HOME
   

【2021年度版】優良ファクタリング会社ランキング 人気のファクタリング会社3選

ファクタリングでの資金調達が人気の理由 借金をしないで資金ショートを解決 ファクタリングでの資金調達が人気の理由 借金をしないで資金ショートを解決

【2021年度版】優良ファクタリング会社ランキング 人気のファクタリング会社3選

2021年度版、優良ファクタリング会社をランキング形式で紹介しています。

日本国内には非常に多くのファクタリング会社が存在し、各会社にそれぞれ特徴があります。

以下でおススメしているファクタリング会社は、当サイトの考える優良基準である「資金調達までのスピード」「サービスの質」「小回り」をクリアしています。

とくに注目すべきは、紹介しているすべてのファクタリング会社が「最短即日で資金調達が可能」となっている点です。

えんナビスピード手数料特徴
えんナビ

最短即日

5%~

24時間スタッフ対応

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応していることで有名。手数料は業界最低水準~となっており、最短即日で資金調達可能。資金繰りのアドバイスを受けることも可能。

ワイズコーポレーションスピード手数料特徴
ワイズコーポレーション

最短即日

5%~

すべての業種対応

最短即日で資金調達可能。建築業・医療・介護診療債権といった幅広い債権を取り扱う。

うりかけ堂スピード手数料特徴
うりかけ堂

最短即日

2%~

業界最高水準の買取率

最短即日で資金調達可能。徹底した秘密主義で取引先に知られない。必要書類を持っていれば約2時間程度で実行可能。

目次

優良ファクタリング会社の3大定義 「スピード」・「質の高さ」・「小回り」

当サイトの考える「優良ファクタリング会社の3大定義」は以下の通りです。

優良の3大定義
  • 資金調達までのスピード
  • 質の高いサービス
  • 小回りが利き素早い対応

実は、この3つの要素をすべて兼ね備えているファクタリング会社というのは意外と少ないのです。

とくにファクタリングでの資金調達で一番重要視したい特徴は「スピード」です。早ければ即日で資金調達することができるため、スピードを求めて多くの事業者に利用されています。

即日対応がファクタリングの魅力

ファクタリングの最大の魅力の1つは、なんといっても「スピード感」です。

そのため、ファクタリングを資金調達方法として選択する事業者は、ファクタリングにスピードを求めています。早ければ早いほど都合がよいのです。

一言で「スピード」といっても、その中には以下の3つの意味があります。

  • 資金調達までのスピードが速い
  • スタッフの対応が速い
  • すぐに審査してもらえる

これらのスピードすべてが速いファクタリング会社を利用すると、即日で資金調達が可能となります。

ちなみに即日で資金調達ができるファクタリング会社は、ほんの一部です。

 

即日対応しているファクタリング会社は意外と少ない。
ファクタリング会社は数多くあるが、実際に即日に対応している会社はほんの一部だけだ。
ファクタリングでの資金調達にスピードを求めるのであれば、スピードに特化した業者を選ぶべきだ。

 

即日と謳ってはいるが実は・・・

繰り返しますが、実際に即日資金調達に対応しているファクタリング会社は、ほんの一握りです。

ところが多くのファクタリング会社の公式サイトには「即日」という言葉が使われています。「即日」という言葉を見るとスピード感がありそうに思えるかもしれません。しかし「即日」という言葉には複数の意味が含まれていることがあり、事業者の求める即日ではないことが多いため注意が必要となるのです。

4つの「即日」に注意
  1. 即日で資金調達ができる
     申し込みをしたその日の内に入金までしてくれる。
  2. 即日で審査をする
     審査は申し込みをした日だが、入金は後日となる。
  3. 審査が終わったら即日で入金する
     審査に時間をかけ、審査に通過したら審査に通過した日に入金する。
  4. 即日ではないがアピールのために使っている
     即日と謳っているがお客を取るための宣伝文句。

 

4つの即日。
ファクタリングを利用する事業者は「なるべく早く資金調達したい」と考えている。その事業者に向けて「即日」という言葉は、非常に魅力的に映るわけだ。
それを業者としてもわかっているため、この言葉を宣伝文句で利用することが多いのだ。
どれも「即日」といえば「即日」と言えないことはないからな。

 

参照 「即日」と表記しているファクタリング会社を利用するときに注意したいこと

 

質の高いサービス

当サイトでは大手ではなく中堅のファクタリング会社に注目しています。

どの業界でもいえることですが、中堅の会社は勢いがあります。大手に追いつくために大手には負けない、もしくは超えるサービスを提供しているためです。

とくにファクタリング業界では、誰でも始められる商売ではあるのですが、そのリスクの高さですぐに廃業してしまうケースも少なくありません。つまり今生き残っているファクタリング会社は、生き残るだけの実力を持っているということです。しっかりと顧客が付いているということです。

そして中堅ということは成長中ということであり、世間からの信頼を少しでも勝ち取るためにより良いサービスを提供する傾向があると考えているのです。

 

即日対応しているファクタリング会社は意外と少ない。
資金調達さえできれば・・・という考え方では失敗してしまう。実際にファクタリングを利用して失敗をしてしまった事業者も存在する。それは事業者にとって不利な契約を結んでしまったなどが原因だ。逆に言うと、不利な条件で提示してくるファクタリング会社があるということだ。数日以内に資金調達ができ、手数料が相場内であり、償還請求権ナシであれば契約を考えてもよいだろう。

 

※基本的にファクタリングの契約は償還請求権なしの契約となります。つまり売掛債権をファクタリング会社に売却しお金を受け取った後に、何かしらのトラブルが起こったとしても受け取ったお金は戻さなくても良いというものです。

小回りが利き素早い対応

ファクタリングにとって重要な要素は「スピード感」です。中堅のファクタリング会社の方が対応スピードに優れていると感じることがあります。

会社の規模が大きいと日々、多くの問い合わせがあります。そのため「大勢の問い合わせの中の1つ」となってしまい、一人のお客に多くの時間を割くことが難しくなってしまいます。

しかし中堅であれば日々の問い合わせも大手に比べると少ないため、一人のお客をサポートする時間を確保しやすいです。

ファクタリングの審査や契約は基本的には順番待ちです。人的な問題で1日の契約数には限りがあります。時間に余裕のあるファクタリング会社を利用する方が、素早く対応してくれ、その他の経営相談にも乗ってくれやすいというわけです。

 

事業の将来に影響する資金調達のファクタリング
どのファクタリング会社を利用をするのかによって、事業の将来に大きく影響するといっても良い。
失敗してしまうと、損をしてしまう可能性が考えられるのだ。

 

優良ファクタリング会社3選 おススメするにはワケがある

えんナビ

えんナビ

えんナビは、24時間365日、いつ連絡をしてもスタッフが対応してくれるファクタリング会社です。24時間体制でスタッフが対応してくれるファクタリング会社は意外と少なく、えんナビは創業当時からこの体制をとっています。資金繰りに悩む事業者の「すぐ」にいつでも対応できる体制は多くの利用者に支持されています。

その結果、顧客からのリピート率が93%以上と非常に高く、年々知名度と業績を上げ続けています。

ファクタリングでの資金調達を考えているのなら、まず初めに相談したい会社です。

3つの注目ポイント

  • 最短即日
  • 手数料は業界最低水準の5%~
  • 24時間365日対応で土日祝日もスタッフが直接対応

情報

住所東京都台東区東上野3丁目5-9 本池田第二ビル4階
電話番号0120-007-567
URLhttps://ennavi.tokyo/

 

\ 人気第1位!利用者数多数 /

「えんナビ」公式サイト
 

ワイズコーポレーション

ワイズコーポレーション

ワイズコーポレーションは最短で即日買取対応しているファクタリング会社です。最短で5時間以内で資金調達ができるというスピード感が多くの人気を集めています。

ファクタリング会社によっては取り扱っていない債権もあるのですが、ワイズコーポレーションの債権買取業種は幅広く、建設業から運送業、製造業、そして医療、介護まで対応しています。

個人事業主でも法人事業者でも、そしてどのような業種であっても、30万円以上の請求書を持っていれば、対応可能となっています。

池袋駅C6出口から徒歩3分の立地にあるため、足を運ぶのにも便利と言えます。

3つの注目ポイント

  • 最短即日
  • 手数料は5%~
  • 幅広い業種の債権買取可能

情報

住所東京都豊島区池袋2-53-12 ノーブル池袋3F
電話番号03-5924-6900
URLhttp://www.yscorpo.co.jp/

 

\ 人気第2位!ワイズコーポレーション /

「ワイズ」公式サイト
 

うりかけ堂

うりかけ堂

うりかけ堂は、売却を希望している金額が債権の金額が低い場合でも対応してくれるファクタリング会社です。多くのファクタリング会社の場合は、最低買取金額が30万円や50万円〜と設定されている中、うりかけ堂は10万円〜に設定されています。

対応地域は全国であり、手数料、買取金額、対応地域の面からしてみても、利用しやすいファクタリング会社と言えます。

3つの注目ポイント

  • 最短即日
  • 手数料は2%~
  • 買取率は業界最高水準

情報

住所東京都豊島区西池袋1-39-4 佐久間ビル3階
電話番号0120-060-665
URLhttps://urikakedo.com/

 

\ 人気第3位!うりかけ堂 /

「うりかけ堂」公式サイト
 

今回紹介している3つのファクタリング会社には、ファクタリングにおいて重要な要素である「スピード」「質の高いサービス」「小回り」といった3つの要素を全て満たしています。そしてそれぞれの会社が、ファクタリングの業界内でも知名度が比較的高く、安定した営業を行っています。

そのためこれからファクタリングを利用して資金調達をしたいと考えている事業者や、今まで他のファクタリング会社を利用してきてあまり良い印象を持たなかったという事業者は、一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

知名度の高いファクタリング会社を選ぶことが成功の秘訣!?

ファクタリング会社を選ぶポイントとして、ある程度知名度のある会社を選ぶと良いでしょう。

 

知名度のあるファクタリング会社を選ぶ
事業者
どのファクタリング会社を選んだって同じですよね?

完璧な資金調達方法は存在しない。ベストは難しいがベターを選ぶことは可能だ。
ファクタリング会社選びに失敗すれば、会社の経営状況がさらに悪化するぞ。
他の事業者が利用しているファクタリング会社を選ぶべきだ。

 

ファクタリング会社選びは、その後の経営に大きな影響を与えます。

資金繰り改善を目的として利用したファクタリングで、逆に資金繰りを悪化させてしまう可能性があるためです。意外にこの事実に気づかない事業者もいるのです。

業者選びによって経営状況の命運は分かれる

ファクタリングでの資金調達を考える事業者の多くは、他の資金調達が利用できない状況下にあることが多いです。

そのような状態でファクタリングを利用して資金調達をしたとします。一時的に資金繰り問題は解決することができるでしょう。

一時的にでも資金繰り問題を解決することができれば、金融機関からの資金調達を行うことができる可能性が高くなります。

ただしあまりよろしくない業者を選んだとしましょう。手数料は高く要求されますし、本当はいけないことですが、担保や保証人を要求されたり、さらには貸金の契約を行わされたりするという話もあります。

結果、ファクタリングを利用して一時的に資金調達ができたとして、金融機関からの融資を得られたとしても、ファクタリング会社にその後も搾取されてしまう可能性があるのです。

周りの事業者が利用している業者を選ぶ理由

ファクタリング会社を選ぶうえで大切なことが、「多くの事業者が利用しているファクタリング会社を選ぶこと」です。多くの事業者が利用しているのにはしっかりとした理由があり、意外と大事なことなのです。

その理由は以下のような感じとなります。

知名度が重要である根拠
  • 知名度があると言うことは、長い間、安定した経営を続けていると言うこと
  • つまり顧客がついているということ
  • 顧客すべてが事業者、つまり法人や個人事業の代表であり経営のプロ
  • 経営のプロが利用し続けている
  • 利用し続けているということは、利用する価値がある判断されているということ。
  • 優良なファクタリング会社であるということ

まとめますと、知名度があるということは、長い間、安定した経営を続けているということです。つまり顧客がついているということであり、安心して利用できる可能性があるということです。

ファクタリングの世界は非常に多くのライバルが存在するのですが、その中でも安定した経営を続けていると言うことは、しっかりと顧客がついているということです。

ファクタリングを利用する人は事業の経営者、つまり社長(代表)です。その人たちを顧客につけているということは、利用する価値があると判断されているためです。ゆえに優良である可能性が高いということです。

よってファクタリングをこれから利用してみようと考えているのであれば、まずは知名度のあるファクタリング会社を選んでみると良いでしょう。

 

知名度があるファクタリング会社を選ぶこと。
知名度があること、大事。
知名度がある、それは安定した経営をしているということ。つまり、顧客がついているということ。だから選ぶ候補となりやすい。

 

優良=審査通過率ではない ファクタリングの審査通過率はもともと高い

審査通過率が高いから優良とは限らない

ファクタリング会社の審査通過率の高さが、ファクタリング会社の優劣を決めるわけではありません。

審査通過率が高いからファクタリング会社として優良!と説明しているサイトがありますが、そうとは断言できないのです。なぜならファクタリング会社における審査の通過率は、どのファクタリング会社においても比較的高い数字となっているためです。大抵の場合、審査通過率は90%以上となっているかと思います。

それもそのはずです。審査を受ける段階で、ほぼファクタリング利用する資格がある状態だからです。よってどのファクタリング会社でも審査通過率が高いため、優劣を決めるための判断基準の参考にはならないのです。

 

知名度があるファクタリング会社を選ぶこと。
ファクタリングで審査の通過率が高い、当たりまえ。
「審査の通過率」と「優良か否か」、関係ない。

 

ただし中には、審査を受けることができない事業者がいるのです。それはファクタリングを利用する条件を満たしていない場合です。

ファクタリングを利用するためには、いくつか条件があります。

3つの条件
  • 事業者であること
  • 未回収の売掛債権があること
  • 取引先との取引履歴のある通帳を提示すること

実はこの条件を満たせず、単にお金を借りようとしてファクタリング会社に問い合わせをしてくる個人や事業者が多いのです。ファクタリング会社として、このような問い合わせは断らざるを得ないのです。しかし結果として「ファクタリングの審査は厳しい」というウワサが広まってしまうのです。

審査を受けるために必要な2つのアイテム 「売掛債権(売掛金)」と「通帳のコピー」

ファクタリングの審査を受けることは難しいことではありません。「売掛債権(売掛金)」と「通帳のコピー」を提出することができれば良いのです。つまりほとんどの事業者がこの条件をクリアしているのです。

もう少し詳しくお話しします。

  • 売掛債権(売掛金)
    取引先から売掛金(売り上げ)が入ってくるという証明
  • 通帳のコピー
    取引先と継続的な取引を行っている、毎月売り上げが立っているの証明

ファクタリング会社からしてみると売掛債権はとても価値のあるものです。なぜなら売掛債権とは取引先から売掛金をもらうことができる権利であり、つまりはお金と同じ価値があるということです。

そのためファクタリング会社としては事業者の持つ売掛債権は喉から手が出るほど欲しいものであり、だからこそ、売掛債権が本物であるのかどうかをまずチェックするのです。

それと同時に、直近3ヶ月程度の通帳の出入金の履歴もチェックします。理由はさまざまですが、しっかりとした経営が行われているのかを確認したり、売掛金を入金する予定の取引先から、これまでもしっかり入金されているのかをチェックするのです。

これらを確認することができた後に、初めて審査に進むことができるのです。

繰り返しますが、普通に事業を行っている事業者であれば、問題なく審査を受けることはできます。そんなに心配する必要はありません。

 

本物のダイヤモンドを持っていたとする。宝石店に持っていけばまず間違いなく売ることができる。
どのファクタリング会社を利用したとしても、審査通過率は90%を超える。
本物のダイヤモンドを持っていたとする。宝石店に持っていけばまず間違いなく売ることができる。それと同じだ。
審査では、そのダイヤモンドが本当に本物であるのかどうかを最終的にチェックするようなものだ。

 

普通に事業経営をしていれば、さほど心配することはありません。まず間違いなくファクタリングを利用することができることでしょう。

とは言えそれでも審査に落ちてしまうケースもあります。それは取引先の信用力が低い場合であったり、事業者の持ち込んだ売掛債権が偽造されているものであった場合などです。

そのため審査の通過率は、どのファクタリング会社においても高い数字となっているため、審査の通過率でファクタリング会社の優劣を決めることは難しいのです。

 

普通に経営をしていれば、審査は問題ない。
普通に事業を行なっているのであれば、問題なく審査を受けることができるし、審査にも通過する。心配する必要はない。

 

審査に通らなかったと勘違いするケースがある

前にもお話ししましたが、ファクタリングを利用するには条件があります。

3つの条件
  • 事業者であること
  • 未回収の売掛債権があること
  • 取引先との取引履歴のある通帳を提示すること

最低でもこの3つの条件を全てクリアしていなければ、ファクタリングを利用することはできません。単純に対象外であるということなのです。

たとえばファクタリングとは、未回収の売掛債権を買い取る行為です。未回収の売掛債権を持っているのは事業者のみです。そのため売掛債権を持っていないであるとか、事業者ではないとなると、そもそもが対象外ということになってしまうのです。

またファクタリングは貸金業ではありません。つまりお金を借りることはできません。全ての条件をクリアしていたとしても、そしてどのような状態にあったとしてもお金を借りるということはできないのです。

この条件を満たしていないのにも関わらず問い合わせをし断られてしまったから審査に通らなかった・・・と思う人もいるようですが、これは審査に通らなかったのではなく、対象外だったという話です。審査を受けることすらできていないのです。

なのでファクタリングで資金調達を希望しているのであれば、世の中に存在する事業者のほとんどが満たしている、これら3つの条件を満たしてからがスタートとなります。

 

ファクタリングの審査通過率は当てにはならない。
ファクタリングを利用する際に、審査通過率はあまり気にする必要はない。条件さえ整っていれば基本的には審査に通る。


 

優良なファクタリング会社はしっかりと断る

優良なファクタリング会社は、ファクタリングの利用対象者以外からの問い合わせはしっかりと断ります。

ファクタリング会社へは、「ファクタリングを利用して資金調達をしたい」といった内容の問い合わせが数多く寄せられます。その問い合わせの中には、ファクタリングを融資であると勘違いして問い合わせて来ています。つまり「借金」をしようと考えて、問い合わせてくるのです。

 

売掛金がある状態
事業者
ファクタリングを利用すると資金調達できるんですよね?つまりお金を借りられるということなんですよね?

ファクタリング会社
ファクタリング会社
え?ファクタリングってお金を貸すんじゃないよ。

 

「資金調達=融資(借金)」と思って問い合わせをしてくるということです。

ファクタリング業者はお金を貸すことができない

ファクタリングは貸金業ではないため、お金を貸すという行為は行っていません。お金を貸してしまったら貸金業法違反となり、会社の存続が危ぶまれてしまうためです。

そのため優良なファクタリング会社であれば、そのような問い合わせは必ず断ります。

 

お金を貸してほしい事業者
事業者
お金貸してくださいよ。

ファクタリング会社
ファクタリング会社
ムリ。ダメ。それルール違反。破ったらこっちが問題になる。

 

お金を貸してしまうファクタリング会社も

ファクタリングは貸金業ではないため、お金を貸す行為はできないのですが、中には対応してしまう業者もあるとのことです。

理由は「利益が出るため」です。

そもそもですが、ファクタリング会社を経営するために特別な資格は必要ありません。つまりある程度お金があり、これまでに金融関連の仕事をしてきた人間であれば、始めやすい業種ともいえます。始めやすい業種であるため中には、過去、法律に反するような金融業を営んでいた人たちも含まれることがあり、度々ニュースになってします。

そのため、ファクタリング会社でありながらお金を貸してくれるという話になったとしたら、それは優良な会社ではなくルールを破っている会社となり、資金調達はできるかもしれませんが、その後は非常に大変な日々が待っている可能性が想像できます。

 

ファクタリング会社からお金を借りるようなことをしてはならない。
ファクタリング会社がお金を貸して来たら、それはファクタリング会社ではない。貸金業者でもない。それ以外の良くないナニカだ。
絶対にその話には乗ってはならない。資金調達どころの話ではなくなってしまう可能性がある。

 

リピート率が高いファクタリング会社は優良といえる

審査通過率よりも「リピート率」の高いファクタリング会社は、優良といえるでしょう。

ファクタリング会社は日本国内に100社以上あると言われています。つまり以前利用したファクタリング会社が嫌ならば、他のファクタリング会社を選ぶという選択肢があるわけです。それでも何度も同じファクタリング会社を利用するからこそリピート率が上がるわけです。

その点で言うと、ここで紹介している「えんナビ」「ワイズコーポレーション」「うりかけ堂」のリピート率は9割以上と高い数字を誇っています。

 

ファクタリングの審査通過率は当てにはならない。
リピート率が高いということは、同一事業者が複数回利用したということ。つまり複数回利用したいと思うだけの魅力があるということだ。


 

そのため業者選びで迷ったらリピート率が高い業者に声をかけてみるのも1つの方法といえます。

優良なファクタリング会社との契約は償還請求権ナシ 必ず確認!

ファクタリング会社と契約をする際には、必ず償還請求権の有無を確認するようにしてください。

一般的には「償還請求権ナシ」での契約となります。つまりこれを「ノンリコース」と言います。優良なファクタリング会社であれば償還請求権ナシでの契約となります。これがどのようになっているかによって、かなり契約状況が変わってくるのです。

ファクタリングの流れから見る償還請求権

ファクタリングの流れを出してお話しします。

ファクタリングは事業者の持つ売掛債権をファクタリング会社に売却することです。売却したため売却益を得ることができ、結果として資金調達ができたということになります。しばらくすると事業者の元には取引先から売掛金が入金されます。しかしその売掛金をもらう権利をファクタリング会社に売却しているため、取引先から受け取った売掛金をそのまま、ファクタリング会社に送金します。

これがファクタリングの一連の流れとなります。

このような流れであれば、償還請求権の有無は問題にはなりません。

たとえば事業者が売掛債権をファクタリング会社に売却したとします。事業者は売却益を得ています。ファクタリング会社は事業者に対してお金を渡している状態です。
そして取引先から売掛金が入金されなかったとします。このような時に償還請求権の有無が重要となってくるのです。

償還請求権のない契約を元々行なっていた場合には、特に何もすることはありません。ファクタリング会社から受け取ったお金をファクタリング会社に戻す必要はありません。

ところが、償還請求権のある契約を行なっていた場合には、ファクタリング会社から受け取ったお金をファクタリング会社に戻さなければならないのです。

金融機関の融資担当者
償還請求権、とても大事。


 

わかりやすい表現をすると「弁償をする必要があるのか、ないのか」と言うことです。

償還請求権ナシでの契約は、弁償する必要がありません。償還請求権アリでの契約は、弁償しなければなりません。

優良であるファクタリング会社は「償還請求権ナシ」での契約を行います。

これは売掛債権を売却する事業者からしてみると、かなり良い条件であることがわかると思います。一方、ファクタリング会社からしてみると、かなり不利な条件でありリスクとなるわけです。ファクタリングの手数料が高く設定されているのはこの影響もあるのです。

優良ではないファクタリング会社は、償還請求権アリの状態での契約をするという話を聞いています。これは事業者にとって不利な契約となるため、このような場合には他のファクタリング会社で契約を考えた方が良いかもしれません。ただし償還請求権がアリの契約で、手数料をかなり低く設定してくれ、さらに売掛先が間違いなく売掛金を支払う能力があると確信が持てるのであれば、その限りではありません。

知名度や実績がある業者を選ぶ方が安全 経営年数を参考にする

ファクタリングを利用する際には、知名度や実績がある業者を選ぶことをおススメします。

ただし知名度や実績というのは、なかなか分かるものではないかもしれません。ファクタリング会社のホームページに「年間取扱件数」であったり「年間契約件数」といったものが記載されていたとしても、その数字が本当かどうかは確かめようがないためです。

そこで参考にしたいのが「経営年数」です。つまり会社を設立してからどのくらいの年月、ファクタリング会社として営業を行っているのかです。

長年経営しているということは顧客がついている

「質の高いサービス」でもお話ししましたが、長年ファクタリング業界で営業を続けているということは、しっかりと売り上げがあるということです。売り上げがあるということは顧客がついているということです。

もしサービス内容が悪ければ、その噂は広まってしまい、問い合わせ数も減り、ファクタリング会社として経営を続けていくことができないことでしょう。

ところが長い年月営業を行っているということは、売り上げがしっかり立っているということです。それはつまり、顧客がついているということにつながります。

そして注目したいのは、ファクタリングを利用する人は法人や個人事業の経営者となります。経営のプロである経営者から、継続的に利用されているのです。よって長い間、ファクタリングの世界で営業している会社は実績がある会社であるといえるでしょう。そして顧客からの信頼もあるため、利用する候補に入れてみてもよいでしょう。

 

ファクタリングは比較検討する必要がある。
どのファクタリング会社を選んでよいか分からないときには、知名度が高めで長年経営している業者を選んでみるとよいだろう。
ただし複数に声をかけ、相見積もりして比較することを忘れずにな。

 

【2021年度版】優良ファクタリング会社ランキング 人気のファクタリング会社3選 2の画像
ファクタリングでの資金調達が人気の理由 借金をしないで資金ショートを解決
ファクタリングとは、事業者の持つ売掛債権を売却する資金調達方法です。 数ある資金調達の中でも優れている点としては、「早ければ即日で資金調達することができる」という点や、「借りない資金調達である」という点です。 あまり聞き慣れないサービスかも...

2021年 優良ファクタリング会社3選 絶対にハズしたくないならココ!

えんナビスピード手数料特徴
えんナビ

最短即日

5%~

24時間スタッフ対応

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応。手数料は業界最低水準。最短即日で資金調達可能。必要とあらばベテランスタッフによる資金繰りのアドバイスも。

ワイズコーポレーションスピード手数料特徴
ワイズコーポレーション

最短即日

5%~

すべての業種対応

最短即日で資金調達可能。建築業・医療・介護診療債権といった幅広い債権を取り扱う。

うりかけ堂スピード手数料特徴
うりかけ堂

最短即日

2%~

業界最高水準の買取率

最短即日で資金調達可能。徹底した秘密主義で取引先に知られない。必要書類を持っていれば約2時間程度で実行可能。

 

ファクタリング会社と話して、利用価値があるかどうかを検討してみるとよいだろう。
ファクタリングの利用を検討しているのであれば、これら3つの会社に話を聞いてみるとよいだろう。
もし話をしてみて、話が合わないようであれば、そもそもファクタリングの利用は向いていないかもしれない。他の資金調達方法を検討してみるとよいだろう。

 

簡単診断 ファクタリングで調達できる金額

    取引先への請求金額
    売掛金の入金予定日
    希望契約形態
    事業形態
    ※ご相談の対象者は事業者様のみです。
    電話番号
    メールアドレス

    専門家相談 資金繰りや資金調達に関する相談

      お名前
      事業形態法人個人事業
      ※ご相談の対象者は事業者様のみです。
      電話番号
      メールアドレス
      ご相談内容

      よくある質問

      ファクタリング会社に違いはあるのですか?

      ファクタリング会社に違いはあります。審査までのスピード、入金までのスピード、取扱金額、契約形態、取り扱う債権の種類などです。 無難な選び方としては、知名度のある会社を選ぶとよいかもしれません。

      優良なファクタリング会社とはどのような会社ですか?

      「優良」の定義は利用者の状況によって異なります。 当サイトでの優良の定義は、「対応スピードの早さ」です。

      ファクタリング会社の比較のポイントは?

      ファクタリグを利用する際に比較したほうがよいポイントとしては、「手数料」「入金までの時間(いつ入金されるか)」の2つは注目したいところです。 事業者からしてみれば、「手数料が低く、なるべく早く現金を手に入れる」ことが重要となってくるためです。

      タイトルとURLをコピーしました
      目次へ