HOME
   

【土日に連絡可能なファクタリング会社】 スタッフが直接対応してくれるのは意外と少ない

未収入金と買掛金の相殺は当事者間が合意していればOK ファクタリングでの資金調達が人気の理由 借金をしないで資金ショートを解決
 
\ WEB調査結果「満足度NO1!」 /
 

土日に連絡可能なファクタリング会社を紹介しています。連絡可能というのは「スタッフが対応してくれる」という意味です。

  • 土日に連絡の取れるファクタリング会社はあるの?
  • 週末でもスタッフが直接相談に乗ってくれるの?
  • 土日でも資金調達完了まで可能なの?

今回紹介するのは「スタッフが直接対応してくれるファクタリング会社」です。

多くのファクタリング会社は、公式サイトなどで「土日対応」と謳っています。しかしそれはスタッフが対応しているわけではなく、留守番電話が対応している、問い合わせフォームが対応しているという意味である場合があります。

結局のところ、スタッフから返事があるのは翌週となってしまうのです。

そうではなく、いつ連絡してもスタッフが反応してくれるファクタリング会社は存在します

   

土日に連絡可能なファクタリング会社は少ないが存在する!

当サイト調べの中で、土日にスタッフが対応してくれるファクタリング会社として有名なのは「えんナビ」です。

この会社は創業当時から「いつでも連絡の取れるファクタリング会社」として知られています。土日のみならず、祝日、年末でも連絡を取ることが可能です。

ポイントは「問い合わせをして反応があるかどうか」ということです。

多くのファクタリング会社は、問い合わせをしても翌営業日に返答が来ます。そのため金曜日に問い合わせをした場合には、翌月曜日に返答があるということです。

しかし少しでも資金調達を早く行いたい事業者にとっては、なるべく早くスタッフとコンタクトを取りたいと考えるものです。ファクタリングを利用することができるのか、どのような書類を揃えればよいのかなど、スタッフから直接話をすぐに聞きたいと考えるものです。

そういった意味で、問い合わせをするとスタッフが対応してくれるというファクタリング会社の存在は貴重でもあるのです。

相談するだけでもアリ

ファクタリングに申し込みをしなかったとしても、事業の資金繰り相談をするために問い合わせをしてみるのもよいでしょう。

実はファクタリング会社の中には、資金コンサルティングを行っていることがあります。

資金繰り悪化のタイミングが週末に発生することもあるでしょう。どうしたらよいのか分からず不安な週末を過ごすよりも、すぐに問い合わせをして、相談することも可能なのです。

 

土日対応のファクタリング会社
資金繰りが悪化してしまったとき、そして資金調達をしなければならなくなったとき、すぐに相談できる相手を見つけるのは重要なことだ。
税理士や会計士に相談してみるのもアリだが、週末となると連絡が取れないことも多い。
相談先としてファクタリング会社に相談してみるのも1つの方法だ。利用するかどうかは後で決めればよいことだ。

 

   

誤った解釈で大きな損をしてしまう

「土日対応」という言葉を勘違いして捉えてしまうと、思わぬ損をしてしまう可能性があります。

とくに初めてファクタリングを利用する人が陥りやすい問題を紹介します。

 

ファクタリングを利用するための絶対条件
とくに初めてファクタリングを利用する事業者は注意が必要だ。非常に重要なことを話す。
結論を言っておくと、「申し込みをし、審査され、契約完了後にお金を得られる」のだ。これを勘違いしてしまう人がいる。

 

申し込みができていると勘違い

ファクタリング会社に問い合わせをしただけでは、申し込みができているわけではありません。

問い合わせを行い、ファクタリング会社のスタッフと話をし、必要書類を提出します。その上で審査が行われ、審査に通ると契約が行われます。

契約後に、売掛債権を買い取ってもらった段階で資金を得ることができるのです。つまり初めの申し込みの段階では、審査さえ行われていないのです。

問い合わせ=申し込みではない

たとえばファクタリング会社の問い合わせフォームに必要事項を記入し送信したとします。必要事項を記入したため、審査が行われていると勘違いをしてしまう人もいるかと思います。

しかしあくまでもこれは問い合わせをしただけであり、審査は行われてはいません。そもそも審査に必要な書類を一切提出していないため審査することができないのです。

結果、翌営業日にファクタリング会社より連絡があり、これから審査を行うという内容を伝えられます。そして審査のためには、複数の書類提出が必要であると伝えられます。事業者はすぐに必要書類をかき集めることとなります。これに時間がかかってしまうのです。

早く資金調達したいなら早めの問い合わせ

もし問い合わせをした段階で、どのような書類を揃えればよいのか教えてもらっていたら、翌営業日までに揃えることができたかもしれません。つまり少しでも早く審査までに辿り着けた可能性があり、結果として早く資金調達することが可能となったかもしれないのです。

たった1日や2日の差かもしれません。しかしファクタリングを利用して資金調達を考えている事業者にとって、ほんの数日の差が事業の明暗を分ける可能性があるのです。

スタッフ対応してもらっていれば避けれた事態

いつ何時でも問い合わせをしてスタッフが対応してくれたとしたら、ファクタリングを利用する際にはどのような書類を揃えればよいのか、何をしたら良いのかの案内をもらえたことでしょう。

そもそもファクタリングを利用することができるかどうかの判断も、すぐにしてもらえたことでしょう。余談ではありますが、ファクタリングに申し込む事業者の中には、利用対象外の人も多いのです。

ファクタリングを利用するためには、「事業者であること」「売掛債権を持っていること」が最低条件です。この2つの条件を満たしていなければ利用することができません。しかしファクタリングを利用すると資金調達することができる(お金を借りられる)と思っている事業者も少なからずいます。

もしそのように勘違いをしていた場合、スタッフと直接話をすることができれば、利用対象者ではないということが早い段階で判明し、他の資金調達に動けたことでしょう。

またスタッフと直接話した結果、問い合わせたファクタリング会社では条件が合わなかった場合、他のファクタリング会社に問い合わせることもできたことでしょう。

このように問い合わせたらすぐにスタッフに直接対応してもらえれば避けられた自体はあるのです。

 

ファクタリングは事業者専用
ファクタリングは事業者専用のサービスだ。
つまり一般的な社会でいう「社長」「代表」と呼ばれる人間以外は利用することができないのだ。

 

   

いつでも審査をしているわけではない

ファクタリング会社は土日にすべての審査は行えません。

土日にスタッフが対応しているファクタリング会社であったとしても、審査完了まで行うことはできないのです。あくまでも当サイトが知っている範囲での話ではあるのですが、ファクタリングの審査を行う上で必要不可欠な情報が平日でなければ集めることができないためです。

イメージとすると、審査をする中で確認しなければならない項目が10個あるとしたら、そのうちの7個は事業者から提出された書類で確認することができます。しかし残りの3つを確認することができないのです。

そのため、土日対応のファクタリング会社であったとしても、審査結果が出るのは翌月曜日が最短となるのです。

一部でも審査してもらったほうが早い

週末に問い合わせをしても、審査結果は出ませんが、審査を途中までしてもらうことは可能です。

そのため少しでも早く資金調達をしたいと考えているのであれば、途中まででも審査をしてもらったほうが良いでしょう。

先ほど例に挙げた、審査完了までの確認事項が10個あるとします。週末に7個確認を行い週明けに3個確認を行うのと、週明けに10個の確認を行うのとでは、前者の方が審査結果を早く知れることになります。

このように少しでも資金調達を完了させたいと考えるのであれば、少しでも早くスタッフが対応してくれるファクタリング会社に問い合わせておいた方がよいと思います。

 

それまでの信頼関係があれば融資されやすい
少しでも早く資金調達したいなら、早めの審査が必要。
週末祝日でも、問い合わせてみる。
複数に問い合わせてスタッフ対応してくれたところ、優先する。


 

   

書類はあらかじめ揃えておく

少しでも早く資金調達をしたいと考えるのであれば、必要書類をあらかじめ揃えておく必要があります。

とくに週末に申し込みをすると、ただでさえ時間がかかってしまうことが初めからわかっています。そしてファクタリングの審査に必要となる書類は基本的にはどの会社でも同じものです。

そのため、少しでも早く審査を受けるために、あらかじめ必要書類を揃えておくと良いかと思います。

最低限必要書類
  • 対象となる売掛債権(請求書・納品書など)
  • 直近3ヵ月の通帳

この2つの書類は最低限必要となるものです。「ファクタリング会社に売却予定の売掛債権が発生していることが証明できる書類」「売掛先との取引履歴のある通帳のコピー」です。

そしてこれらがなければ、もしくはこれらの書類を提示することができなければ、そもそもファクタリングを利用することはできません。つまり「対象者ではない」ということなのです。つまり審査を受けることもできません。

 

ファクタリングを誤って解釈している事業者が多い。
実はファクタリングというサービスを利用すると資金調達できるというイメージが先行してしまっているケースがある。
つまりお金を借りられると思って申し込みをしてくる事業者が多いのだ。
ファクタリング会社がお金を貸すことはない。
そして売掛債権を持っていなければ審査を受けることすらできない。

 

この2つの書類は事業者側でいつでも用意できる書類でもあります。それを土日にファクタリング会社側に送ることもできます。送り方としては携帯電話で写真を撮って送るだけでも問題ありません。

これらの書類はあくまでも「ファクタリングを利用できる対象者かどうか」を確認するための書類に過ぎません。契約をするためには以下の書類提出が必要となってくることでしょう。

必要書類
  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書

基本的にはこれらの書類が必要とされていますが、ファクタリング会社によって多少異なってくる可能性があります。

登記簿謄本は週末には取得することができません。そのためファクタリングで資金調達をする可能性があるとわかった時点で、平日の内に取りに行っておくのもよいかもしれません。

このようにファクタリングを利用する際に必要となる書類をあらかじめ用意しておくことで、少しでも早く資金調達をすることができます。

ただし前述した通り、ファクタリング会社によって必要書類が若干異なることがあります。もし資金繰りが悪化し、すぐにでも資金調達しなければならない状況になった場合には、ファクタリング会社に連絡をし、どのような書類を揃えればよいのかをあらかじめ聞いておいた方が確かでしょう。

   

土日以外 深夜営業を行うファクタリング会社も

土日祝日に対応しているファクタリング会社について紹介してきましたが、何時に問い合わせてもスタッフが対応してくれるファクタリング会社もあります。

冒頭でも紹介した「えんナビ」は、土日対応のみならず、深夜まで対応しています。つまり24時間365日、いつ連絡をしてもスタッフが対応してくれるのです。

その他、深夜までとは言いませんが、21時までは対応するファクタリング会社も何社かあります。

土日対応は少ない

土日にスタッフ対応しているファクタリング会社はかなり少ない印象です。

実際に質問したいことがあり、日曜日に電話をかけたことがありました。ところが留守番電話となってしまい折り返しがあったのは翌月曜日でした。しかしサイトには週末対応と謳われていました。

恐らく留守番電話も対応の1つだったのかもしれません。

深夜営業はかなり少ない

多くのファクタリング会社には営業時間が設定されています。大抵の場合、9時~18時までとなります。それ以外の時間に問い合わせても、電話であれば自動返信ボイスや留守番電話であったり、問い合わせフォームであれば自動返信が返ってくるだけです。

スタッフからの折り返しがあるのは、翌営業日となってしまいます。

実際に複数社に電話をかけたことがありますが、留守番電話となってしまいました。結局折り返しの電話が来たのは翌日でした。

そのため、契約をしなかったとしてもなるべく早く資金繰りに関して相談をしたいという場合には、そしてそれが夜だったとしても、深夜営業を行っているファクタリング会社に問い合わせてみてもよいかもしれません。

祝日は深夜営業は意外と少ない

 

24時間365日問い合わせ対応のファクタリング会社。
いつでも思い立ったときに問い合わせをし、返答を返してくれるファクタリング会社はほんのわずかだ。
すぐにでも相談したいのならば、24時間365日問い合わせ対応をしているファクタリング会社に声をかけてみるのも良いかもしれない。

 

   

土日はファクタリングの申し込みが多くなる

週末である土日は、ファクタリングの申し込みが多くなるとされています。

平日は忙しく業務をこなし、一息つく週末に平常業務以外の行動に出るということなのでしょうか。

気を付けたい点としては、申し込みは順番制です。ファクタリング会社は申し込みの順番で審査を行っていきます。週末に多くの申し込みを受け付けていると、月曜日に申し込みをしたとしても、週末に申し込みをしてきた人たちの後に並ぶことになります。

つまり、月曜日に問い合わせをすると、意外と審査が遅くなることもあるのです。これはあくまでも人気のファクタリング会社の話です。

水曜・木曜あたりが穴場

ファクタリングを利用する際に、最も早く審査が完了するのが「水曜・木曜」とされています。

月曜や火曜は前週のお客様対応、土曜や日曜は審査ができないとなると、比較的手が空くのが「水曜・木曜」となるのです。

ただし繰り返しますが、これは人気のファクタリング会社の話です。問い合わせをしてすぐに対応してくれるところもあると思います。

参照 えんナビ(外部サイト)
参照 うりかけ堂(外部サイト)

 

タイトルとURLをコピーしました
目次へ