HOME

静岡県の資金調達に強い専門家 融資や資金調達に強い専門家紹介

静岡県で資金調達 資金調達の専門家を探す

静岡県で資金調達

ここでは静岡県で資金調達に強い専門家を紹介しています。

事業を行う上で大事な事業資金や運転資金、創業資金を得ることは意外とハードルが高いものです。申請書類が多かったり、手続きが難しかったり、書類に書かれている内容がよく分からなかったり、そもそもどのような資金調達を利用するべきかを悩んでいる事業者は多数います。

でもそれは仕方のないことです。事業者は資金調達の専門家ではないためからです。

そのため、事業に関する資金に関しては常日頃から資金調達に携わっている専門家のアドバイスを受けたり協力してもらうことで、悩みや問題の解決につながりやすくなります。

銀行や公的融資、補助金や助成金をうまく活用し、資金繰りの悩みを解決することで事業の安定化、さらには拡大を目指しましょう。

セブンセンス税理士法人特徴1特徴2特徴3
セブンセンス

創業50年以上の確かな安心感。

複数担当制で徹底サポート

組織化したマネージメント

セブンセンス税理士法人は、静岡県内最大級の税理士事務所。旧アイクス税理士法人として静岡県内で50年以上も地域に寄り添った税理士業務を行ってきました。税理士以外にも社会保険労務士やFPなど多数の専門家が在籍してるため、あらゆるニーズへの対応が可能となっています。

中村光太 公認会計士・税理士事務所特徴1特徴2特徴3
中村光太 公認会計士・税理士事務所

新規事業・会社設立支援

税務・会計業務支援

資金調達・助成金支援

中村光太 公認会計士・税理士事務所は、新規事業設立から支援を行い、資金調達や節税まで事業者に必要なアドバイスを行っています。資金調達の際には、事業計画書の作成のみならず金融機関との交渉もお願いすることができるのは強みと言えます。

税理士事務所 AOYAGI特徴1特徴2特徴3
税理士事務所 AOYAGI

資金調達・財務コンサルティング

税務顧問・セカンドオピニオン

会社設立・法人成支援

税理士事務所 AOYAGIは、資金調達の支援から資金繰りのアドバイスを行っています。クライアントと1対1での対応をモットーとし、事業者の抱える資金調達・資金繰りの悩みに適切なアドバイスをしてくれます。

静岡県の資金調達に強い専門家

セブンセンス税理士法人

セブンセンス税理士法人

セブンセンス税理士法人は、静岡県内最大級の税理士法人です。2019年に旧アイクスグループと旧東京税経センターグループが統合することで、セブンセンスグループが誕生しました。2020年の時点では、全国に8カ所事務所を構えており、訪問社数は2000社を超えています。

税理士はもちろん、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナーなどが複数在籍しているため、事業を行う上で必要となる資金調達や資金繰りのアドバイスを受けることが可能となります。

また長く税理士法人として活動しているため、資金調達や資金繰りに役立つ情報や役立つ関連先につながりを持っているということも、大きな魅力でしょう。

3つの注目ポイント

  • 創業50年以上で確かな安心感がある
  • 複数担当制のため丁寧なサポートと適切なアドバイスをもらえる
  • 組織化したマネージメント力であらゆるニーズに対応してくれる

住所

セブンセンス税理士法人の地図

情報

住所静岡県静岡市駿河区池田3875-92
電話番号0120-7164-41
URLhttps://aiks.jp/

中村光太 公認会計士・税理士事務所

中村光太 公認会計士・税理士事務所

中村光太 公認会計士・税理士事務所は、事業で発生するお金の問題をサポートしてくれます。

創業時には、創業に必要となる書類の作成から資金調達、そして手続きのサポートを行ってくれます。そして事業を行う上で必要となる経理や決算の申告、確定申告までも代行してくれます。

さらに事業のさらなる発展を目指す場合には、事業拡大支援として、資金調達の支援から経営ビジョンの策定、助成金・補助金のサポートも行ってくれます。

3つの注目ポイント

  • 開業支援・融資
  • 決算申告・経理丸投げ
  • 事業拡大支援

住所

中村光太 公認会計士・税理士事務所の地図

情報

住所静岡県静岡市葵区呉服町 二丁目4番地6 モリビル4F
電話番号054-260-6720
URLhttps://www.kota-cpa.com/

税理士事務所 AOYAGI

税理士事務所 AOYAGI

税理士事務所 AOYAGIは、資金調達から財務コンサルティングといった資金繰りに問題を抱えている事業者をサポートを行っています。

税理士事務所であるため、資金調達や資金繰り以外にも税務顧問をお願いすることもできますし、セカンドオピニオンとして意見を聞くことも可能です。

注目すべきは実績であり、デットエクイティスワップや株式交換といった手法を用いた経験のあるところです。会社を経営する上で起こり得る資金的問題を多角的に解決する方法を熟知しているというのは、事業者にとって頼れる存在と言えるでしょう。

一般的に資金調達を依頼する際には、調達金額の5%の手数料が必要となる事務所が多い中、2%〜とリーズナブルな点も高感度が持てる点と言えます。

3つの注目ポイント

  • 資金調達・財務コンサルティング
  • 税務顧問・セカンドオピニオン
  • 会社設立・法人成支援

住所

税理士事務所 AOYAGIの地図

情報

住所静岡県静岡市葵区御幸町3番地の21ペガサート3階304
電話番号054-272-7222
URLhttps://www.blue-beat.co.jp/

資金調達で専門家の力を必要とする4つの理由

資金調達の中には専門家のサポートを受けたほうがよいものがあります。

資金調達でいうところの専門家というのは税理士や会計士などのことです。とはいっても、どの税理士や会計士でもよいわけではありません。資金調達の実績のある実力のある専門家に限られます。

専門家に依頼をして期待できるメリットは以下の通りです。

4つのメリット
  • 審査通過率が上がる
  • 交渉で条件がよくなりやすい
  • 着金日が早くなりやすい
  • 調達した資金の適切な利用方法、税金等のアドバイスが受けられる

今回はわかりやすく「交渉で条件がよくなりやすい」を例に挙げて説明してみます。

専門家の交渉で利率が下がることがある

専門家が介入するかしないかで、大きく融資条件が変わるケースがあります。

たとえば100万円を銀行から資金調達したいと考えたとします。初めに提示された利率は10%だったとしましょう。しかし専門家に代わりに交渉してもらったり専門家が用意した資料を提示することで利率が下がることがあります。今回は7%に下がったと仮定します。

すると以下のような数字の違いが生まれてきます。

 銀行融資 (専門家あり)銀行融資 (専門家あり)
調達金額100万円100万円
利率10%7%
返済回数60回60回
1ヶ月の返済額21180円19760円
最終返済額1270800円1185600円
利息の合計270800円185600円
税理士への着手金0円50000円
税理士への成功報酬0円50000円
税理士への支払総額0円100000円

一方は専門家のサポートなしで資金調達した場合。もう一方は専門家からサポートを受けて資金調達した場合です。

結果として専門家に交渉してもらうことで、利率を3%下げることに成功しました。結果として専門家にお願いしたほうが最終返済額が85200円低くなりました。

着手金や成功報酬額を支払うため、お金の面からすると14800円余計な出費となってしまいます。

 

売掛金がある状態
事業者
14800円得した!専門家を入れなくてよかった!

売掛金が入って来ないのは会社にとって大ダメージだ。
得した?本当にそう思うのか?私は損をしたと思うぞ。
書類作成や交渉などの時間を大きく浮かせられる。その時間で他のことができるのではないか?

 

自分で資金調達する場合には、銀行の書類を適切に処理し、銀行と交渉など資金調達に関わる業務を仕事の合間を縫って行わなければなりません。

しかし専門家にお願いした場合、これらの作業からは解放されます。基本的にはすべてお任せできるのです。つまり本業に集中できますし、時間を有効活用することができるのです。

そのためトータル的に考えても、専門家にサポートを依頼するのは必要であると考えるのです。

売掛金が入って来ないのは会社にとって大ダメージだ。
利用しようとする資金調達にもよるが、交渉で利率や手数料を下げられる可能性がある資金調達を利用するときには、専門家のサポートは非常に重要だ。
さらに大量に書類作成が必要だったり、絶対に資金調達を成功させなければならない場合にも、専門家の存在は大きなものとなる。
専門家に支払う報酬は必要経費であるケースが多い。

 

資金調達で必要となる費用 2つのコストに注目

資金調達をする際にはコストが必要となります。

大きく分けて必要となるコストは2種類。1つ目は、資金調達をする際に士業に依頼をした場合に必要となるコスト。もう1つは資金調達したお金にかかってくる利息などのコストです。

調達コストが必要となる 税理士に依頼する場合

税理士に資金調達を依頼すると、着手金が必要となるケースが多いです。着手金は3万円~5万円となっています。さらに調達した金額の2%~5%も手数料として支払うこととなります。

たとえば100万円を資金調達したとします。着手金が5万円だとし、さらに調達金額の5%を支払うとします。結果的に100万円調達するのに、事業者は10万円(着手金5万円+調達金額の5%の5万円)を支払うこととなり、プラスマイナスでいうと90万円の調達に成功するということになるのです。

1000万円であれば、着手金が5万円と調達額の5%として50万円。結果として55万円を事業者は出すことになり、940万円を事業者は手に入れることができるということになるのです。

これが税理士にお願いするということです。

また補助金や助成金の場合はもっと高くなってしまうケースがあります。着手金は取られることは少ないですが、調達額の15%~30%を成功報酬として支払うことになります。

調達後のコストが必要となる 利息を支払い続ける

資金調達したら終わり・・・というわけではありません。銀行融資、ビジネスローンなどの「借りる資金調達」を利用した際には、今度は返済が始まっていきます。そして返済で必要となってくるのが「利息」です。同じようにファクタリングといった「売る資金調達」の場合には手数料が引かれます。

この「利息」や「手数料」もコストとなります。

たとえばビジネスローンで100万円を調達したとします。利率は10%、返済回数は60回と仮定します。すると1ヶ月の返済金額が21180円となり、最終的には1270800円返済することになります。つまり100万円を調達するために5年スパンで考えると「270800円」の利息を支払うことになるわけです。考え方を変えると100万円調達するのに約27%の利息を支払うことになるのです。

ビジネスローンでは利率が高めなので、銀行融資で考えてみます。100万円を調達したとします。利率は3%、返済回数は60回と仮定します。すると1ヶ月の返済金額が17950円となり、最終的には1077000円返済することになります。つまり100万円を調達するために5年スパンで考えると「77000円」の利息を支払うことになるわけです。考え方を変えると100万円調達するのに約27%の利息を支払うことになるのです。

ビジネスローン銀行融資
調達金額100万円100万円
利率10%3%
返済回数60回60回
最終返済額1270800円1077000円
調達コスト270800円77000円

ファクタリングの場合は手数料は約20%前後です。そのため100万円の債権を売却したとしたら、実際手元に残るのは80万円となります。

2つのコストを足して計算してみる

2つのコストを合わせて計算してみましょう。

銀行融資
調達金額 100万円
利率 3%
返済回数 60回
1ヶ月の返済金額17950円
総返済額 1077000円

税理士の着手金 5万円
税理士への成功報酬 5%(5万円)

銀行から100万円を資金調達の際、税理士に依頼をした場合には結果として77000円+5万円+5万円=177000円が必要となるという考えにもなるわけです。

気を付けたい 借金にまつわる数字のマジック

資金調達をするときに誰もが陥る「数字のマジック」があります。

100万円を利率10%で借りて60回で完済したら約127万円返済することになります。10%だから110万円返済すればよいのでは?と思うかもしれませんが、実は違うのです。

この辺りも素人では理解するのが難しい事柄です。だからこそ専門家の意見を入れて資金調達をしたほうがよいのです。

資金調達に失敗しては何も始まらない 必要コストはかけるべき経費

資金調達には2つのコストが必要となってくるという話をしてきました。

1つは専門家のコスト。もう1つは利息や手数料のコストです。

専門家のサポートを受けなければ、1つ目のコストは削減することは可能です。ただし専門家のサポートを受けなければ、そもそも資金調達に失敗してしまう可能性があります。さらに資金調達ができたとしても条件の悪い契約により必要以上の利息を支払う可能性が出てきます。

このようなこともあり、資金調達の際の専門家のサポートは必要経費と考えてよいでしょう。

ただし繰り返しますが、確かな実績のある専門家であることが条件です。

関連ニュース

タイトルとURLをコピーしました
目次へ