HOME

島根県の資金調達に強い専門家 島根で融資や資金調達に強い専門家を紹介

島根県の資金調達に強い専門家 島根で融資や資金調達に強い専門家を紹介 資金調達の専門家を探す
\ WEB調査結果「満足度NO1!」 /
 

島根県の資金調達に強い専門家 島根で融資や資金調達に強い専門家を紹介

ここでは島根県で資金調達に強い専門家を紹介しています。

事業の資金調達に困ったら「専門家」へ支援依頼を検討してみるとよいでしょう。そもそも資金調達は簡単なことではありません。事業の財務状況が不安定ならば金融機関の融資審査に通過する可能性は低くなります。また補助金や助成金は後払いで支払われるため、補助金・助成金対象となる事業を行なうためには資金が必要になります。つまり肝心の資金がなければ、補助金や助成金を得ることができないのです。

このような状況では「資金調達支援の専門家」のサポートが有効です。

専門家の支援を受けることで、財務状況が厳しい状況でも融資を受けられる可能性が高くなりやすいです。それは専門家にしか分からない適切な書類作成や交渉を行ってくれるためです。

そして事業の資金繰りに問題があれば改善するためのサポートも受けられます。事業を守るため、従業員の生活を守るためにも、専門家に事業資金の調達支援を依頼することは有用な方法なのです。

ストラテジープロッツ合同会社特徴1特徴2特徴3
ストラテジープロッツ合同会社

創業支援・企業再生支援に特化

公認会計士・税理士事務所も兼務

経営革新等支援機関に認定

松江市に事務所を構える専門家です。公認会計士・税理士・経営コンサルタントの合同会社で、経営支援のほかにも会計監査や税務支援などを行なっています。創業支援と企業再生支援に特化していることが特徴でしょう。監査の目で分析された情報をもとに的確な支援を行なっています。経営革新等支援機関に認定されているほか、島根県の主要経営支援団体の理事などをつとめている知名度の高い専門家です。

有限会社スタイルクリエイション特徴1特徴2特徴3
有限会社スタイルクリエイション

資金繰り改善のための経営計画策定支援に強い

事業再生支援は実務も含めた支援が可能

制度融資や補助金申請支援にも強い

出雲市に事務所を構える専門家です。実家がアパレル関連の小売業だったこともあり、実務的な支援も可能です。資金調達においては、資金繰り改善のために経営計画策定支援を得意にしています。また、創業支援にもあかるく、創業資金調達のための創業計画の作成も行なっています。

藤井経営労務事務所特徴1特徴2特徴3
藤井経営労務事務所

経営計画策定支援・実行支援と補助金申請支援に強い

元税理士事務所勤務の経験を活かした支援

助成金の申請にも強い

松江市に事務所を構える専門家です。経営革新等支援機関にも認定されており、その実務能力と経験が高く評価されている専門家でもあります。資金調達支援においては、経営計画の策定・実行支援をメインに、補助金・助成金の申請支援や包括的な経営サポートを行なっています。

島根県の資金調達に強い専門家

ストラテジープロッツ合同会社

ストラテジープロッツ合同会社

2017年開業の老舗専門家が「ストラテジープロッツ合同会社」です。公認会計士と税理士、経営コンサルタントを主な業務として行なっている専門家です。公認会計士として大手監査法人で勤務しながら、関連コンサル会社で経営戦略やマーケティング、再生計画策定支援業務に従事してきました。

資金調達支援においては、創業支援と企業再生支援を強みにしています。創業資金調達にともなう金融機関との交渉や、税務署への届け出代行といった細かい作業までサポートしています。。

企業再生支援では、認定経営革新等支援機関である強みを活かし、経営改善計画書の策定・実行サポートを行なっています。

島根県のみならず、東京や関西、四国の事業者にも対応しています。また医業経営コンサルタント協会の認定コンサルタントとしても登録されています。

島根県内の公的サポート機関のほとんどに外部専門家として登録されている知名度の高い専門家です。

3つの注目ポイント

  • 創業支援・企業再生支援に特化しており、創業資金の調達支援や金融機関との交渉といった資金調達支援を行なっている
  • 公認会計士・税理士資格のほか、医業経営コンサルタントといった資格をもつマルチライセンス・スペシャリストである
  • 経営革新等支援機関に認定されており、経営革新計画の策定支援や制度融資の申し込み支援などでも実績が豊富

情報

住所島根県松江市東朝日町151番地34
電話番号0852-61-5333
URLhttps://toshiken-cpa.jp/

有限会社スタイルクリエイション

有限会社スタイルクリエイション

平成6年開業、平成12年に法人化した老舗経営コンサルタントが「有限会社スタイルクリエイション」です。代表の足立中小企業診断士は実家がアパレル関連を営んでおり、幼少期から小規模事業の現場を体感してきました。中小企業で営業職やPOS導入といった実務を経験しながらコンサル業をスタートさせます。

開業後は島根県の中小企業支援コーディネータとして、多くの中小企業・小規模事業者の経営支援を行なってきました。資金調達においては、資金繰り改善のための経営計画策定支援に強みがあります。資金調達支援はもとより、生産性の向上や販路開拓といった分野もサポートしてくれます。

事業再生支援も行なっており小規模事業者活性化補助金といった行政からの資金調達支援実績も豊富です。経営革新等支援機関として日本政策金融公庫の制度融資や補助金・助成金の申請支援にも強い専門家です。

3つの注目ポイント

  • 経営計画策定支援では資金調達を含む包括的なサポートを得意にしている
  • 事業再生支援では、生産性の向上など実務面でのサポートも可能
  • 経営革新等支援機関であるため、制度融資や補助金申請支援にも強く、島根県内の中小企業支援団体でもアドバイザーを行なっている

情報

住所島根県出雲市今市町764番地1
電話番号0853-21-0759
URLhttps://style-c.co.jp/

藤井経営労務事務所

藤井経営労務事務所

税理士事務所出身の所長が代表の「藤井経営労務事務所」です。20年以上税理士事務所で財務書類の作成や中小企業・小規模事業者の経営分析などに従事してきました。事業計画や経営革新計画の策定支援や実行支援も経験豊富です。

資金調達においては、経営計画策定支援と補助金・助成金の申請支援に強みがあります。税理士事務所で勤務していた経験と、中小企業診断士、社労士の知識を活かした包括的な経営支援を行なっています。経営革新等支援機関にも認定されており、実務能力も高い専門家です。

創業支援に関しては資金調達や戦略の立案に加え、社労士として労務関係の手続きもサポートしてくれます。他の士業と連携力が高く、ワンストップで相談できるのも強みでしょう。

3つの注目ポイント

  • 経営計画策定支援と補助金申請支援に強く、経営革新等支援機関としての実績も豊富
  • 元税理士事務所勤務の経験を活かした総合的な経営支援も行なっている
  • 中小企業診断士資格のほかに、社労士資格もあるため助成金の申請支援も可能

情報

住所島根県松江市上乃木二丁目14-12
電話番号080-3877-8690
URLhttps://www.fujiikeiei.com/

島根県の金融機関で資金調達

島根県には2つの銀行と3つの信用金庫があります。島根県内で事業をしているのであれば、資金調達の際にはこれらの金融機関で用意されている金融商品の中から検討してみるのもよいでしょう。

山陰合同銀行

山陰合同銀行

情報

住所島根県松江市魚町10
電話番号0852-55-1111
URLhttps://www.gogin.co.jp/

島根銀行

島根銀行

情報

住所島根県松江市朝日町484-19
電話番号0852-24-4000
URLhttps://www.shimagin.co.jp/

しまね信用金庫

しまね信用金庫

情報

住所島根県松江市御手船場町557-4
電話番号0852-23-5505
URLhttps://www.shimane-shinkin.co.jp/

日本海信用金庫

日本海信用金庫

情報

住所島根県浜田市殿町83-1
電話番号0855-22-1850
URLhttps://nihonkaishinkin.co.jp/

島根中央信用金庫

島根中央信用金庫

情報

住所島根県出雲市今市町252-1
電話番号0853-21-1750
URLhttps://www.shimanechuuou.co.jp/

島根県で資金調達するために 「粘り強さ」だけでは解決できない

事業を運営するための事業資金は、売り上げから捻出されます。売り上げから固定の経費が差し引かれ、その分が運転資金として経費に回ります。売り上げが減少すればその分だけ事業運営に必要な資金が少なくなってしまうのです。

売り上げの減少や経費の高騰は、事業努力だけではどうしようもない場合もあります。粘り強く事態の好転を待ったとしても限度があることでしょう。経費をギリギリまで削ったとしても、倒産を先延ばしにしているだけということもあります。

そのような時には、決定的な解決手段を講じる必要があることでしょう。それが資金繰りであったり資金調達であったりします。

融資を粘っても根本的な原因を解決する必要がある

事業資金に困った事業者が解決方法としてまず思いつく行動は、金融機関からの資金調達でしょう。

ただし金融機関の審査は厳しく、とくに資金難である事業者の審査のハードルは高くなってしまうものです。そのようなとき、「粘ること」が得策であるかというとそうとは言い切れないのです。

ビジネスにおいて「粘り」は結果を出すためにも重要な要素ではあります。しかしそれはビジネスにおいてであり、金融機関からの資金調達においては粘っても解決できないこともあるのです。そして粘りに費やした時間が、結果として効率を悪くしてしまうことにもつながってしまうのです。

金融機関の融資には「審査」という壁があります。一度断られてもしつこく粘って何度も融資申請、融資交渉を行うという方法もあることでしょう。しかし1度でも審査に落ちてしまったのであれば、それには原因があります。その原因を改善しない限り、金融機関からの融資を受けるのは難しいでしょう。

 

売掛金がある状態
事業者
ビジネスは粘りが大切。資金調達だって何度も銀行と交渉すればきっと審査に通してくれるに違いない。

同じ書類で何度申請しても結果は同じ。
金融業者
同じ書類で何度も申請してきてもダメよ。ダメなものはダメ。改善の必要ある。
改善してからまた来て。


 

銀行はとくに審査が厳しいことで知られています。何度審査をお願いしたとしても、審査に落ちた原因の解決をしなければ融資を受けることはできません。「情に訴えかける」というのは通じないのです。

専門家に依頼して原因を把握し改善する

そして原因の改善をするためには、まずはその原因を把握しなければなりません。

そこで資金調達や資金繰りの専門家に仕事を依頼することで、原因の究明、そして改善、さらには金融機関の融資のサポートまでを専門的な知識を活かして行ってくれるのです。とくに経営支援の専門家は、事業分析に長けています。財務や税務、決算書などの帳票類から事業の現状を分析し、的確な対策を提案してくれます。

経営者にとってはハードルが高いミッションでも、専門家であれば日常的に行っている業務であり、円滑に進めてくれることでしょう。

 

失敗から成功に転換させるために必要なこと。
粘ることは経営にとって重要なことではある。しかし失敗した理由が分からずに同じ挑戦を何度も繰り返すのは賢い選択とは言えない。失敗の原因を見つけ出し、改善し、再び挑戦することが、成功につながると考える。
その失敗の原因を洗い出し改善する作業は、専門的知識や経験がなければ難しいのが現実だ。だからこそ専門家の力を借りるのだ。

 

資金調達の理由 何を目的として資金調達するのか

「資金調達」と一口にいっても、どのような目的で資金を手に入れるのかを明確にしなければなりません。

  • 売り上げ減少が懸念されるため当面の運転資金を確保する
  • 事業拡大目的で設備投資を行なう
  • 従業員が事故を起こし、損害賠償請求が発生した

このほかにもさまざまな理由が挙げられるでしょう。この目的を明らかにした状態で資金調達しなければ、審査に通過することが難しかったり、お金があっても有効活用できない状態となってしまいます。

そもそも資金調達には「ポジティブな理由」と「ネガティブな理由」の2つがあると思います。

資金調達のポジティブな目的

ポジティブな理由で資金調達を検討する場合、重要になるのが「資金を得た後の運用効果」です。

新規設備の購入や新しい販路開拓といった理由の場合、資金運用の目的は「投資」です。投資は将来的に回収が見込まれるものでなくてはいけません。

現在の事業基盤に問題がなく、経営黒字が数期続いている状態ではじめてポジティブな資金調達を検討できるでしょう。ポジティブな資金調達を行なう場合、専門家に頼らずとも資金調達自体はそれほど難しくはないことでしょう。金融機関に融資を申し込んだとしても、事業が上手くいっている状態であれば審査に落ちる可能性は低いと考えます。

そのため資金調達支援を専門家に依頼する場合は、ネガティブな理由があるときにこそ効果があると考えます。

ネガティブな理由の場合 資金繰りが悪化している原因も改善しなくてはならない

資金調達の理由がネガティブな場合、資金繰りが悪化している原因を改善しなければ、資金繰りの改善は見込めないでしょう。資金調達専門家は当面の資金調達支援はもとより、資金繰り悪化の原因と対策についても支援をしてくれます。

経営状況が好調であり、投資などのポジティブな理由で資金調達をする場合には、専門家の支援を受けずとも容易に融資による資金調達が可能でしょう。しかし資金繰り悪化を改善するための資金調達の場合、経営者1人の力では調達そのものが難しくなる可能性があります。

そもそもネガティブな理由で資金調達を行なう場合、事業の財務状況は悪化傾向にあることがほとんどです。そのような状況では、金融機関からの融資はまず望めないでしょう。

だからこそ、資金調達専門家、事業の資金運用・管理のプロが当面の資金調達支援と資金繰り悪化改善を行なうことで「融資審査に通過しやすくなる事業の体制づくり」ができるのです。

参照 資金繰りが厳しいときの対処方法 「原因の改善」ではなく「現状の早急な改善」である

 

 

その資金調達は本当に成功?
資金調達は事業状況が悪くなければ誰が行ってもできるものだ。しかし資金調達ができたから成功なのか?と言われるとそうではない。
高い利息であったり、希望した金額ではない場合、果たしてそれを成功といえるだろうか?
専門家を通すことで、利息を下げることができたり、調達額をアップすることが期待できるのだ。

 

 

島根県の資金調達に強い専門家 島根で融資や資金調達に強い専門家を紹介 2の画像
銀行融資で資金調達 金利の低い銀行から賢く資金調達する方法
資金調達する際に、まず初めに思いつくのは「銀行からお金を借りること」ではないでしょうか?銀行からの融資は、数ある資金調達の中でもトップクラスに金利が低いのが魅力です。 しかし誰でもお金を借りられるのか?というとそんなことはありません。銀行か...

 

島根県の資金調達 関連ニュース

タイトルとURLをコピーしました
目次へ