審査なしでお金を借りる3つの方法 条件付きだが存在する

審査なしでお金を借りる3つの方法 条件付きだが存在する
 
\ WEB調査結果「満足度NO1!」 /
 

個人でも法人でも、金融機関や金融会社といった貸金業者からお金を借りる場合には必ず審査が行われます。

たとえ1万円であっても必ず審査は行われます。理由は、金融機関や金融会社からお金を借りる場合、その契約には必ず貸金業法がついて回るためです。

では審査を省いたお金を借りる方法は存在しないのでしょうか。

実は審査なしでお金を借りる方法はあります。

ここでは、お金を借りる場合に審査が行われる理由と、審査をしないでお金を借りる方法、さらには、お金を借りずに手に入れる方法についてお話しします。

 
\ PICK UP! /
\ PICK UP! /
 

貸金業者からお金を借りるときに従うべき法律「貸金業法」

貸金業者からお金を借りるときには「貸金業法」を守る必要があります。

貸金業法とは、金融機関や金融会社といった貸金業者の在り方と、その貸金業者が扱っているローン商品のルールを定めている法律です。そして貸金業法の中には、お金を貸す際には必ず審査を行わなくてはならないという条文が明記されているのです。

(返済能力の調査)
第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

参照 e-GOV法令検索:貸金業法(外部サイト)

 

ここで重要なポイントとしては、貸金業法による審査の義務はお金を貸す側だけではなく、借りる側にも適用されることになります。

審査は原則中の原則!

貸金業者にローンを申込む場合には、必ず審査が行われるというのは原則中の原則なのです。つまりもし審査が行われないでお金を貸す、もしくは借りる場合には貸金業法違反となってしまうのです。

ですが、ローンを申し込む人の中には審査をなるべく避けたいと考えたり、審査なしでお金を貸してほしいと考えている人も多いことも事実です。

審査が行われる理由 返済能力を確認するため

貸金業者からお金を借りる際に審査が行われる理由は、「お金を貸す相手に返済能力があるのかを確認するためであり、貸金業法で決められているため」です。

融資は借金です。そのため借りたお金は返さなくてはなりません。しかしお金を返すための能力、つまり年収などが低ければ、利子を含めた返済ができなくなってしまいます。それはつまり貸金業者側からすると損失を出してしまうことになってしまうのです。

貸金業者が損失を出さないためにも、そして利益を確保するためにも、返済能力をチェックするための審査が必要不可欠となるのです。

 

お金を借りる際には審査が必要
貸金業法がある限り、業者からお金を借りるのであれば絶対に審査は必要となるということだ。
もし審査のない業者からお金を借りるとしたならば、それは法律に違反している業者である可能性が高く、将来的に面倒なことになる可能性を秘めている。


 

 
\ PICK UP! /
\ PICK UP! /
 

審査なしでお金を借りる3つの方法

基本的には審査をしないでお金を借りることは難しいです。しかし特定の条件下であれば審査なしでもお金を借りる方法はあります。

たとえば以下の方法であれば、審査なしでもお金を借りることは可能です。

  • クレジットカードのキャッシング機能を使うこと
  • 質屋で商品を質入れすること
  • 家族や友人から借りること

 

審査のない貸金
いやぁ、そういったことではないんですよね。単純に審査のない貸金を利用したいんです。

審査のない貸金は存在しない
それは難しい話だな。お金を他人から借りるということはとても大きなことなんだ。
今回紹介する3つくらいしか思い浮かばない。


 

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードに付帯しているサービスであるキャッシング機能を使いお金を借りることができます。

注意点としては、そもそもクレジットカードを発行する際には審査が行われるという点でしょう。もし多重債務やブラックリストの状態であれば、クレジットカード自体を作れない可能性が高いです。

質屋で商品を質入れする

質屋で高額な商品を質入れしてお金を借りることができます。

最近では、質屋サービスと買取サービスを併用している業者も多いようです。価値のある商品であれば、高額なお金を借りられるでしょう。

逆に言うと、価値のある商品を持っていなければなりません。

家族や友人から借りる

家族や友人から借りることも審査をしないでお金を借りる方法の1つでしょう。

注意点としては、家族ではなく友人からお金を借りる場合です。返済ができなくなると、友情にヒビが入ってしまいかねません。また、借用書を書いて借りた場合、家族や友人相手であっても必ず返済しなくてはならない義務が発生します。

家族だから返済しなくても大丈夫、友人だから返すのが遅れても大丈夫、というのは借用書を交わした場合には絶対にあり得ません。家族でも友人でも借用書があれば、裁判所に訴えることが可能だからです。

借りやすい反面、もしかしたら一番返済にプレッシャーを感じるかもしれません。

 
\ PICK UP! /
\ PICK UP! /
 

審査なしでお金を借りずに手に入れる2つの方法

事業者であれば審査なしでお金を借りずに手に入れる方法は数多くあります。

ここでは代表的な以下の2つの方法についてお話しします。

  • 投資してもらう
  • 資産や売掛債権を売却する

ただしこの2つは事業者向けとなります。

投資してもらう

顧客やエンジェル投資家、ベンチャーキャピタルといったところから自分の事業に投資してもらう方法です。顧客から投資してもらう方法としては株式発行が挙げられます。エンジェル投資家やベンチャーキャピタルは、直接的に投資の名目で資金援助してもらうことです。

注意点としては、株式発行の場合は株主総会の開催が義務付けられていることでしょう。資金を調達したいからといって、簡単に追加の株を発行できないのです。

エンジェル投資家やベンチャーキャピタルといった投資の専門家、専門会社から投資してもらうためには、その投資家や会社とコネクションを作らなけければなりません。コネクションを作るだけではなく、実際に投資してもらうことまで交渉しなくてはなりません。手間はかなりかかることを覚えておくとよいでしょう。

資産や売掛債権を売却する

会社が保有している資産を売却して資金調達することが可能です。

会社が保有する資産とは、社用車やコピー機、自社ビルなどが該当します。そのほかには売掛債権も専門の買い取り業者に買い取ってもらうことが可能です。

それぞれの業者に連絡をして、どれぐらいの金額で買い取ってもらえるかと確認しておくとよいでしょう。

参照 ファクタリング

 
参照 動産担保融資

 

 

B社長
持っている資産を売却する方法は、資金調達のハードルは低いだろう。

 

貸金業者から審査なしでお金を借りるのは不可能

貸金業者から審査や面接なしでお金を借りるのは、個人法人にかかわらず不可能です。

貸金業法にも明記されていますし、もし審査せずにお金を貸してくれる業者がいるならば、それはヤミ金業者か違法業者です。

たとえば最近ではSNSを利用した個人間融資もあるそうですが、このようなものも違法業者として注意喚起されています。

なるべく審査を受けない、もしくは審査が緩い方法であれば以下の3つが挙げられます。

  • クレジットカードのキャッシング機能を活用する
  • 質屋で価値のある商品を質入れする
  • 家族や友人に相談してお金を借りる

事業者の場合は次の2つの方法があります。

  • 株式の発行やエンジェル投資家、ベンチャーキャピタルから投資してもらう
  • 資産や売掛債権を専門業者に売却する

どの方法も100%審査がないというわけではありません。信用情報以外にもチェックされる審査はあるのです。これらの方法の中から、確実性の高いお金の入手方法を検討してみるとよいでしょう。

 
\ PICK UP! /
\ PICK UP! /
 

審査条件が緩いほど返済ハードルが上がる

お金を借りるときの審査が緩いほど、返済する際のハードルは高くなります。

これはどの資金調達方法を利用しても言えることです。

そもそもですが、返済能力のない人にお金を貸す会社は存在しません。まずこれが前提となります。次に、返済能力の有無を確認する必要があるわけですが、返済能力が高い人であればどのような資金調達方法も選択できます。しかし返済能力が低ければ選択肢は少なくなってきます。

自分に置き換えてみると想像しやすい

一度自分に置き換えて考えてみるとよいでしょう。

突然全く知らない人からお金を貸してくれと言われたとします。貸しますか?貸さないことでしょう。

なぜならどこの誰かも知らないわけですから。

どこの誰かが分かったとしましょう。貸しますか?やはり貸さないでしょう。

なぜならしっかり返してくれるか分からないためです。

金融会社は商売だからこそお金を貸していますが、ボランティアではありません。貸したお金が戻ってこなくてもいいとは微塵にも思っていません。むしろ何が何でも回収すると考えています。

なので審査によって返済能力があると判断できた人にのみ融資をするのです。

 

A社長
お金って簡単には借りられないんですね。

B社長
そうだな。信頼関係があるか利益になるかでなければ貸す理由がないからな。

 

 
\ PICK UP! /
\ PICK UP! /
 

お金を借りる最終手段

お金を借りる目的が生活のためということであれば、利用できる制度は複数あります。しかしそれらの審査はかなり厳しいものとなります。

目的が生活のためであるなら方法はある

お金をどこからも借りられず最終手段を探している人もいるかと思いますが、生活のためや教育のためという目的があるのなら、お金を借りることは可能です。ただしこれから紹介するものは、税金が財源となっているため、審査はどうしても厳しくなってしまいます。

ただし審査が厳しいといっても、条件を満たしていれば受け取ることは可能です。

お金を借りるときには使用使途が定められています。これらの制度を利用した場合、本来の目的以外でお金を使ってしまうと使途違反になってしまう可能性がありますので注意したいところです。

 
\ PICK UP! /
\ PICK UP! /
 

審査を気にする状態から脱却する必要がある

審査を気にするくらいなら、その状態から脱却することを優先的に考えたほうがよいでしょう。

事業者がお金を借りるのであれば、金額は大きくなりやすいです。そのため審査を気にするのは分かります。

しかし一般個人である場合、借りられる金額も事業者に比べると低いです。その低い金額を借りる審査でさえ気にしなければならない状況ということであれば、大きな問題と捉える必要があるでしょう。

審査が通らないことを重く受け止めたい

審査が通らないという事態を重く受け止めたほうがよいかもしれません。

これは借りようとしている金額にもよります。

たとえば「5万円借りたいけど審査に通らない」という状態であれば、かなり重く受け止めたほうがよいでしょう。

つまりは貸金業者や信用会社から「あなたには5万円を貸すだけの信用がない」と言われているのと同義であるためです。

まずはこの状況を解決する必要があるでしょう。

ブラックリストは待てば解決 多重債務は・・・

ブラックリストや多重債務の状態は、基本的には審査に通りません。

お金に対する意識が低いと判断されるためです。

ブラックリストは時間が解決

ブラックリストの場合、基本的には5年過ぎればリストから外れます。

リストから外れれば、その部分で審査に引っかかることは無くなります。

多重債務の方が大変かも

多重債務の場合、ブラックリストに登録されていなければお金を借りられる可能性はあります。

借金を一本化するおまとめローンなどです。

しかし多重債務の状態、そして返済のめどが明確についていない状態で新たな借金をすることはおススメしません。余計に苦しくなるだけです。

 
\ PICK UP! /
\ PICK UP! /
 

審査なしでお金を借りることはできないと考えた方がよい

審査をしないでお金を借りるということは、やはり難しいことです。

クレジットカードのキャッシング機能の件では、そもそもクレジットカードを持っていなければなりません。

質屋に商品を持ち込む場合にも、何かしら価値のあるものを持っている必要があります。

投資家に援助してもらうのも、投資家を説得させられるだけの会社に魅力がなければなりませんし、資産や債権の売却はそれらを持っていなければなりません。

つまり何かしらの条件や審査は必ずあるのです。簡単にお金を手に入れる方法はないということです。

本当に審査なしといったら家族や友人に相談することかも

強いて言えばの話ですが、「家族や友人に相談してお金を借りる」が本当に審査なしでお金を借りられる方法かもしれません。

しかしこれも家族や友人がいることが前提となり、さらには近い人間からお金を借りるということは、どの貸金業者を利用するよりも大きな代償を支払うものだということを覚えておいてください。

 
\ PICK UP! /
\ PICK UP! /
 

よくある質問

審査のない貸金はありますか?

法律の範囲内では存在しないことでしょう。審査のない貸金業者は法律を守っていない業者である可能性が高いです。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社はありますか?

審査が通らない理由を解決しない限り、どのローン会社を利用しても審査には通過しないことでしょう。
なぜなら基本的には同じ審査内容であるためです。

お金を貸してくれる激甘審査ファイナンスは存在するのか?

人によって甘い甘くないは異なりますが、基本的に甘いファイナンスは存在しません。

ABOUT US
株式会社デキタ 渡邉のアバター
株式会社デキタ 渡邉
株式会社デキタの代表取締役。資金調達に関する知識を身に付けるために「ファクタリングで資金調達デキタ!」を制作・運営。その延長線上で、事業者の利用する資金調達方法に焦点を当てた当サイトを企画・制作・運営。 資金調達に関する記事執筆は2018年より開始。複数の税理士やファイナンシャルプランナーと交流しながら、記事執筆をつづける。