ビジネスローンは審査が緩めでスピード融資 今すぐに応える資金調達の中でも優秀
   

ビジネスローンは審査が緩めでスピード融資 今すぐに応える資金調達の中でも優秀

ビジネスローンは、審査が緩くスピーディーに資金調達できるといった大きなメリットがあります。早ければ即日で資金調達することができ、数ある資金調達の中でもスピードに特化していると言えます。

一般的には約1000万円を上限として借りることができます。そのため、「今すぐ事業資金が必要だ」という事業者にとっては味方となってくれる資金調達方法と言えます。

そして担保や第三者の保証人が必要とならないケースがほとんどです。そのため審査の時間を大きく短縮することができています。ただし、事業者自身が保証人となる必要があるケースがあります。

 

ビジネスローンでは即日で資金調達が可能だ。
ビジネスローンは、今すぐ資金が必要だ!という事業者にとっては強い味方になる。比較的金利も低く、担保や第三者保証人が必要ないという所も、利用しやすい一因だろう。


 

ビジネスローンを利用する条件

ビジネスローンを利用する条件は、事業者であることです。事業者というのは法人企業の経営者であったり、個人事業主のことを指します。つまり一般個人が利用することはできません。

利用するためには、これまでの経営状況を示す書類の提出となりますが、数年でも事業経営をしている事業者にしてみれば、大した条件ではありません。問題は「事業者自身が保証人となること」です。これに関しては抵抗のある人も一定数いることでしょう。

一般的に借金をする際には、担保や保証人が必要となります。しかしビジネスローンはそれらが必要ありません。これにより審査の時間を大きく短縮しています。しかし保証人が必要ないというのは「第三者の保証人」が必要ないということです。しかしお金を貸す側としても返済される保証が必要となります。そこで事業者自身が保証人となるわけです。

事業者が保証人になるということは、たとえば事業が続かなくなり倒産してしまった場合、会社が無くなってしまった状態でも元事業者が返済をし続ける必要があるということです。ただしこれは最悪の場合であり、会社経営を継続的に行い普通に返済をしていれば、とくに問題のある条件ではありません。

 

ビジネスローンでは第三者の保証人は必要ないが、事業者自身が保証人となるケースがほとんどだ。
担保や第三者の保証人が必要ないのは大きなメリットだ。事業者自身が保証人になる必要はあるが、他人に迷惑をかける必要がないという点は大きい。


 

ビジネスローンの仕組み 銀行系とノンバンクに違いあり

ビジネスローンは事業者ローンとも言われ、大きく分けて銀行系とノンバンク系があります。簡単に言ってしまえば、銀行がバックについているものとそうではないものがあるのです。

基本的に事業資金を借りるという点では同じです。ただし銀行系の方が金利が低い傾向にあります。しかし融資までの時間を考えると数日程度ですが、ノンバンク系の方が早いとされています。

最近ではいわゆるスコアリングシステムを採用しているケースが多く、来店せずとも資金調達を完了させることができます。もちろん店舗まで足を運んで審査してもらうことも可能です。

スコアリングシステムを採用し審査時間を短縮

ビジネスローンはスコアリングシステムを導入していることが多いです。これにより、審査時間を大幅に短縮することができています。さらにこのシステムを使用することで、来店不要となるのです。

 

ビジネスローンの審査スピードはなぜ早い?
ビジネスローンを利用しようと思っているのですが、なぜ審査スピードが早いのですか?

ビジネスローンはスコアリングシステムを採用しているため、審査スピードが早い。
スコアリングシステムを導入しているためだ。必要項目を記入し、それをコンピューターが自動で点数を付けていく。一定の点数をクリアすると、審査に合格するというものだ。ただし事業資金のため審査もそれなりに慎重にする必要もある。そのためスタッフの審査も入るとされている。

 

早く資金調達できるため今すぐに対応は大きなメリット

ビジネスローンにおける大きなメリットは、「資金調達完了までのスピード」です。

事業を経営していると、予期せず突然資金が必要となるケースは出てくるものです。いつもはある程度資金を持っているのに、タイミング悪く、その時だけお金が足りないということも。そのような時に対応できる資金調達方法というのは限られています。

数ある資金調達の中でも即日で資金調達可能なのは、ビジネスローンとファクタリングが代表として挙げられます。ビジネスローンは借金をし資金調達をすること、ファクタリングは持っている売掛債権を売却し資金調達することであり借金ではありません。借りるか売るかで全く異なった資金調達方法なのです。

参照 ファクタリング

 

どちらにしても「今すぐ資金が必要」という需要に対応しています。これにより会社のピンチを回避することができるのです。

実は世の中の倒産してしまっている会社の半数近くが、黒字倒産と言われています。売り上げがあり、しばらくしたらそのお金が入ってくる予定なのに、たまたま今だけお金がなくて倒産してしまうといったケースです。その「たまたま」のタイミングで資金が必要となることがあり、それを解決できるのがビジネスローンというわけです。

参照 東京商工リサーチ(外部サイト)

 

 

事業資金というものは、突然必要となるケースがある。
「たまたま」というのが一番注意しなければならない。矛盾しているかもしれないが、「たまたま」は意外に起こるものだ。その時に資金を調達する方法を知っておかないと、一気に経営は傾いてしまう。


 

ビジネスローンを利用するときに必要な書類

ビジネスローンにもいろいろな種類があり、どれを利用するかによっても必要となる書類が変わってきます。また法人であるのか、それとも個人事業であるのかによっても必要書類は異なります。

あくまでも一般的に必要とされるであろう書類を紹介していきます。

必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・保険証・マイナンバーカード)
  • 収入を証明できる書類(源泉徴収票・確定申告書・所得証明書など)
  • 登記事項証明書、決算書(法人)
  • 事業計画書、事業状況を確認できる書類(個人)

法人と個人事業では必要となる書類が異なるわけであり、さらに利用するビジネスローンによっても書類は異なってきます。そのため、どのビジネスローンを利用するのか決定したのちに、どの書類が必要なのかを確認し用意するとよいでしょう。

基本的に言えることは「貸したお金を返す能力はあるのか?」という点が重要となります。そのため法人でも個人事業でも「このような商売を行っており、去年はこのくらいの収入があった、このくらいの税金を支払っている。」というものを証明できる書類が必要となります。それが源泉徴収票であったり確定申告書であったりするわけです。

ビジネスローンの審査基準

ビジネスローンの審査基準は各会社により決められています。売上高経常利益率であったり、総資産経常利益率というものを計算式で導き出したりするわけですが、それを利用する側が気にしても正直仕方のないことです。それらを理解しても結局審査してもらわなければ結果は分からないためです。

前述しましたが、結局のところ「この事業者にお金を貸して、利子を付けた金額でしっかり戻ってくるのか?」というのが最大のポイントです。返済が滞りそう、会社が倒産しそうと判断されれば、融資希望金額が減らされたり、融資自体が難しくなるのは当然のことです。

ビジネスローンのサービスは数多くあるため、条件がよさそうなところからトライしていく必要があるでしょう。

事業立ち上げ間もない場合は厳しい

事業を立ち上げたばかりで、過去の事業成績が分からない、数値化できない場合には、ビジネスローン自体が利用できない可能性が高いです。それは決算書がないためです。つまりスコアリングシステムで判断材料となる数字がないためです。

スコアリングシステムでなくとも、人間が審査を行う場合でも同じことが言えます。判断する材料がないのです。

ただし個人事業を数年続けていて、確定申告書類があり、法人成りした場合にはこの限りではありません。この場合は判断する数字があるためです。

 

回収見込みのないお金を貸す金融サービスは存在しない。ボランティアではないためだ。
お金を貸す側としたら、回収できる見込みがなければお金は出さない。回収できる見込みというのは、これまでの事業における実績、つまり数字だ。数字がなければ判断することはできない。


 

もし事業を開始して間もない場合であり資金調達を考えているのであれば、そのほかの資金調達方法を考えてみるとよいでしょう。

ビジネスローンのメリット・メリット

どのような資金調達にもメリットデメリットが存在します。ここではファクタリングについてのメリット、デメリットを紹介していきます。

メリット デメリット
  • 審査が比較的緩い
  • 資金調達までの時間が短い
  • 担保や第三者の保証人が必要ない
  • 若干金利が高め
  • 継続的な返済が必要
  • 決算の数字がなければ審査してもらえない
  • 事業者自身が保証人になることあり
  • 利用限度額が低めに設定されている
  • 事業者の個人信用情報に左右される

大きなメリットとしては、審査の緩さと資金調達までのスピードでしょう。なるべく早く資金調達をしたいという場合にはおススメです。また金利も銀行の融資に比べれば少し高めに設定はされていますが、それでも低いと言えます。そのため金利についてはデメリットとは言えないかもしれません。

デメリットとしては、借金のため毎月の返済が必要となります。人によってはストレスに感じることもあることでしょう。また返済が遅れてしまった場合、遅延損害金が発生することもあります。さらに事業を始めたばかりの人は返済の可能性が判断できないため、利用できないケースがあります。さらに事業者個人がお金に関する問題が過去にあると判断された場合には、やはり利用することが難しいでしょう。

正直なところ、ビジネスローンのサービスを展開している会社によって条件が異なります。一概に何がメリットで何がデメリットなのかを言い切れないことがあります。

 

ビジネスローンの金利は高めだ。しかしその反面即日で資金調達できるといった大きなメリットがある。
銀行融資に比べれば手数料は確かに高い。嫌なら他の資金調達を選択すればよいだけだ。ただし赤字決済、債務超過、税金滞納、ブラックリストといったいかなるマイナス要素を持っていたとしても、すぐに資金調達できる可能性があるといった大きなメリットは魅力だ。

どのように判断するかは事業者の考え方によるな。

 

ビジネスローンを利用するときに気を付けるべきこと

ビジネスローンは非常に利用しやすく取っ掛かりやすい分、返済にトラブルが生じると大きな問題に発展する可能性を秘めています。

ビジネスローンを利用する際に気を付けることはただ1つ。「毎月の返済を遅れないようにする」ということです。多くの場合遅延損害金が発生します。それだけではありません。もし他のビジネスローンを利用しようと考えたとき、契約できなくなるケースもあります。また同じように、銀行から融資を受けようと考えたときに、影響が出る可能性が出てきます。

そして万が一、返済ができなくなった場合。債権が回収業者に渡される可能性が出てきます。そして回収業者から借金返済の要求を受けるようになります。

もちろんこれはビジネスローンに限った話ではありません。お金を全く知らない人から借りるということは、それだけのリスクがあるということです。

 

借金の返済が遅れることで発生するメリットは1つもない。
返済遅延で良いことは1つもないんだ。むしろ悪い影響しか出ない。たった1回のミスで将来の大きな資金調達を受けられないかもしれないんだ。

 

たとえばある会社がビジネスローンのサービスを展開しています。そこには保証会社として、某金融関連の会社名が掲載されていました。そして某金融関連会社のグループには債権回収会社があります。そのため、返済が上手くいかなかった時には、この債権回収会社からコンタクトを取ってくることは容易に想像することができます。

それでも返済ができない場合、回収会社は法的な方法での回収を行ってきます。簡易裁判所に支払いの催促の申し立てが行われます。このような状態になってしまったら、通常どこからもお金を借りることはできなくなります。

いずれにせよ、ビジネスローンを利用するのであれば、必ず毎月の返済は守る必要があります。それができない、もしくは不安だということであれば利用しない方がよいでしょう。

簡単に借りれるため安易に手を出してしまうことも

先述しましたが、ビジネスローンは比較的容易に借り入れをすることができます。この「安易」というのが人によってはネックになることがあります。

人というのは苦労して手に入れたものは大切にしがちです。ところが簡単に手に入れたものは、苦労して手に入れたものに比べると、その扱いが劣ってしまいます。

そのため、「1回くらい返済が遅れても大丈夫だろう」とか「何か言われたら返済すればいいか」と、返済を軽視してしまうケースもあるとのことです。

何度も言いますが、返済には細心の注意を払ってください。

 

返済に遅れてしまった場合、見逃してくれるほど世の中は甘くない。
今日、返済日。でも、返済されない。とても良くないこと。場合によっては債権回収業者に取り立ててもらう。それでもダメなら、法的な支払いをしてもらう。見逃さない。

 

ビジネスローンの会社を選ぶときに気を付けること

銀行系であるのか、ノンバンクなのかが大きな分かれ道でしょう。お金を借りると言ったら金利が付いて回るわけですが、銀行系の方が低めに設定されるケースが多いです。

一般的にビジネスローンの金利は「5%~13%前後」で設定されていることが多いです。しかし実際に5%前後というのは正直難しいとされており、多くの場合、10%を超えるとされています。

気を付けるべきこと
  • 知名度の高いビジネスローンを選ぶ
  • 可能であれば銀行系の方がおススメ
  • 返済日を必ず守る
  • 返済計画をあらかじめ立てておく

銀行であれば安心なのですが、ノンバンク系のビジネスローンを利用するのであれば、知名度の高いところを選んだ方が良いと思います。全く聞いたこともないところに手を出すと、裏でどこと繋がっているか分からないためです。

また資金調達まで1週間前後の余裕があるのなら、銀行がバックについているビジネスローンを選んだ方がよいでしょう。一番の理由は金利が安いという点です。

そしてこれが一番大きなポイントですが、返済日は必ず守ってください。延滞金が課せられてしまいます。また信用情報に傷がつく可能性があります。さらに法的に取り立てされる可能性があります。

ビジネスローンが将来的な銀行の融資に不利になるとされるが・・・

ビジネスローンのみならず、借金をすると将来的に銀行から融資を受けようと考えたときに、審査に引っかかってしまうという話を聞いたことはありませんか?結論から言いますと、そのようなことはありません。

毎月の返済日をしっかり守り返済し続けていれば、信用が損なわれることはありません。

問題は、返済日を守らなかったり、返済しなかったりした過去がある場合です。これらは履歴に残ります。銀行での審査ではこの履歴を見られます。

 

金融サービス会社がお金を貸すときには、信用情報をチェックするのが基本。
この人にお金貸す、大丈夫か心配。信用情報、チェック。
ん?以前にお金を借りている履歴アリ。滞納確認。もしかしたら今回も滞納の可能性も・・・。融資、無理。

 

といった感じに判断されてしまうわけです。

なので借金自体が悪いというわけではなく、返済の約束を守らないことがまずいのです。ですから、もし返済が計画的にできないと思うのであれば、ビジネスローンには手を出さない方が良いと思います。

 

計画的に返済ができるのなら、ビジネスローンは有効な資金調達といえる。
返済を滞りなく行えるのであれば、最近のビジネスローンは有効な資金調達方法といえるだろう。ただし他に返済が滞っている借金などがある場合には、審査に通らない可能性が出てくる。
同じように、将来的に銀行からの融資を受けたいと考えている場合、ビジネスローンの返済が滞った過去がある場合には、審査に影響する可能性もある。利用するのであれば、きちんとした返済計画が必要なのは言うまでもないだろう。

 

よくある質問

ビジネスローンは即日で資金調達可能ですか?

即日で資金調達することは可能です。もちろん審査に通過した場合の話です。

ビジネスローンでは担保や保証人は必要ですか?

多くの場合、担保や保証人は必要ではありません。この保証人ですが、「第三者の保証人」が必要ないというわけであり、事業者自身に保証人を求められるケースが多いです。

銀行系とノンバンク系、どちらを選んだ方が良いですか?

ビジネスローンは大きく分けて「銀行系」と「ノンバンク系」の2つに分けられます。銀行系の方が金利が低めに設定されています。ただし融資までに数日要します。ノンバンク系の方は即日で資金調達することが可能です。ただし銀行系よりも金利は高めに設定されています。

ビジネスローンの審査は緩いと聞いたけど本当?

銀行の融資に比べると審査基準は緩いと言えます。そもそも担保も第三者の保証人も必要としないためです。
ではだれでも利用できるのか?と言うとそのようなことはありません。審査において、返済することができる能力があると認められなければ利用できませんし、利用できたとしても借りられる金額が低くなります。

ビジネスローンは危なくない?

すべての資金調達に言えることですが、計画的に返済することができるのであれば危ないということはありません。そして利息制限法に定められた利息であれば問題ありません。
ただし計画的に返済できなかったり、利息制限法を超えるような利息を求められるようであれば、利用は避けるべきでしょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました