HOME

福島県の資金調達に強い専門家 福島で融資や資金調達に強い専門家を紹介

福島県の資金調達に強い専門家 福島で融資や資金調達に強い専門家を紹介 資金調達の専門家を探す
\ 即日対応!すぐに資金調達可能! /
 

福島県の資金調達に強い専門家 福島で融資や資金調達に強い専門家を紹介

ここでは福島県で資金調達に強い専門家を紹介しています。

事業運営に必要な資金である運転資金と、事業運営に欠かせない設備関連整備や導入に必要な設備資金は事業の売上から捻出されるものです。しかし売上が低迷することによって、運転資金と設備資金が捻出できなくなる場合があります。この事業資金(運転資金+設備資金)が枯渇することで、事業が継続できない状態、つまり倒産や解散、休業といった状況になる場合もあるのです。

経営者として事業を継続するためには、事業で売り上げを上げるか事業以外から資金を調達するかの2択となります。外部から資金調達する際には慣れている人ならまだしも、あまり資金調達業務の知識や経験が乏しい場合には、思うように資金を入手するのは難しいでしょう。

資金調達をスムーズにすすめるための1つの方法として「資金調達の専門家に資金調達の支援をしてもらう」という方法があります。資金調達の専門家は融資や補助金・助成金、またはそれ以外の資金調達手段の知識を有しており、さらに資金調達の経験も複数持っています。スムーズな資金の調達を望むのであれば、専門家のサポートは必須であると考えます。

税理士法人三部会計事務所特徴1特徴2特徴3
税理士法人三部会計事務所

融資対策・補助金・助成金申請支援に強い

グループ法人であるためワンストップでの対応が可能

資金調達以外では人材育成などの事業者が求める支援も行っている

福島県郡山市に本店を構える専門家です。税理士法人となっていますが、グループ会社には行政書士やフィナンシャルプランナーなど、経営支援に特化した専門家を多く抱えています。資金調達では融資対策に強く、銀行融資に必要な事業計画書の作成支援や銀行との交渉に同席してもらえるなど、融資を求める経営者に取って心強いサポ―トが特徴です。

有限会社インキューブ特徴1特徴2特徴3
有限会社インキューブ

10年以上金融機関顧問として活動してきた経験がある

補助金・助成金の申請支援に強い

小規模事業者から中小企業まで幅広いクライアントに対応可能

いわき市に事務所を構える専門家法人です。コンサルティングがメインの専門家ですが、資金調達についても多くの実績があります。もともと大手金融機関で顧問を行っていました。その経験を活かした事業融資支援は多くの事業者を助けています。

ニア・コンサルティング株式会社特徴1特徴2特徴3
ニア・コンサルティング株式会社

補助金・助成金のスペシャリスト

多数の資格を取得しているワンストップ型の専門家

福島県だけではなく宮城県にもコネクションがある

福島市に事務所を構える専門家です。補助金・助成金のスペシャリストとしても有名です。国の補助金や助成金だけではなく、福島県内の市町村まで多岐に渡る補助金と助成金の申請支援をしています。また、多数の資格をもつ専門家でもあり、ワンストップで補助金・助成金の相談ができるのもメリットです。

福島県の資金調達に強い専門家(税理士)

税理士法人三部会計事務所

税理士法人三部会計事務所

昭和40年創業の「税理士法人三部会計事務所」はワンストップで経営者の悩みを解決できる専門家です。税理士としてだけではなく、行政書士やM&Aなど専門知識が求められる専門家チームが事業発展のために尽力してくれます。

融資対策と補助金・助成金申請に強く、とくに融資対策では事業計画作成支援はもとより、バンクミーティングにも同席してくれるなど、心強いサポートが特徴です。融資を受けるためには審査に通らなくてはなりません。審査通過の最重要ポイントとなる事業計画とバンクミーティングで支援してくれるのは経営者にとって心強く感じることでしょう。また、経営会議にも同席し、第三者視点から事業発展のための提案を積極的に行ってくれます。

資金調達以外では、人材育成支援や不動産の有効活用といった支援も行っています。ワンストップで経営の悩みを解決できる専門家として頼れる税理士法人と言えるでしょう。

3つの注目ポイント

  • 融資対策では事業計画作成支援、補助金・助成金の申請支援では採択実績も豊富
  • さまざまな士業を傘下に抱える専門家グループ法人だからワンストップで悩みを解決できる
  • 人材育成では実践的プログラムを研修に取り入れられるなど支援も行っており、経営以外のサポートも行っている

情報

住所福島県郡山市緑町16-1
電話番号024-922-1300
URLhttps://sanbe.co.jp/

有限会社インキューブ

有限会社インキューブ

「有限会社インキューブ」は、2003年に設立された経営コンサルタント会社です。10年以上金融機関の顧問を務めるなど、資金調達で信頼できる実績を持っています。また、事業規模に応じた融資支援も高く評価されています。

小規模事業者や中小零細企業は日本政策金融公庫、民間の金融機関であれば信用組合の事業者ローンを提案するなど、依頼者の事業規模に合わせた融資支援を行っているのが特徴です。

補助金や助成金の申請支援経験も豊富です。ものづくり補助金や創業補助金といったメジャーな補助金から、グループ補助金のような特殊な状況下での補助金採択実績もあります。数十万円~数億円規模の補助金・助成金採択実績を持っているのも強みでしょう。

3つの注目ポイント

  • 10年以上金融機関顧問として活動してきた経験があり、金融機関の仕組みや融資する側の気持ちを理解した金融調達対策支援を行っている
  • 補助金・助成金の申請支援に強く、数十万円~数億円規模の採択実績がある
  • 小規模事業者から中小企業まで幅広い事業者への支援経験があり、資金調達以外の経営課題についても相談できる

情報

住所福島県いわき市平作町2-1-9エビスビル2F
電話番号0246-46-1151
URLhttp://in-cube.co.jp/

ニア・コンサルティング株式会社

ニア・コンサルティング株式会社

「ニア・コンサルティング株式会社」は2014年開業の総合コンサルタント会社です。代表は行政書士事務所での経験を持ち、その経験を活かして中小企業や小規模事業者支援を行っています。補助金や助成金の申請支援に強く、国の制度だけではなく、福島県内市町村ごとの補助金・助成金制度に精通しています。

採択実績も豊富で、補助金や助成金の申請について相談したい場合には頼れる専門家といえるでしょう。

また宮城県にも支店を持ち、宮城県内の事業所の対応も可能である点が強みといえます。相談は無料ですので、補助金や助成金について気軽に問い合わせしてみるものよいでしょう。

3つの注目ポイント

  • 補助金・助成金支援をメインに行っており、多数の採択実績がある
  • 行政書士や社労士、中小企業診断士など多数の資格を取得しており、補助金や助成金の相談にワンストップで対応できる
  • 宮城県にも支店があり、宮城行政書士会や仙台商工会議所にもコネクションがあるため、事業所が宮城県にもある場合に対応が可能

情報

住所福島県福島市御山字田中22番地の7
電話番号024-525-0205
URLhttps://near-consulting.jp/

福島県内の資金調達専門家に依頼した方が良い理由

資金調達の専門家に依頼する場合、どの専門家に依頼するべきか迷うことでしょう。今はインターネットで簡単に専門家を探せる時代です。「資金調達 専門家」で検索し、ページ上部に表示されている専門家からチェックするのが今の時代の専門家の探し方です。

しかし「資金調達 専門家」で検索した場合、その検索範囲は全国規模に渡ります。福島県の事業所なのに、東京や北海道といった遠方の専門家ばかりをチェックしていませんか?どうして事業所地にいる専門家の利用を検討しないのでしょうか?

資金調達を専門家に依頼する場合、事業所の住所地にいる専門家を選んだ方が良い理由をお話しします。

事業の地域制を理解している

日本の自治権は基本的に「県」です。仙台市や横浜市といった、経済が集中している地域であれば別ですが、経済は「県単位」で考えるのが一般的です。

福島県の場合、東日本大震災の復興など特殊な事情が事業にかかわっていることがあります。もし他県の専門家に依頼した場合、福島県のおかれている状況を理解してくれるでしょうか?他県では「当たり前」のことが福島県では難しいという現状を理解してくれるでしょうか?

もちろん、資金調達の専門家は全国規模での支援を行っている所もあります。しかし、本当に事業者の事情をきちんと理解した上で支援をしてくれるのかは未知数です。事業の地域性を理解しているからこそ、地元福島県の専門家に依頼した方が、資金繰り問題の解決もスピーディーに進む可能性が高いのです。

地元の金融機関とコネクションを持っているから

全国規模で中小企業や小規模事業者を支援している専門家は、銀行融資申込支援の場合、支援できることは限られます。金融機関からの融資による資金調達では提出するための書類作成支援程度しかできません。銀行まで同行して、返済計画書などの説明補助をしてほしいと思っても、近場ではないため難しいのです。

地元の専門家であれば、過去の依頼で地元の銀行とコネクションを築いていることでしょう。もちろん銀行へ同行して、融資申込書類の説明補助のような業務も行ってくれます。それはやはり地元の専門家だからです。

過去の依頼でほとんどの金融機関とコネクションがあるのは間違いありません。融資審査にも有利に働く場合もあります。地元の専門家を選ぶ利点は融資審査にあると言っても過言ではないのです。

商工会などを通じてほかの士業などと連携してもらいやすくなるから

県単位で活動している資金調達の専門家は、基本的に商工会や商工会議所を仲介しています。もし専門家が税理士で、中小企業診断士的な支援が必要になった場合、商工会を仲介して、さらに詳しい専門家と連携して支援を継続させられます。

これが他県の支援機関の場合、簡単にほかの専門家と連携するのは難しいでしょう。最初にお話しした地域性を理解していなければなりません。地元専門家の場合は、地域性を理解したほかの専門家からアドバイスをもらえるため、融資のような資金調達で成功する確率が高くなるのです。

専門家に資金調達を依頼しない場合に起こるデメリット
専門家に依頼せずに資金調達を行ない、もし失敗した場合に起こりうるデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

融資申込をした金融機関で次回の金融調達が難しくなる

金融機関に融資を申し込む場合、必要になるのが「事業計画書」や「返済計画書」といった返済に関する証明書類です。専門家に依頼しない場合、融資を申し込む事業者、つまり経営者が計画書を作成しなくてはなりません。

事業計画書はただ作れば良いという書類ではありません。金融機関の融資担当者を納得させるだけの説得力が無ければ融資を許可してもらえないのです。

金融機関からの融資申込に失敗した場合、申し込んだ金融機関からは

• 資金繰りが危うい事業者

• 資金調達も満足にできない(事業計画書を作れない)事業者


というレッテルを貼られてしまいます。レッテルだけで済めば良いですが、問題は資金繰りが悪化していると見なされて、次回以降の融資申込に通る可能性が低くなってしまう可能性もあるのです。金融機関は資金繰りが危うい事業者へ融資を行いません。回収の見込みが立たない事業者に融資を行うことはないでしょう。

金融機関も慈善事業ではありません。融資を行い、その利率を利益として得ているのが金融機関です。利益を生み出さない融資はしませんし、将来的な融資も見込めなくなってしまうのです。

もらえるはずの補助金や助成金がもらえなくなる

補助金や助成金には申込期限があります。また、申し込む際に提出が必要となる書類関係に不備があった場合、本来はもらえるはずの補助金や助成金がもらえなくなってしまうこともあるのです。

補助金や助成金は「情報が命」です。補助金や助成金の情報はニュースなどで報道されません。自分自身で中小企業庁などの行政の情報を掴まなければ、補助金や助成金があることすらわからないのです。

専門家に資金調達支援をしてもらうことで、定期的に補助金や助成金情報を教えてもらえます。しかし、依頼しない場合は自分自身で情報を掴めれば問題ありません。掴めない場合には補助金や助成金の申込期限がとっくに過ぎてしまっていた、ということにもなりかねないのです。

また、補助金や助成金の申込に必要な書類に関しても、専門家の支援を受けると受けないとでは採択される確率が変わります。問題なく申請書を記入して、必要書類を提出していれば問題ありません。しかし、申請書の記入ミスや必要書類が揃っていないといった簡単なミスがあることで、もらえるはずの補助金や助成金がもらえなくなってしまうのです。

資金繰りが失敗することで事業運営が難しくなる

資金調達方法には融資や補助金、助成金以外にもさまざまな手法があります。しかし、専門的な知識が必要な手法もあります。資金調達そのものを失敗すると、事業運営事態が難しくなるでしょう。

事業運営に必要な資金が調達できないだけで、材料費や人件費といった経費の支払いができなくなりますし、事業拡大などはもってのほかです。資金繰り、資金調達をスムーズにすることは、自分の事業を守り、大きくすることにもつながるのです。

 

福島県の資金調達に強い専門家 福島で融資や資金調達に強い専門家を紹介 2の画像
銀行融資で資金調達 金利の低い銀行から賢く資金調達する方法
資金調達する際に、まず初めに思いつくのは「銀行からお金を借りること」ではないでしょうか?銀行からの融資は、数ある資金調達の中でもトップクラスに金利が低いのが魅力です。 しかし誰でもお金を借りられるのか?というとそんなことはありません。銀行か...

 

福島県の資金調達 関連ニュース

タイトルとURLをコピーしました
目次へ