HOME
   

預金を担保にする「預金担保融資」は好条件だが要注意!預金担保融資の仕組みを大公開!

サービサーの利用手順 事業者のための11の資金調達方法
 
\ WEB調査結果「満足度NO1!」 /
 

預金を担保にする「預金担保融資」は好条件だが要注意!預金担保融資の仕組みを大公開!

預金を担保として融資を受ける仕組みのことを「預金担保融資」といいます。

審査通過率も高く、比較的好条件で融資を受けられる特徴を持っています。

審査通過率が高く好条件で融資を受けられるのですが、安易に手を出してしまうと思わぬ損失を招いてしまう可能性があります。

たとえばですが、一般的には定期預金を担保として融資を受けることになります。定期預金を解約せず担保にして融資を受けられるため、都合よく思う人もいるかもしれません。ところが融資を受けるわけなので利息が発生することになります。

持っているお金を担保とすることができ、他の資金調達と比べると条件がよさそうに見えますが、メリットとデメリットが存在するため知っておいた方がよいでしょう。

 

預金担保融資の仕組みを公開
持っている預金を担保にして融資を受けるのなら、そもそも持っている預金を使ったほうが良いという意見が多い。
しかし事業者の事情もさまざまだろう。利用を検討する際には専門家の意見を聞いたほうが良いだろう。

 

預金担保融資の仕組み

預金担保融資とは、その名前の通り「預金を担保にしたローン商品」のことです。

通常の融資であれば売掛金や手形などの売上債権や不動産などが担保になります。預金担保融資の場合、預金口座にある預金、つまりお金そのものが担保になるのです。

「お金そのものを担保にしてお金を借りる」といった少し矛盾しているようにも思えるかもしれませんが、預金を担保にすることは全国銀行協会でも認められていることです。

バブル経済の崩壊後、不動産の価値が必ずしも安定的に上昇するものではなくなったことなどの影響を受け、不動産以外の担保方法の必要性が相対的に大きくなった。(略)このような状況の中で、後述するような銀行実務の進展によって、普通預金の担保かが考慮されるようになった。

参照 普通預金の担保化(全銀協)

 

担保になる主な預金は以下の3つがあります。

担保となる3つの預金
  • 普通預金
  • 定期預金
  • 外貨預金

中でも定期預金を担保にしたローン商品が多く、普通預金や外貨預金を担保にしたものは少ないようです。

参照 手形とは支払い手段の1つ わかりにくい手形取引を簡単に解説

 

 

預金は担保とすることが可能
お金は価値のあるモノである。価値のあるモノは担保になりえる。

 

メリットとデメリット+α

銀行から融資を受ける方法があり預金担保融資はそのうちの1つです。

その他には「証書貸付」「手形貸付」「手形割引」といった他のローン商品があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

預金担保融資預金を担保として融資を受ける。
証書貸付手形や不動産などを使用せずに銀行から融資を受ける。
手形貸付銀行へ手形を振り出して融資を受ける。
手形割引受取手形を現金化する資金調達する。

定期預金を解約せずに自由に使うことができる しかしあまり意味ないかも

預金担保融資は預金を担保としてお金を借りることができる仕組みです。基本的に定期預金を担保します。

定期預金というものは、基本的には満期まで解約することがなく貯まり続けていくものです。よって担保としての価値が出てきます。銀行側からしてみると、目の前の口座の中のお金が担保ということになるのです。

そのためもし定期預金自体を解約してしまったら利用できなくなってしまいます。

そして定期預金額の90%のお金を借りることができるとされています。つまり定期預金口座に100万円入っているのであれば、預金担保融資を利用すれば90万円使うことができるのです。

とても便利・・・と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはないという意見もよく聞かれます。メリットやデメリットについては後述しますが、そもそも定期預金の範囲内でしか利用できないのであれば、定期預金を解約したほうがよいのでは?という考えに至るわけです。

もちろん何を目的として利用するのかにもよるのですが、単純に資金調達として利用するのであれば、定期預金を解約したほうがシンプルであり、利息も必要ないためその分、お徳となるのです。

5つのメリット

メリットは以下の5つが挙げられます。

審査通過率が高い

担保融資は担保を差し入れる代わりに融資を行なうローン商品です。担保に価値がなければ審査に通ることはできません。

ところが預金を担保として融資を受ける場合、価値のある「お金」を担保とするわけなので高確率で融資の審査は通ります。

つまり「お金」を担保にして「お金」を借りるということになります。審査通過率に限って見れば大きなメリットといえます。

一見、お金を担保にしてお金を借りることに疑問を感じるかもしれません。しかし後述する「契約者以外の預金を担保にできる」であったり「帳簿の評価をよく見せられる」といった特徴があるのです。

契約者以外の預金も担保にできる

契約者以外の預金も担保にすることが可能となります。つまり担保にする預金口座名義が契約者本人のものでなくとも融資の申込みができるのです。

たとえば、親族の預金口座を担保にして銀行からお金を借りるといったことが可能になるのです。

直接親族から借りればよいのでは?と思うかも知れません。年利も発生しない、返済期日も明確な契約がないという意味では親族からお金を借りたほうがメリットです。それでも申し込むのには相応のメリットがあるためです。そのメリットが「帳簿評価の見栄え」です。

帳簿評価を良く見せられる

一般的に融資を受ける際には帳簿の状態、つまり財務状況をチェックされます。

そこで預金担保融資を使うことで帳簿評価を良く見せられます。帳簿評価が良いと融資審査にも有利になり、資金調達のハードルが下がります。

ローン商品には必ず審査があります。審査では、帳簿の状態、つまり財務状況が重視されるのです。

親族から借り受けた運転資金があると帳簿上に記録されているより、銀行から融資を受けて、そのお金をきちんと返済していると記録した方が、融資申込の際に良い心証を与えられる場合があります。親族からお金を借りて会社運営をするよりも、体面的にプラスに働くのです。

定期預金から利息を得られる

一般的に定期預金口座にある預金は満期にならないと解約できません。満期後に解約すると、預金している期間に応じた利息が得られます。

ところが預金を担保として融資を受けると、満期前に定期預金を解約せずに定期預金のお金をそのまま運転資金に回せるという性質があります。

「事業を継続させるための運転資金が必要。定期預金を途中で解約してお金を作るしかない。でも定期預金を途中で解約したくない。」

このように満期までは定期預金を崩したくないという方にはメリットがある資金調達方法といえるでしょう。

銀行と信頼関係を構築できる

どのような融資であったとしても、銀行から融資を受けることでその段階から銀行との関係が作られることになります。

預金担保融資は融資であるため、返済する際には利息分を上乗せして入金しなければなりません。

利息はそのまま銀行の売上げ、利益になるため、銀行と取引先という関係から、銀行とお客様という関係にステップアップできるのです。今後大口のローン商品を検討する際、審査通過率にも多少影響を与える可能性も生まれるのです。

3つのデメリット

デメリットは以下の3つが挙げられます。

定期預金の金利よりもローン利息の方が高い

定期預金の金利よりもローン利息の方が高いです。これが一番のデメリットとなるかもしれません。

今の時代、定期預金の金利は0.001%程度、高くても0.15%程度でしょう。対して預金担保利息の年利は平均で0.5%程度です。つまり定期預金の金利よりも年利の方が高くつくのです。

定期預金金利がもったいないからといって、解約せずに担保融資を利用するのは、その利息差分わざわざ損をしていることになります。

銀行側から提案された場合、会社への信頼度が低い可能性あり

銀行側から利用の提案を受けた場合、銀行側から見て会社の信頼度が低いと思われている可能性があります。

つまり「あなたには担保とするものが預金しかない」と考えられている可能性があるのです。

その状態で一般的な融資や証書貸付を申し込んだとしても、審査の通過は非常に厳しいものになることでしょう。

帳簿の見た目だけを良くしても実際の財務力が無ければ倒産もあり得る

預金を担保として融資を受けると帳簿の見栄えをよくすることができます。しかし実際の財務力が伴っていなければ資金繰りが悪化して倒産ということにもなりかねません。

他のローン商品を申込むための準備として預金担保融資を利用するといった方法もありますが、資金繰りのための資金繰りになってしまっては先行きが不安になることでしょう。

定期預金の満期までに返済する必要がある

定期預金を担保としている場合、定期預金の満期までに返済をしなければなりません。

もし返済ができない場合には、担保である定期預金から相殺されることとなります。たとえば定期預金が満期となり、何かに利用しようと考えていた場合、返済をしていない場合には相殺されてしまうため、予定していた金額よりも少なく受け取ることとなります。予定が実行できない・・・ということになってしまうことがあるのです。

また満期前に返済期限が設けられていることもあるため、返済期限は意識しておく必要があります。

貸出側のメリットが大きい 大きな利益につながりやすい

預金担保融資は借りる側だけでなく、貸し出す側にもメリットがあるとされています。

仕組み(カラクリ)はこの貸出側のメリットにも隠されているのです。

営業成績が上がる

銀行の営業成績は担保付のローン商品の成約率で決まることが多いです。つまり、無担保で5,000万円の融資より、担保付きで8,000万円の融資の方が営業成績としては格上扱いになるのです。担保がお金であろうと不動産であろうと、担保付のローン商品であることにかわりません。

「営業成績のために提案される担保融資商品=預金担保融資」ということになります。

利益が高い

定期預金の金利と比べると、銀行側として利益を高く得やすいのです。

年利0.5%を1件契約できれば、利率0.001%の定期預金の新契約500件分ということになります。

他の銀行から大口顧客を奪い取れる

銀行も競争の時代です。大口顧客の奪い合いが常に行なわれているのが現状です。預金担保融資を契約することができれば、大口の顧客を他行から奪うことに繋がります。

預金担保融資に向いている会社は?

預金担保融資に向いている会社は以下のような会社といえるでしょう。

新しく立ち上げた会社で主要銀行との取引実績が少ない

個人事業主から法人格へ移行すると、何かと資金が必要になります。さまざまな金融機関へ融資を申し込むにしても、立ち上げ初年度の会社では高額な融資は望めないでしょう。

預金担保融資を利用することで、起業初年度の会社でも取引実績を作ることができ、他のローン商品を申し込みやすくなります。

預金額以上の資金調達が必要になった

預金額以上の運転資金が必要になった場合、手形や売掛債権、不動産などの担保ローン商品に利用できる物件をもっていないのであれば、預金担保融資を使って預金額以上の融資を受けることも可能です。審査通過率も高いため、資金調達難易度も高くなく済みます。

借り換えを検討していて年利が現在のローン商品よりも少ない場合

現在利用しているローン商品の年利と比べ、預金を担保とした融資の方が低いのであれば借り換え先として検討してもいいでしょう。年利の差額分を運転資金に回せます。

預金担保融資は審査落ちしにくいローン商品も利用は慎重に検討しよう

預金担保融資は審査通過率も高く、資金調達難易度が低いローン商品です。

しかしその仕組みを知らずに利用してしまうと、普通の担保融資や証書貸付に比べて年利分で損をする場合もあります。利用する前には、まず他のローン商品や資金調達方法と比較するとよいでしょう。

 

預金担保融資はあまりおススメしない
正直、預金担保融資を受けるのはあまりおススメしない。他の資金調達方法を検討したほうが良いと思う。

 

参照 事業者のための11の資金調達方法

 

タイトルとURLをコピーしました
目次へ