HOME

福井県の資金調達に強い専門家 福井で融資や資金調達に強い専門家を紹介

福井県の資金調達に強い専門家 福井で融資や資金調達に強い専門家を紹介 資金調達の専門家を探す
 
\ WEB調査結果「満足度NO1!」 /
 

福井県の資金調達に強い専門家

ここでは福井県で資金調達に強い専門家を紹介しています。

福井県において近年、資金繰りの悪化による倒産件数は徐々に減少傾向にあるとされています。それでも売上の減少や原材料の高騰などが原因で資金繰りに苦しんでいる事業者がいることも確かです。また現在安定した経営状態も、ふとしたことで傾いてしまう可能性もあります。

資金繰りというものは、悪くなってから対策を行なっては遅いとされています。悪くなる前、悪くなると予想される前から対策をした方がダメージも少なく済みます。しかし、忙しい業務の合間を縫って資金繰りの安定化をするのは、経営者にとってかなり難しいことでしょう。

そこで利用を検討したいのが「資金繰り対策を資金調達の専門家に依頼する」ことです。

現在顧問になってもらっている税理士や会計士に資金繰りをモニタリングしてもらいつつ、悪化した場合にはすぐ対策できるような体制にしておくことがベターといえるでしょう。ところが実は意外と資金調達を苦手とする士業がいて、資金繰りが悪化したときの最適な対策案、そして解決策を提示してもらえないこともあるのです。

そのような時には、セカンドオピニオンとして外部の専門家に資金繰りの状態を確認してもらい、万が一に備えておくことが効率的と考えます。

福井県の資金調達に強い専門家一覧

藤井俊彰税理士事務所特徴1特徴2特徴3
藤井俊彰税理士事務所

補助金・助成金申請支援に強い

経営診断から経営計画サポートまで

優遇税制の活用支援も行っている

「経営者の目標達成・夢実現」を理念にしている専門家です。補助金・助成金申請に強みがあり、実務能力の高さと実績豊富な点が特徴でしょう。

補助金申請支援では事業者の目的に合わせた対象診断を行っており、わかりやすい説明と適確なサポートをしてくれる専門家です。

左近経営事務所特徴1特徴2特徴3
左近経営事務所

元銀行マンで金融機関からの融資調達支援に強い

副社長経験があり、企業再生の実績がある

経営現場経験のある専門家

近年、産業振興が活発化している鯖江市に事務所を構える専門家です。融資調達支援と企業再生支援に力を入れています。代表が元銀行マンで、30年以上に渡って融資業務などに携わってきました。その際の経験を活かした融資申込み支援を得意にしています。また、一般企業の副社長を2社務めており、実際にその会社を立て直した実績もある専門家です。

コトブキ経営支援パートナー特徴1特徴2特徴3
コトブキ経営支援パートナー

資金計画の見直しから資金繰りの安定化まで支援してもらえる

補助金採択実績が豊富

コンサル業務をしながら資金繰りの改善も行っている

福井市に本拠地を構える専門家です。中小企業診断士資格を持っており、経営革新等支援機関にも認定されています。資金繰り計画から資金調達、資金調達後の安定化までを包括的に行っていることが特徴です。補助金採択実績も多く、製造業から建設業まで、幅広い業種の支援を行っています。

福井県の資金調達に強い専門家

藤井俊彰税理士事務所

藤井俊彰税理士事務所

ベテラン専門家の「藤井俊彰税理士事務所」は、時代の流れに合わせて、中小企業や小規模事業者の経営支援、とくに資金調達支援に力を入れています。

資金調達支援においては、豊富な実績を持っている点が強みといえます。事業者の目的や目標に合った補助金診断からスタートし、申込みに必要な書類の作成支援(代行も行っている)まで網羅した支援を得意にしています。

利用したい補助金があるならば、最初に相談したい専門家といえます。

3つの注目ポイント

  • 補助金・助成金申請支援に強く経験豊富
  • 起業・開業の相談から経営診断・経営計画策定までサポート
  • 優遇税制の活用支援も行っており資金の調達と節税にも強い

情報

住所福井県福井市乾徳1丁目9番5号
電話番号0776-23-6700
URLhttps://www.fujii-office2019.com/

左近経営事務所

左近経営事務所

平成26年開業の企業再生専門家が「左近経営事務所」です。元銀行マンで30年以上のキャリアがあります。福井銀行鯖江支店や福井銀行中央支店の店長を歴任したバリバリの銀行マンが前身です。銀行退職後に、企業再生の目的で一般企業に転職し、見事2社の企業再生に成功しています。

経営コンサルタントとして、借入金が多く、資金繰りが悪化している事業の支援をメインに行っています。最大の強みは元銀行マンであることを活かした「融資調達支援」です。事業計画の策定から実行、金融機関取引や補助金の申請支援などを通して事業者の資金繰り問題を解決してくれます。

事業の問題点を把握する術に長けており、実際に現場で企業再生に携わってきた経験は机上の空論ではない生きた意見として、大いに参考にになることでしょう。

3つの注目ポイント

  • 銀行の支店長経験を活かした融資調達支援が得意
  • 企業再生の手腕を見込まれ、一般企業の副社長に就任。2社の企業再生実績をもつ
  • 経営現場経験のある専門家として事業者目線からの支援を行っている

情報

住所福井県鯖江市神中町3丁目2-1
電話番号0778-52-6007
URLhttps://www.sakonsabae.com/

コトブキ経営支援パートナー

コトブキ経営支援パートナー

2015年創業の経営支援に特化した専門家が「コトブキ経営支援パートナー」です。中小企業診断士として経営革新等支援機関にも認定されている実務能力が高い専門家です。「お金をかけずに業績向上」と「実効性重視」のコンサルティングを信条にしています。

資金調達支援では、資金計画の見直しから事業の効率性の分析など、経営全体の分析を踏まえた適切な支援が特徴です。予算設定から資金繰りの管理までを一元的に管理することで、事業者の財務状況に合わせた改善提案をしてくれます。

補助金・助成金の申請支援においては、事業者からのヒアリングを通して対象事業診断と手続き代行を行っています。採択実績も多く、ほぼ丸投げでの委託が可能です。

3つの注目ポイント

  • 資金計画から調達後のアフターサービスまで資金繰り全般の支援をしてくれる
  • 補助金申請の手続き代行を行っており、採択実績も多い
  • 資金繰り改善と並行して事業全体のコンサルティングも行える

情報

住所福井県福井市花堂中2丁目15-67
電話番号0776-97-5425
URLhttps://www.masadohi.com/

福井県の銀行で資金調達

福井銀行

福井銀行

  • ビジネス応援ローン「Q-pit」
    運転資金を融資。50万円~1,000万円、最長1年、年3.0%~13.0%。元金均等返済。
  • ふくぎん創業支援ファンド
    創業、新事業に必要な事業資金のために最大1,000万円、最長7年。原則3日以内に審査回答。
  • ビジネスビッグライン
    貸越限度額を設定して必要なときに借入れ。運転資金として100万円~5,000万円以内、一年毎更新。
  • エコ私募債
    環境に配慮した取組みをしている事業者の社債発行を支援。3,000万円以上、2年~7年以内。
  • ふくぎんSDGs私募債
    地域社会の課題解決に貢献することが目的の商品。一回の発行金額で3,000万円~5億円以内。

情報

住所福井県福井市順化1丁目1番1号
電話番号0776-24-2030
URLhttps://www.fukuibank.co.jp/

福邦銀行

福邦銀行

  • 勇士500
    最大500万円までスピード融資。当座貸越型証書貸付型あり。金利年7.6%~14.9%。
  • 仕事名人
    個人事業主向けローン商品。担保・保証人不要で10万円~500万円、6ヶ月~10年以内、年5.0%の固定金利。
  • ビジネスカードローン【パワフル】
    事業資金のために100万円~2,000万円、1年または2年で更新可能。
  • 不動産担保ローン
    事業資金を含め使いみち自由。100万円~1億円、最長35年、2.975%~8.975%。

情報

住所福井県福井市順化1-6-9
電話番号0776-21-2500
URLhttps://www.fukuho.co.jp/

福井信用金庫

福井信用金庫

  • 創業支援資金
    創業時の事業資金を融資。証書貸付型で最大500万円まで、最長10年。元利均等返済または元金均等返済。
  • ふくしん事業者向けローン「商売上手」
    事業資金のために最大500万円、最長10年、元利均等返済、証書貸付型。
  • ふくしん個人事業者向けローン「ビジネスプラン」
    個人事業主が対象の商品。10万円~500万円、最長10年。

情報

住所福井県福井市田原2-3-1
電話番号0776-25-8500
URLhttps://www.shinkin.co.jp/fukushin/

敦賀信用金庫

敦賀信用金庫

  • ビジネスサポート
    法人・個人事業主が対象で300万円以内、事業資金を融資。原則担保不要。
  • つるしん新規開業ローン
    創業時、創業後に必要な事業資金を融資。500万円まで、最長7年。
  • つるしんバックアップローン
    運転資金を調達。限度額1,000万円、最長5年。元金均等返済。
  • つるしんリレーションローン
    運転資金、設備資金のために最大2,000万円、最長5年。
  • 月商ローン
    5年以上営業している事業者が対象の商品。運転資金として1,000万円以内、最長5年。
  • 楽商ローン
    運転資金として100万円~500万円、最長5年で6ヶ月間据置が可能。元利均等返済または元金均等返済。

情報

住所福井県敦賀市本町一丁目11-7
電話番号0770-22-3500
URLhttps://www.shinkin.co.jp/tsuruga/

小浜信用金庫

小浜信用金庫

  • はましん創業支援資金
    創業期の事業者を支援。最大500万円まで、最長15年で据置期間最長2年。変動金利型。
  • 事業性資金(信頼 <SI-N-RA-I>)
    原則担保・保証人不要で10万円~500万円、最長13年。証書貸付型。
  • ビジネスローン(信頼Ⅱ)
    2年以上営業している個人事業主向けの商品。500万円まで、融資期間5年以内。
  • 事業性資金 はましん税理士会提携ローン
    運転資金、設備資金として1,000万円以内、最長10年。変動金利型。
  • 事業性資金 信頼 <SI-N-RA-I>(はましん商工会議所提携ローン)
    最大500万円まで、最長13年以内。事業資金として。
  • 事業性資金 信頼 <SI-N-RA-I>(はましん法人会提携ローン)
    小浜法人会会員の法人が対象。10万円~500万円。
  • 農家サポートローン (穂<MI-NO-RU>)
    農業経営者が設備資金のために10万円~1,000万円、最長15年。変動金利型。

情報

住所福井県小浜市大手町9-20
電話番号0770-53-2111
URLhttps://www.shinkin.co.jp/obama/

越前信用金庫

越前信用金庫

情報

住所福井県大野市日吉町2-19
電話番号0779-66-1313
URLhttp://www.shinkin.co.jp/echishin/index.html

福井県での資金調達で融資支援を専門家に依頼 書類作成や交渉の代行がカギ

資金調達の専門家の役目は多岐にわたり、その1つとして「融資支援」が挙げられます。融資支援とは主に2つに分かれており、融資を申し込む際に提出する書類の作成支援と審査での交渉などを指します。

資金を調達する手段の中で、事業者が最初に思い浮かべるのは金融機関からの融資でしょう。ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家のような資金調達方法もありますが、資金繰りが厳しい中小企業や小規模事業者がそれらを活用して資金調達するのはハードルが高いといえます。

参照 事業者のための11の資金調達方法

 

金融機関からの融資を受ける上で難関となるのが「融資審査」です。融資審査で重要になるのが以下の3つの書類とされています。

3つの書類
  • 申込書
  • 帳票類
  • 返済計画書

書類の出来が融資審査の合否に影響してきます。

上記の書類は経営者自身、もしくは経理担当者でも作成できることでしょう。しかし、事業の経理業務と融資申込に必要な書類では、求められる知識が異なります。事業全体のお金の流れを把握した上で正しい数字を記載しなければならないのです。

経営者や経理担当者が作成する書類がつたないものとは言いません。ですが、事業運営に必要な大事な資金調達だからこそ、お金のプロである専門家に融資支援を依頼したほうが、失敗のリスクを減らすことができるのです。

そんな専門家の融資支援ですが、具体的にどのような支援を行っているのかをお話ししていきたいと思います。

事業収支の現状分析・計画の修正

依頼者の事業状況を分析します。年度初めに設定された予算や予想売り上げと、現在の予算と売上実績の乖離を確認しながら、予算や売上予測の修正を行います。融資を含む資金調達支援では、依頼者の事業状況を確認した上での支援計画立案が重要になるのです。

経費の精査

予算計画の分析と修正を行ない、融資申込み支援業務をはじめる前に、経費内容の精査を行なう専門家もいます。無駄に使っている経費の確認をすることで、資金調達が成功した後の資金繰りを安定化させる目的で行われます。

場合によっては融資支援よりも重要な業務になることもあるでしょう。とくに売り上げの増減は無いものの、経費の圧迫が原因で資金難に陥っている事業については、細かい部分までチェックしてくれます。

資金繰り表・資金繰り計画表の作成

資金繰り表は、会社のお金の流れを把握するための表です。資金繰り計画表を作成することで、事業者は事業での資金の動きを把握しやすくなり、資金調達の優先順位が付けられるようになります。

参照 資金繰り表の見方と分析方法

 

資金繰りが悪化している事業者ほど、資金繰り表の内容が精査されずに作られていることが多いです。資金繰り表の作成が資金繰り改善の第一歩になることもあります。専門家が売り上げや経費の内訳などを細かく分析して、資金の動きが把握しやすい資金繰り表の作成支援を行なっています。

資金繰り計画表は、将来的な事業における資金の流れを表にまとめたものです。これは融資審査の際に提出する書類にもなります。融資担当者がチェックを行ない、もし数値に矛盾した部分がある場合には融資審査に通らなくなる可能性もあります。資金繰り計画表は、自分の事業運営のため、そして融資審査のためにも重要な書類となります。

融資商品の提案

融資で重要なのは「どの融資商品を利用したら良いのか?」という点です。金融機関の融資商品には多くの種類があります。同じ金融機関でも借入期間や利率に違いがある融資商品もあるのです。

融資商品を選ぶ際、事業者の経営状況や資金繰り状況に合ったものをチョイスしなければなりません。いくら高額の融資調達に成功したとしても、返済に窮するような融資では、申し込みをしない方が得になる場合もあるでしょう。

専門家の目線から自分の事業に適した融資商品を選んでもらうことで、無理のない資金調達が可能になるのです。

専門家が金融機関との交渉を代行・同行してくれる

専門家によっても異なりますが、金融機関との交渉を代わりに行ってくれたり、同行してくれる場合があります。

金融機関との交渉は融資審査前の重要な段階です。いくら書類の内容が優れていても、交渉時の失敗が原因で審査通過できないというケースも考えられます。

たとえば次のような交渉の失敗です。

 

ロボ
金融機関
資金繰り計画書に記載されている数字の根拠、教えて。

売掛金がある状態
事業者
え~と・・・それは・・・。(しっかり準備してきたのに緊張で頭が真っ白だ・・・)


 

交渉の場になると、なかなか思ったように話をすることができない人もいます。たとえ提出書類に書かれている内容をしっかりと把握していたとしてもです。

金融機関の融資担当者からしてみると、しっかりと説明をしてくれない事業者に対しては不安の感情を抱いてしまいます。もしかしたら融資したお金が回収できないかもしれないという思いになるのです。結果、審査が良い方向に進みづらくなってしまいます。

そのような時に、金融機関への同行してくれる専門家の存在は非常に大きなものとなります。申込者本人である経営者と一緒に金融機関まで同行し、申込交渉の場で提出した書類の補足説明などを行ってくれます。

専門家は多くの融資支援の成功経験があります。交渉自体も常日頃から行っています。慣れている専門家に交渉代行や説明補助をしてもらうことで、交渉の場で失言や数字の根拠説明のミスなどをカバーできるでしょう。

 

専門家にサポートお願いしたほうが明らかに良いだろう。
お金を貸す立場になって考えてみろ。どういった人間に対してだったらお金を貸すだろうか?
提出してもらった書類に記載してある内容を聞いてもハッキリした答えが返ってこない・・・。そんな事業者にプラスの印象を感じるだろうか?
不安であれば、資金調達に慣れている専門家のサポートを受けたほうが絶対に良いのは明らかだ。

 

交渉面接のシミュレーションは大事

専門家に交渉面接に同行してもらえる場合においても安心するのは危険です。

融資を受けるのは事業者自身であり、同行してくれる専門家ではありません。専門家の力を借りる前提だったとしても、事業状況をある程度把握しておく必要があるでしょう。

そのため、交渉面接前にシミュレーションを行うことで交渉の流れを把握できますし、説明補助をする箇所の確認などもできるでしょう。

現在の借入金のリスケ交渉支援

融資だけが金融機関からの資金調達ではありません。月々の支払い額を減額してもらう「リスケジュール(通称リスケ)」も立派な資金調達手段です。

リスケ交渉は現在毎月支払っている返済額を減らし、返済期限を伸ばす交渉です。

リスケに成功すれば返済期限は伸びますが、その分毎月の返済額を減らすことが出来ます。このリスケ交渉も専門家の支援で成功する確率が高くなります。

現在の借入金の借換交渉支援

たとえば現在金融機関から融資を受けていたとします。そしてさらに年利の低い融資を見つけたとしましょう。そのような場合、借入元を変更する「借換」を検討してみるのもよいでしょう。

たとえば次のようなケースです。

  • A銀行:1億円の借入金で利率が5%を借入して返済中
  • B銀行:1億円の借入金で利率が3%に乗り換えたい

A銀行からB銀行の融資商品に借換えることで、2%の利率分の資金に余裕が生まれます。この借換支援を専門家に依頼することでスムーズに借換による資金調達が可能になるのです。

 

借り換えを検討していることを伝えるだけでも効果があるケースもある。
借換を検討していることを現在融資を受けている金融機関に伝えるといった交渉方法もある。ただし慎重に行わなければならない。

 

資金調達専門家が得意とする補助金・助成金申請支援とM&A事業承継による資金調達

専門家が得意とする資金調達方法には融資以外にも、「補助金・助成金申請支援」と「M&A事業承継による資金調達」があります。

補助金・助成金申請支援の内容

専門家によって支援内容が異なります。

口頭でアドバイスのみを行う専門家もいれば、申請書の作成を代行してくれる専門家もいます。

補助金・助成金申請支援で一般的に行われている支援は次の3つです。

  • 補助金・助成金対象事業者であるかの確認と提案
  • 計画書の作成代行・代筆
  • 提出添付書類の確認業務

参照 補助金・助成金は返済義務のない資金調達方法

 

M&A事業承継による資金調達支援の内容

事業者が抱えている事業を単体で他の事業者へ売却して資金を得る方法が「M&A事業承継による資金調達」です。事業本体ではなく、事業の一部という部分を間違えないようにしましょう。

もっとも難関なのは、売却先の事業者探しです。売却先の事業者にとって有益な事業でなければ売却そのものが成立しません。そのために重要になるのが「マッチング」です。

この支援を行っている専門家は、この「マッチング」を得意にしています。より高く売却できる事業者とマッチングさせる重要な部分を専門家が行ってくれるのです。

参照 M&Aマッチングサイト7選 M&Aマッチングサイトを利用して資金を調達しよう

 

 

福井県の資金調達に強い専門家 福井で融資や資金調達に強い専門家を紹介 2の画像
銀行融資で資金調達 金利の低い銀行から賢く資金調達する方法
資金調達する際に、まず初めに思いつくのは「銀行からお金を借りること」ではないでしょうか?銀行からの融資は、数ある資金調達の中でもトップクラスに金利が低いのが魅力です。 しかし誰でもお金を借りられるのか?というとそんなことはありません。銀行か...

 

福井県の資金調達 関連ニュース

Error: Feed has an error or is not valid.

タイトルとURLをコピーしました
目次へ