HOME

石川県の資金調達に強い専門家 石川で融資や資金調達に強い専門家を紹介

石川県の資金調達に強い専門家 石川で融資や資金調達に強い専門家を紹介 資金調達の専門家を探す
\ 即日対応!すぐに資金調達可能! /
 

石川県の資金調達に強い専門家 石川で融資や資金調達に強い専門家を紹介

ここでは石川県で資金調達に強い専門家を紹介しています。

事業の運営や拡大に必要な「事業資金」は主に売上や利益から捻出されます。売上が下がったり、経費が圧迫して利益が下がったりすると「事業資金」が枯渇してしまい、赤字経営になります。赤字経営が続くと事業の運営そのものができなくなり、最終的には解散や廃業、倒産といった事態にまで発展してしまうでしょう。

一度減少した売上を増やすことや圧迫した経費を下げることは、どんなに有能な経営者であっても難しいです。ですが、有能な経営者ほど、一度下がった売上や経費の圧迫に対応して業績をV字回復させています。事業を倒産させてしまう経営者とV字回復させる経営者の違いとはなんなのでしょうか?

発想力やリーダーシップなど、さまざまな違いが挙げられます。ですが、こと資金調達については発想力やリーダーシップでは解決できません。資金繰りが悪化している状況下で事業をV字回復させる経営者に多い共通項があります。それは「専門家の意見を積極的に取り入れること」です。

経営者は運営している事業のプロであったとしても、資金調達のプロではありません。資金調達に問題が起こった場合、プロである資金調達専門家に依頼をしてアドバイスを受けたり、資金繰り計画書を作成したりするなど、柔軟に対応しているのです。

「餅は餅屋」ということわざがあります。お金の問題をお金のプロに依頼することで、事業の危機を回避しているのです。

柏野経営グループ特徴1特徴2特徴3
柏野経営グループ

資金繰り計画の見直しを含めた資金調達支援を行っている

起業支援にも力を入れており資金調達を含めた支援を行っている

税理士や公認会計士といったマルチライセンス持ちであるためワンストップで問題解決しやすい

金沢市に事務所を構える専門家グループです。資金繰り計画の見直しから具体的な資金調達、効果的な資金運用に至るまでを徹底的にサポートしてくれます。専門家による財務診断を重視しており、事業に合わせた対応をしてくれるのも特徴でしょう。

税理士法人中山会計特徴1特徴2特徴3
税理士法人中山会計

資金繰り問題の本質を解決する支援を行っている

専門家ネットワークを最大限に活かした支援を行っている

10年以上に渡り企業再生支援を行っている

金沢市に事務所を構える専門家です。事業計画策定支援や企業再生支援、補助金・助成金申請支援をメインにしています。複数の士業専門家と提携しており、ワンストップで相談できるのも強みです。昭和60年の創業以来、1000社を超える事業者の支援を行ってきた実績があります。

株式会社迅技術経営特徴1特徴2特徴3
株式会社迅技術経営

事業計画策定支援をベースにした包括的な資金調達支援

事務所が中小企業支援機関の集まる施設にあるため、同施設内の専門家と連携したワンストップでの支援が可能

経営革新等支援機関に認定されている

金沢市の中小企業支援機関が集まる地場産業振興ゾーン(石川県繊維会館1階)に事務所を構える専門家です。石川県内の中小企業支援コミュニティと連携しながら中小企業や小規模事業者の経営支援を行っています。資金調達では、金融調達と補助金・助成金の申請支援を得意にしています。資金調達に関する支援実績が豊富で、農業からサービス業までさまざまな業種に対応可能です。

石川県の資金調達に強い専門家(税理士)

柏野経営グループ

柏野経営グループ

中小企業や小規模事業者の経営支援を30年以上に渡り行ってきた専門家が「柏野経営グループ」です。経営支援を筆頭に新規事業の企画・運営支援、税務や会計業務の支援などを行っています。

資金調達支援では専門家による事前調査で得た情報をもとに、事業者が抱える本質的な問題点を改善する支援を行っています。具体的な資金調達はもとより、資金繰り計画の見直しや事業内容の精査、金融調達支援などを1つのパッケージして行っていることが特徴でしょう。

起業支援も得意にしています。創業前や創業直後は資金繰りが不安定になりがちです。国の制度融資(創業支援融資)や補助金・助成金の申請支援を通して、新規創業者のサポートをしてくれます。

3つの注目ポイント

    専門家による綿密な事前調査の結果を分析し、事業主にあった資金繰り計画表の修正や資金調達支援を行っている
    会社設立前から支援をスタートさせ、会社設立に伴う手続き代行や資金計画の策定、営業や販売促進に関する支援も受けられる
    傘下企業が多く、税理士や会計士など多数の専門家が在籍しているためワンストップで相談できる

情報

住所石川県金沢市新神田1丁目9番18号
電話番号076-291-8220
URLhttps://www.kashiwano.co.jp/

税理士法人中山会計

税理士法人中山会計

昭和60年創業、毎年400社以上の顧問事業者の支援を行っている専門家が「税理士法人中山会計」です。税理士の他に金融機関出身者や中小企業診断士といった、事業者の直面しやすい問題のスペシャリストが在籍しています。

資金調達支援においては、金融調達支援や補助金・助成金の申請支援はもとより、M&Aによるグループ事業の整理にも精通しています。また、多くの士業や専門家と連携したワンスップでの問題解決も強みです。

石川県内で長期間に渡って、中小企業や小規模事業者を支援してきました。国の経営革新支援機関にも認定されており、補助金採択実績も豊富な専門家です。

3つの注目ポイント

    金融調達支援や補助金・助成金の申請支援とは別に、資金繰り悪化の原因を解決できる包括的な企業再生支援を行っている
    専門家ネットワークを最大限に活かし、ワンストップでの相談・解決が可能
    昭和60年創業のベテラン専門家で、創業以来、石川県内外の事業者支援を数多く行っている

情報

住所石川県金沢市有松2丁目9番18号
電話番号076-243-5233
URLhttps://nakayama-kaikei.com/

株式会社迅技術経営

株式会社迅技術経営

2002年開業のベテラン専門家が「株式会社迅技術経営」です。中小企業診断士と社労士が中小企業や小規模事業者の経営支援を行っています。開業から現在までで1000件以上の支援実績がある専門家です。

資金調達においては、事業計画策定支援をベースに、金融調達や制度融資、補助金・助成金の申請支援に力を入れています。制度融資と補助金・助成金では、契約前に無料で対象事業者かどうかを診断してくれます。経営革新計画の策定支援や知的資産経営報告書といった多彩な支援を行っていることも特徴です。

3つの注目ポイント

  • 事業計画策定支援をベースにした経営全体を包括する資金調達支援を得意にしており、金融調達や補助金・助成金の採択実績も豊富
    中小企業支援機関の集まる石川県繊維会館内にあるため、同施設内に事務所を構える他の専門家(士業など)と連携したワンストップ対応が特徴
    経営革新等支援機関に認定されており、実務能力の高さは国からも認められている

情報

住所石川県金沢市鞍月二丁目2番地 石川県繊維会館1階
電話番号076-268-5258
URLhttps://www.g-keiei.com/

専門家の資格による資金調達方法の違いはあるか?

資金調達の専門家は税理士や会計士、中小企業診断士や経営コンサルタントなどさまざまな肩書があります。

それぞれの肩書や資格によって資金調達方法に違いはありません。ただし専門家個人によって資金調達に得手不得手が分かれてくることがあります。また税理士や会計士といった、一見資金調達に関わっていそうな肩書でも、資金調達の知識や経験をあまり持っていないこともあります。

専門家による資金調達方法の違いはほぼない

結論から言いますと、専門家の資格による資金調達方法の違いはほぼありません。

税理士だから〇〇といった資金調達方法、会計士だから△△といった資金調達方法といった具合に分けれているわけではありません。資金調達支援の方法は類似しているケースがほとんどです。

金融機関へ融資を申し込む場合には

  • 融資申込書の記載漏れチェック
  • 決算書の内容精査
  • 事業計画書・返済計画書の作成支援
  • バンクミーティングへの同行

などのサポートをしてくれます。

補助金や助成金の申請支援では

  • 補助金や助成金の対象事業かどうかのチェック
  • 補助金・助成金申請書の記載漏れチェック
  • 添付書類のチェック
  • 申込代行

などのサポートを行っています。

金融機関の融資支援、補助金・助成金の申請支援も、とくに税理士でなければ支援はしていけないことはありません。融資審査や補助金・助成金採択に通りやすいコツを知っており、実際に支援を行った実績があれば、どの専門家に依頼しても大きな違いはないのです。

個人と法人で違う部分はワンストップかどうか

資金調達専門家には、個人で支援を行っている場合と法人で行っている場合があります。個人の場合は個人事業主として税理士事務所や会計士事務所を運営している人が挙げられます。法人の場合は、会社として資金調達支援を行っている点が異なるのです。

個人と法人で異なる部分は、専門家によっても異なりますが「ワンストップ」で相談と対応ができるか否かという点でしょう。要は「1回の相談で事業経営者の悩み=資金繰り悪化」に対応できるかどうかです。

個人の資金調達支援専門家は場合によって、専門家1人の力では対応できないケースもあります。資金調達支援といっても、融資支援や補助金・助成金申請支援の他にもさまざまな支援策があります。中には経営状況を分析することもあるでしょう。

別の士業資格を持っている専門家と連携して支援をしてもらえれば問題ありません。しかし他の専門家を紹介される場合、1回の相談では対応できなくなる=ワンストップではないということになります。

士業だから資金調達支援ができるわけではない

税理士や会計士だから資金調達支援ができる、ということではありません。税理士や会計士の資格を持っている人でも資金調達支援の経験がない場合は、どのように支援すべきかわからないのです。

もともと自分の事業に顧問税理士や会計士がいる場合、資金調達支援を行っていればそのまま依頼しても良いでしょう。しかし、もし資金調達支援の経験がない場合は他の専門家に依頼することが必要になります。士業=資金調達の専門家ではないという点は頭に入れておくと良いでしょう。

資金調達専門家の選び方

士業資格の有無だけでは優れた資金調達専門家であるかどうかはわかりません。ここでは資金調達専門家の選び方についてお話しします。

経営革新等支援機関に認定されているか

中小企業に対して専門性の高い支援実務能力があると認定された専門家が「認定経営革新等支援機関」です。この認定を受けている専門家は国からも実務能力を認められたと判断できます。

参照 認定経営革新等支援機関への支援(外部サイト)

 

士業資格を持っているだけでは認定を受けられません。日頃の支援実績や認められるための基準をクリアしなければ認定支援機関として認められないのです。つまり、認定支援機関と認められている専門家は優れた専門家といえるでしょう。

注意すべきは、認定支援機関に認められた専門家であっても、資金調達支援に強いかどうかは詳しく調べないとわからないという点でしょう。石川県内の認定支援期間はこちらのサイトからチェック可能です。

参照 定経営革新等支援機関検索システム(外部サイト)

 

石川県をクリックし、士業別にチェックを入れて検索すると、事業支援の専門家がリストとして表示されます。資金調達支援を行っているかどうかは、それぞれの専門家の紹介ページに記載されています。ただし、紹介ページに支援内容の詳細が書かれていない場合は、検索対象の専門家名を個別で検索してから調べてみると良いでしょう。

資金調達後も支援してもらえるか

資金調達支援はその場限りの支援とは限りません。金融調達の場合は返済が発生します。せっかく専門家に資金調達支援をしてもらって資金を得たとしても、返済が滞ってしまうと、専門家の実績に泥を塗ってしまうことにもなるでしょう。

ほとんどの専門家はその場限りの資金調達支援ではなく、継続した支援を行っています。金融調達で得た資金の活用や返済状況の確認、万が一返済が難しい場合のリスケ交渉など、資金調達後の支援もしてくれる専門家を選ぶと良いでしょう。

成功報酬型であるかどうか

いくら国に認められた専門家だとしても、ボランティア活動ではないため、かならず依頼報酬、手数料が発生します。資金繰りが厳しい事業者にとっては、専門家に依頼する金額を捻出できないこともあるでしょう。

そのような状況の場合、専門家が受け取る報酬体系に注目しましょう。着手金0円、成功報酬であれば、資金を得た後に報酬や手数料が発生します。資金繰りが厳しい事業者は専門家に依頼する場合の「料金」に着目して選ぶと良いでしょう。

誰に依頼するかは重要

ここまでどの事務所に資金調達のサポートを依頼しても、資金調達支援の方法は類似しているというお話をしてきました。

確かに支援の方法はほとんど同じではあるのですが、結果が変わることがあります。つまり「誰にお願いするのか」が非常に重要なポイントとなってきます。

これには2つの理由があります。

  • 人脈が影響することがある
  • 交渉術が影響する

人脈が影響することがある

たとえば金沢市で長い間、税理士法人を運営している税理士がいるとします。

これまでの間、数多くの事業者の資金調達支援を行ってきました。事業者の資金調達を成功させるために、市内の金融機関や市役所、石川県庁に何度も足を運んだことでしょう。結果として関係各所の関係者と顔見知りとなりパイプが出来上がっているわけです。

関係者側からしてみても、「この税理士から紹介される事業者は間違いなく返済してくれる」と判断されれば、信頼を得られるわけです。

つまり同じ地域で長い間、資金調達支援を行っている士業は、関係各所から高い信頼を得ている可能性があります。よってその税理士に資金調達の支援をお願いすることで、資金調達が成功しやすくなるのです。

交渉術が影響する

資金調達で大切なことは交渉です。お金を借りること自体はそれほど難しいことではありません。税金滞納や赤字決済などの財務上の問題がなければ、どの金融機関でも融資が下りることでしょう。

ただしどのような条件で融資が下りるのかが問題となります。

例えば「利息」です。銀行は、お金を貸し利息を得ることで利益を得ています。つまり利息が高ければ高いほど利益が出るのです。銀行が利益が出るということは、融資を受けた事業者が多くの利息を支払っているということです。

あまりにも大きな利息となってしまっては、銀行への返済が経営を圧迫することとなってしまいます。そのため初めの交渉段階で利息を下げることが重要となってきます。交渉になれていれば話は別ですが、そうではない場合、銀行側の言いなりになってしまう可能性があるのです。

そのような時に資金調達の専門家のサポートを受けていれば、提示された利息が適正なのか、もっと利率が低い融資を行っている他の銀行のピックアップなど、さまざまなアドバイスをくれるのです。

今回は利息についてお話ししましたが、融資を受ける金額や融資期間、担保や保証人の有無なども交渉に影響されることがあります。

このようなことからも、資金調達の際には資金調達の専門家のサポートを受けたほうがよいと考えるのです。

 

石川県の資金調達に強い専門家 石川で融資や資金調達に強い専門家を紹介 2の画像
銀行融資で資金調達 金利の低い銀行から賢く資金調達する方法
資金調達する際に、まず初めに思いつくのは「銀行からお金を借りること」ではないでしょうか?銀行からの融資は、数ある資金調達の中でもトップクラスに金利が低いのが魅力です。 しかし誰でもお金を借りられるのか?というとそんなことはありません。銀行か...

 

石川県の資金調達 関連ニュース

タイトルとURLをコピーしました
目次へ