしまったら、大きな損失を出してしまうためです。そしてその可能性は意外と高いのです。ノンリコース契約であるため、一旦事業者に渡したお金を戻してもらうことはできないのです。

 

ファクタリングの手数料は高く設定されている。それだけファクタリング会社にとってリスクがあるためだ。
手数料は確かに高い。嫌なら他の資金調達を選択すればよいだけだ。ただし赤字決済、債務超過、税金滞納、ブラックリストといったいかなるマイナス要素を持っていたとしても、すぐに資金調達できるといった大きなメリットは魅力だ。

どのように判断するかは事業者の考え方によるな。

 

ファクタリングを利用するときに気を付けるべきこと

ファクタリングを利用する際に、気を付けることが大きく分けて2つあります。1つ目は「ファクタリング会社を選ぶときに気を付けること」です。もう1つは、「ファクタリングを利用する側が気を付けること」です。

ファクタリング会社を選ぶときに気を付けること

ファクタリング会社は数多くあります。特別な許可は必要なく比較的参入しやすい業界とされ、多少金融の知識があれば事業を始められてしまいます。

そのため、真っ当なサービス展開を行っている業者が多い中、中にはそうではない業者が存在します。

以下に該当する業者は注意が必要です。

気を付けるべき業者
  • 直接会おうとしない
  • 手数料や所在地、電話番号が不明確
  • 話が変わる、もしくは分かりにくい説明をしてくる
  • 売掛債権以上の金額での契約

知名度が高い、もしくは長く業界にいるファクタリング会社は、利用しても比較的安心です。利用者が継続的にいるからこそ、業界に居続けられるためです

もし自分で選んだファクタリング会社が少しでも怪しいと思ったら、その業者に固執せず、契約する前に他の業者に相談してみるとよいでしょう。ファクタリング利用時の相見積もりは基本です。

 

安全なファクタリング会社を選ぶためには気を付けたいポイントがいくつかある。
利用して安全なファクタリング会社は、事務所をしっかり構えているし、公表している。電話番号もフリーダイアルを持っていることも多い。話もお客目線で話してくれ、何より業界のルールを守る。

 

ファクタリングを利用する側が気を付けること

ファクタリングを利用する側も気を付けなければならないことがあります。

利用者側も気を付ける
  • 売掛債権の偽造・二重譲渡・計画倒産
  • 不良債権
  • 提出書類の偽造

ファクタリング会社としては、価値のある売掛債権を購入したいと考えています。そのため、偽造されたものであったり、他のファクタリング会社へ一度譲渡した売掛債権であったり、さらには不良債権を持ち込まれた場合には、まったく興味を示しません。審査の段階ではじかれてしまいます。そのため持ち込むだけ無駄です。

しかし時に審査を通過してしまい、後々判明した場合には問題が大きくなってしまう可能性があります。債権を売却した事業者が詐欺で訴えられる可能性が十分考えられます。

 

売却しようとしていた売掛債権に問題があったらどうしよう・・・。
売却しようとしていた売掛債権に問題があったらどうしよう・・・。

債権に問題があったとしたらファクタリング会社の審査に引っかかる
難しく考える必要はない。ファクタリング会社を意図的にダマそうと初めから考えていないのであれば、結果的に債権に問題があった場合でも責任を取る必要はない。たとえファクタリング会社が損失を出してしまったとしてもだ。その場合は、審査に通したファクタリング会社の責任となるからだ。


 

よくある質問

ファクタリングを利用する条件は?

ファクタリングを利用するためには、事業者(法人・個人事業)であることと、売掛債権を持っていることが最低条件です。この条件を満たしていなければ、利用することはできません。万が一、この条件を満たしていないのに利用することができてしまった場合、それはファクタリングではなく別のサービスと言うことになります。

ファクタリングでいう売掛債権とは?

売掛債権とは売り上げをもらう権利のことを言います。売掛金という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが同じ意味として考えてよいでしょう。
つまりファクタリングで必要なのは、「将来的にお金が入ってくる予定があります」という証明です。そのため、取引先への請求書や納品書から売掛債権があると想定してくれるケースもあります。

ファクタリング会社はお金を貸してくれるの?

ファクタリング会社は貸金業者ではありませんので、お金を貸してくれることはありません。そのため利息というのも存在しません。
ファクタリング会社は「未回収の売掛債権(売掛金や請求書)」を購入してくれます。事業者からすると売掛債権を売却するわけであり、その売却益を得ることで資金調達ができるということなのです。
もしお金を貸したり利息を要求してくるファクタリング会社があったとしたら、それはファクタリング会社ではありません。

ファクタリングを利用する際に必要となる書類は?

一般的には登記簿謄本や印鑑証明、会社の業績を確認できる書類などが必要となります。しかしファクタリング会社にとって真っ先に確認したいことは、「売掛債権が本物であり、なおかつ価値のあるものなのか否か」という点です。そのため請求書と通帳のコピーをまずは重要視するケースがあります。

ファクタリングの審査通過率は9割を超えていると言うが本当?

ファクタリングの審査通過率は確かに9割を超えていてもおかしくありません。ただしそれは「審査を受けた場合の話」です。審査を受けることができない事業者が非常に多いのが現状です。
審査を受けられない理由は、ファクタリングのことを知らず、売掛債権を持っていないのに資金調達したいと考えている事業者が多いためです。つまり融資の申し込みが多いということです。
事業者であり未回収の売掛債権を持っていれば、審査通過率は9割を超えるでしょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました