HOME

大阪府の資金調達に強い専門家 大阪で融資や資金調達に強い専門家を紹介

大阪府の資金調達に強い専門家 大阪で融資や資金調達に強い専門家を紹介 資金調達の専門家を探す
\ 即日対応!すぐに資金調達可能! /
 

大阪府の資金調達に強い専門家 大阪で融資や資金調達に強い専門家を紹介

ここでは大阪府で資金調達に強い専門家を紹介しています。

大阪府において資金繰りの悪化による倒産件数は徐々に減少傾向にあります。しかし、売上の減少や原材料の高騰などが原因で、あっという間に倒産件数が増加してしまう可能性もゼロではありません。

資金繰りは悪くなってから対策を行うのではなく、悪くなる前、悪くなると予想される前から対策をした方がダメージも少なく済みます。しかし、忙しい業務の合間を縫って資金繰りの安定化をするのは、経営者にとってかなり難しいでしょう。

そこで利用を検討していただきたいのが「資金繰り対策を資金調達の専門家に依頼する」ことです。

現在顧問になってもらっている税理士や会計士に資金繰りをモニタリングしてもらいつつ、悪化した場合にすぐ対策できるようにしておくことがベターでしょう。しかし、いくら税理士や会計士でも資金調達に関する知識や経験が無ければ対策すら立てられません。実は意外と資金調達の分野を苦手とする士業はいるのです。

そのような時には、セカンドオピニオンとしても外部の資金調達専門家に資金繰りの状態を確認してもらい、万が一に備えておくのが効率的といえるでしょう。

松下税務会計事務所特徴1特徴2特徴3
松下税務会計事務所

資金調達支援の実績と経験が豊富

30年以上に渡り商売の街大阪梅田の事業者支援をしてきた実績

他士業との連携力が高くワンストップで相談可能

大阪市北区に事務所を構える専門家です。30年以上に渡り商売の町大阪の事業者支援を行なってきました。資金調達支援では補助金の申し込み支援と融資申し込み支援を得意にしています。

クレド株式会社特徴1特徴2特徴3
クレド株式会社

融資を断られた事業者への資金調達支援に強い

メガバンクで16年に渡って勤務した経験を活かしたノウハウ

民事再生をした事業者にも対応可能

大阪市梅田に事務所を構えている専門家です。融資の獲得支援に強みがあります。代表はメガバンクで長年勤務していたこともあり、融資獲得のためのノウハウを知り尽くしているのが特徴です。民事再生をした事業者にも対応しており、まさに梅田の駆け込み寺とも言える専門家です。

株式会社ジャストコンサルティング特徴1特徴2特徴3
株式会社ジャストコンサルティング

中小企業に特化した資金調達支援サービスを行なっている

銀行出身の代表がコンサルティングを行なう

経営革新計画の承認申請など、行政の支援を受けやすくする支援対応

大阪市北区西天満に事務所を構える専門家です。中小企業の支援に特化したコンサルティングサービスを行なっています。資金調達支援では、金融機関からの融資による資金調達と、補助金・助成金の申請支援を強みにしています。経営革新等支援機関にも認定されている実務能力の高い専門家です。

大阪府の資金調達に強い専門家

松下税務会計事務所

松下税務会計事務所

昭和58年創業の老舗専門家が「松下税務会計事務所」です。創業以来多くの事業者をサポートしてきました。大阪経済の中心地でもある梅田地区において長年に渡り営業し続けられるのは、その実務能力の高さに定評があるからです。

資金調達支援においては主に「金融機関の融資申し込みに必要な事業計画書の作成支援」や「ものづくり補助金の申し込み支援」、「財務改善・経営改善を目的にした事業計画の作成(修正)支援」を行っています。

大阪でも数少ない補助金・助成金に強い専門家でもあります。自分の事業に利用できそうな補助金や助成金があるかも知れないと思ったら、まず相談したい専門家と言えるでしょう。

3つの注目ポイント

  • 平成29年度と平成30年度のものづくり補助金の支援実績では、大阪市内の専門家でもトップクラスとなる41件の補助金獲得を成功させている
  • 昭和58年の創業以来、大阪商業の中心地である梅田で数多くの事業者を支援してきた経験から得たノウハウがある
  • 財務関連以外の相談では弁護士など他士業と連携したワンストップサービスを提供している

情報

住所大阪府大阪市北区鶴野町4-11 朝日プラザ梅田1311
電話番号06-6375-3269
URLhttp://www.matsushitakaikei.net/

クレド株式会社

クレド株式会社

大阪商業の中心地である梅田地区で経営コンサルタントとして事業者支援を行なっているのが「クレド株式会社」です。代表の森内氏は三井住友銀行で16年に渡り勤務してきました。メガバンクで鍛えた実務能力を活かし、中小企業の資金調達支援を行なっている大手民間コンサル会社の代表取締役社長を経て、当コンサルタント会社の代表取締役に就任しました。

資金調達においては融資獲得支援を得意にしています。一旦は融資を断られた事業者であっても、断られた原因の分析や提出する事業計画書の見直し、申し込む金融機関の選定を行なって、融資審査の通過率を上げる支援を行なっています。

またNPO関西事業再生支援センターの理事としても活動しており、民事再生を受けた事業者への支援も得意にしていることも特徴です。過去実績として民事再生後の事業者の支援を行なって9,000万円の資金調達に成功したこともあります。

大阪の事業者の駆け込み寺としても有名な専門家です。

3つの注目ポイント

  • 融資申込を断られた事業者へ最適な金融機関の斡旋や融資獲得に必要な事業計画書の策定支援を行なっている
  • メガバンクで16年に渡って勤務した経験を活かし、融資獲得セミナーなどを行なうなど知識や実務能力も高い
  • 民事再生をした事業者にも対応可能で、実際に民事再生後の事業者の支援で9,000万円の資金調達を成功させた実績もある

情報

住所大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4号 大阪駅前第4ビル9階923-743号
電話番号06-6105-2356
URLhttps://www.credo-biz.com/

株式会社ジャストコンサルティング

株式会社ジャストコンサルティング

2013年に大阪経済の中心地である北区西天満に開業した専門家が「株式会社ジャストコンサルティング」です。代表である前田氏は地方銀行の融資担当から中堅物流会社の経営企画、大手コンサルティング会社と渡り歩いた「中小企業の現場を知る専門家」です。

資金調達においては、前職である銀行員の知識や経験を活かした融資申請支援を得意にしています。法人営業担当であったため、どのような手続きで融資が受けやすくなるかに精通しています。その後のキャリアで培った経験を活かしたサービスが特徴です。

代表だけではなく、スタッフにも優秀な人材を抱えています。フィナンシャルプランナーや中小企業診断士はほぼ全スタッフが取得しているほか、情報処理や物流関連の資格をもった専門性の高いスタッフも在籍している「ワンストップで相談できる」専門家でもあります。

3つの注目ポイント

  • 経営革新計画の承認申請支援といった中小企業に特化した資金調達支援サービスを行なっている
  • 融資審査の裏側を知る銀行出身の代表が審査に通りやすい融資申込支援を行なっている
  • 経営革新計画の承認申請や補助金・助成金の申請支援など、行政支援を活用した経営支援にも力を入れている

情報

住所大阪市北区西天満1-7-20 JIN・ORIXビルディング9F
電話番号06-6809-4830
URLhttps://www.just-c.net/

専門家に依頼する場合は料金が必要だが経費と割り切ってでも依頼した方が良い理由

専門家に資金調達支援を依頼する場合、専門家に支払う報酬、つまり支援の対価となる料金が発生します。

この料金は専門家や支援内容によって金額が異なります。数万円~数十万円かかる料金は「損金」ではなく「必要経費」として考えると良いでしょう。

  • そんなにゼニがかかるなら自分でやった方が得
  • 将来のもらえるかどうかわからないゼニより目の前のゼニ

このような気持ちもわかります。先の見えない日本経済の中で、手元にある資金ほど信じられるものはありません。

ですが、はたして本当にそれで良いのでしょうか?目の前の資金を手放したくないがために、将来手にできるであろう資金をみすみす逃してしまうことにも繋がりかねません。

料金を「経費」と割り切って専門家に資金調達支援をしてもらった方が良い理由はいくつかあります。その中でも、とくに経営に悪影響をおよぼす理由がこちらです。

  • 融資審査の難易度が上がる
  • もらえるはずの補助金や助成金を見逃してしまう
  • 無理な融資で財務状況を悪化させてしまう

これらの影響について詳しくお話しします。

融資審査の難易度が上がる

金融機関が提供している事業者向け融資は「担保融資」もしくは「無担保融資」の2種類に分けられます。不動産などの事業資産を担保として差し入れる担保融資であれば、その担保となる資産の価値によって融資審査の合否や融資上限金額が決まるでしょう。とくに問題のない資産であれば、ほぼ確実に融資審査は通ります。

無担保融資の場合、融資を申し込む事業者の「信用力」が融資審査の合否と融資上限金額を決めています。そもそも高額な銀行融資の審査はとても厳しいです。営業状況に問題がない事業者であっても、申込書類の内容によって審査落ちしてしまうこともあるのです。

融資審査の難易度の高さは「書類」にあり

「融資審査の難易度が高くなる」最大の理由は、融資申込の際に提出を求められる「書類」です。

銀行融資を申し込む際に必要な書類は融資商品や金融機関によって異なります。メガバンクである三井住友銀行の「中小企業向け融資ビジネスセレクトローン」のホームページには、次の3種類の書類が必要と記載されています。

  • 最新の税務申告書(原本3期分)
  • 最新決算期の納税証明書(法人税・消費税、その1・3-3)
  • 商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書、発行後3ヵ月以内のもの)

※実際のお借り入れに際しては、別途必要な書類がございます。

引用元 中小企業向け融資ビジネスセレクトローン(三井住友銀行)

 

ポイントとなるのは「※」の「実際のお借り入れに際しては、別途必要な書類がございます。」の部分です。ここで求められる書類には主に以下のものが挙げられます。

  • 資金繰り表
  • 資金使途資料
  • 経営方針説明書(経営計画書)
  • 試算表
  • 銀行取引一覧表(銀行取引明細表)
  • 借入申込書
  • 印鑑証明
  • その他の書類(会社案内・株主名簿など)

とくに重要なのが「資金繰り表」です。この書類をきちんと精査せずに作成してしまうと、たとえ決算状況が良好で納税をきちんと行なっていたとしても、審査落ちする可能性が高くなってしまうのです。

資金繰りが管理できていない事業者は信頼力が低い

資金繰り表の役割はその名前の通り「事業資金の流れをまとめた表」のことです。

事業資金をやり繰りするためには、現金収支や売掛金、買掛金などの事業に関するお金の流れを把握していなければなりません。資金繰り表は事業資金に動きがあるたびに更新が必要な書類です。

この書類を正しく運用できていれば、それだけ融資担当者からは

 

融資担当者
融資担当者
この事業者、資金繰り表、ただしく運用してる。資金管理しっかりしてる。融資してもリスクが低いと思う。

 

と判断されるのです。

逆に、資金繰り表の作成・運用が正しく行われていない場合、融資担当者の印象は悪くなるどころか、融資以前の問題(資金ショートや倒産)が発生する可能性もあるのです。

資金調達の専門家は事業資金管理のプロでもある

資金調達の専門家の多くは、融資支援を得意にしています。この融資支援の中でも「資金繰り表の作成支援」はほとんどの専門家が重要視している部分です。それだけ融資申込において重要な書類が「資金繰り表」ということになります。

融資申込支援で資金繰り表の作成支援を受けることは、つまるところ融資審査を通過しやすくさせる支援なのです。

まとめ
  • 融資審査で重要なのは「資金繰り表」である
  • 資金繰り表の管理と運用が出来ていなければ融資担当者の印象が悪くなる
  • 資金調達の専門家は「資金繰り表作成」のプロである

もらえるはずの補助金や助成金を見逃してしまう

補助金や助成金は事業に利用できる返済不要のお金です。対象事業者もしくは対象事業であるかという部分に合致さえしていればお金をもらえるのです。補助金や助成金を事業者自身で申し込んでも問題はありません。

ですが、肝心の補助金や助成金の情報はどのように仕入れるのでしょうか?補助金や助成金は基本的に「申込期限」と「申込上限事業者数」が決められています。つまり、情報をつかんでからすぐに申し込まないとお金を手に入れられなくなるのです。

参照 補助金・助成金は返済義務のない資金調達方法 政府や自治体の制度で資金調達

 

補助金・助成金にも審査がある

補助金や助成金には融資と同じように「審査」があります。申し込むにあたって「資金繰り計画表」や「事業計画書」などの提出を求められる補助金・助成金もあります。

申込みをして即交付というわけではありません。受付担当が書類に不備がないかを確認し、関係各所へ送付します。その後、補助金・助成金の担当者が書類を見て、対象事業であるか、お金を支給しても問題がないかを審査するのです。

提出が求められている書類は添付忘れや記載ミスが許されません。補助金・助成金は基本的に「受付順」で交付されるものです。そのため、もし申込事業者が多い補助金・助成金の場合は一回のミスが原因でお金をもらえなくなることもあるのです。

資金調達専門家は補助金・助成金の申請に強い

資金調達専門家の2大支援が補助金・助成金の申請支援です。つまり、資金調達の専門家は以下の2つがメインの支援となります。

  • 融資申込支援
  • 補助金・助成金申請支援

補助金・助成金の申請支援では、添付書類の確認や提出書類の作成支援、申請代行まで行なってくれる専門家もいます。専門家に一任しておけば、まさに「果報は寝て待て」の状態で補助金や助成金を得られるのです。

資金調達専門家は積極的に補助金・助成金情報を提供してくれるところとしてくれないところがある

専門家に補助金や助成金の申請支援を依頼する場合、1つだけ注意すべきポイントがあります。それが「積極的に補助金・助成金情報を提供してくれるところとしてくれないところがある」という点です。

資金調達の専門家は税理士や会計士といった「士業」が本来の業務と並行して行なっているところが多いです。補助金や助成金の申請支援は本来の業務とは別のサービスとして行なっている場合もあります。

顧問契約をしている場合、補助金や助成金のことを事業者側から聞かれなければ教えてもらえないということもあります。もし、現在契約している顧問士業が、補助金・助成金の申請支援サービスを行なっているのであれば、事業者側から問い合わせをしなければならない点があることを覚えておくと良いでしょう。

まとめ
  • 補助金・助成金には「申込期限・申込事業者上限数・審査」がある
  • 資金調達専門家は補助金・助成金の申請支援に強い
  • 専門家によっては積極的に補助金・助成金情報を提供してくれるところとそうでないところがある

無理な融資で財務状況を悪化させてしまう

資金調達=融資という構図は、現代においても事業者の考える資金調達方法として根強く印象にあります。

事業用の資金がない⇒銀行に融資を申し込んでしのごう!

このような思考は、場合によって事業の破滅を促す場合もあるのです。

融資とは「借金」です。借金なので必ず「返済」しなくてはなりません。資金繰りに問題が無い事業者であれば問題なく返済できるでしょう。しかし、資金繰りが安定していない事業者の場合は

資金調達で融資を選んだばっかりに、返済に追われて資金繰りがさらに悪化する

可能性もあるのです。

資金調達方法は融資だけではない

大前提として資金調達方法は融資だけではありません。補助金や助成金も資金調達方法ですし、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルの投資も資金調達方法です。

資金調達=融資だけ

と考えるのは危険です。融資だけと考えてしまうと、融資を受けられなくなった状況になった際に身動きが取れなくなってしまいます。経営者として「融資以外の資金調達方法もある」という認識を持っておくと良いでしょう。

資金調達専門家の事業分析を受けてからどの方法を取るか検討する

資金調達専門家は資金を調達する前に、資金繰りを含めた事業全体の財務体質診断から行ないます。プロの目から事業を分析し、その結果を受けて自分の事業に適した資金調達方法を提案してくれるのは、専門家に資金調達を依頼する上で得られる「大きなメリット」です。

闇雲に「融資だ!融資だ!」とやっきになるのはなく、冷静になって今の状況を把握してから資金調達を行なうと良いでしょう。

まとめ
  • 無理な融資は自分の首を絞めることにもなる
  • 資金調達方法は「融資」だけとは限らない
  • 資金調達専門家の事業分析で冷静にどの方法を取るか判断する

 

大阪府の資金調達に強い専門家 大阪で融資や資金調達に強い専門家を紹介 2の画像
銀行融資で資金調達 金利の低い銀行から賢く資金調達する方法
資金調達する際に、まず初めに思いつくのは「銀行からお金を借りること」ではないでしょうか?銀行からの融資は、数ある資金調達の中でもトップクラスに金利が低いのが魅力です。 しかし誰でもお金を借りられるのか?というとそんなことはありません。銀行か...

 

大阪府の資金調達 関連ニュース

タイトルとURLをコピーしました
目次へ