HOME
   

審査の甘いビジネスローン3選 難易度別ビジネスローンをランキングで紹介

売掛金は回収できなくても資金調達は可能! ビジネスローン

審査の甘いビジネスローン3選 難易度別ビジネスローンをランキングで紹介

ビジネスローンの審査は、他の資金調達と比べても比較的緩いとされています。

ビジネスローンは非常に多くの種類があり、その中でも審査が緩いもの、そして厳しいものがあります。

今回はビジネスローンの審査が本当に甘いのかどうかについて、さまざまな視点からお話ししていきたいと思います。また、審査難易度別でいくつかのビジネスローンをランキング形式で紹介していきます。もしビジネスローンの利用を検討しているのであれば、複数を比較した方がよいでしょう。

アイフルビジネスファイナンス借入可能金額利息返済期間

アイフルビジネスファイナンスの事業者ローン

アイフルビジネスファイナンスの事業者ローン

~1000万円

3.1%~18.0%

最長8年4ヶ月

原則、申し込みから融資実行まで郵送で手続き完了のため来店は不要。年会費や補償料は無料、保証人や担保も原則不要。さらには事業資金の範囲内であれば使用使途は自由。

CARENT借入可能金額利息返済期間

CARENT(キャレント)の事業者ローン

CARENT(キャレント)の事業者ローン

1万~500万円

7.8%~18.0%

〜10年

キャレントスーパーローンは株式会社IPGファイナンシャルソリューションズが運営する法人向けのビジネスローンです。

アクトウィル借入可能金額利息返済期間
アクトウィルの事業者ローンアクトウィルの事業者ローン

300万円~5000万円日

7.5%~15.00%

~3年

アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」はアクト・ウィル株式会社が運営する法人向けのビジネスローンです。

目次

ビジネスローンの審査は甘いといわれている理由

「ビジネスローンの審査は甘い」と表現されることがよくありますが、それは銀行などの金融機関の審査に比べ、ビジネスローンの審査の方が通りやすいということです。

そのため、誰でも利用できるのか?というと、そのようなことはありません。銀行融資と比べると甘いという話であり、もちろん審査もありますし、審査に通過できないこともあります。

融資とビジネスローンの違い

金融機関や金融会社が提供している事業性の融資とビジネスローンの大きな違いの1つは「利息(金利)」です。

事業性融資には不動産担保融資や売掛債権担保融資など、何かしらの資産を担保にしてお金を借り入れる商品がほとんどです。ビジネスローンの場合は無担保で借入できるものが多くあります。

担保は返済が滞った場合に現金化して返済金に充てられます。ビジネスローンには担保が無い分、金利が高くなっているのです。ローン商品を提供している金融機関や金融会社がもっとも恐れているのは、融資をした会社が返済不能になってしまう「貸倒れ」です。

貸倒れが発生すれば、返済しきっていないお金の回収ができなくなり、金融機関や金融会社にとっての損になってしまいます。利息を高く設定することで、万が一貸倒れが起こっても、大きく損をしないようにしているのがビジネスローンと融資商品の大きな違いになります。

参照 銀行融資で資金調達 金利の低い銀行から賢く資金調達する方法

 

ビジネスローンの審査で重要になるスコアリングシステムの仕組み

ビジネスローンと融資の違いでもう1つ大きな違いがあります。それが「申込から入金までのスピード」です。

銀行などの融資商品を申し込んだ場合、審査を通過して契約書を交わし、入金されるまでには最低でも1ヶ月以上がかかるでしょう。ビジネスローンの場合は申し込んでから最短で、申し込んだ当日、つまり即日での資金調達が可能なのです。

申込から入金までのスピードが早い理由は、ビジネスローンの審査には「スコアリングシステム」という仕組みが使われているからです。スコアリングシステムとは、ビジネスローンを申し込んだ会社の貸倒れリスクを数値化し、一定の基準以上であればローン審査に合格できるというものです。

参照 ビジネスローンの審査方法 審査時間が短い

 

銀行や金融会社の事業性融資の場合は、担当者が申し込んだ会社の資産状況や経営状況、返済しても問題ないかなどを調査した上で融資の可否が決まります。時間もかかりますし、審査を行なう前の調査に時間がかかってしまうのです。

スコアリングシステムを採用しているビジネスローンは、申込み書に必要事項を記入もしくは入力し、その内容をコンピューターに読み込ませて自動的に審査の可否が判断されます。早い場合は15分~30分程度で審査結果がわかります。

参照 ビジネスローン・事業者ローンは審査が緩めでスピード融資 今すぐに応える資金調達の中でも優秀!

 

審査の甘いビジネスローン 3選

アイフルビジネスファイナンス


アイフルビジネスファイナンスの事業者ローン

アイフルビジネスファイナンスの事業者ローン

原則、申し込みから融資実行まで郵送で手続き完了のため来店は不要。年会費や補償料は無料、保証人や担保も原則不要。さらには事業資金の範囲内であれば使用使途は自由。

3つの注目ポイント

  • ~1000万円
  • 3.1%~18.0%
  • 〜8年4ヶ月

情報

住所東京都港区芝2丁目31-19
電話番号0120-290-051
URLhttps://www.aiful-bf.co.jp/

 

\ 人気第1位!利用者数多数 /

「アイフルビジネスファイナンス」公式サイト
 

CARENT


キャレントの事業者ローン

キャレントの事業者ローン

キャレントスーパーローンは事業者向けのビジネスローンです。来店不要・ネット完結・使途自由・最短即日という4つの特徴を持っています。来店不要でネットから手続き完了、事業資金の中で使用用途が自由、最短即日で融資可能と、事業者が利用したいビジネスローンとしては非常に便利といえます。

3つの注目ポイント

  • 1万~500万円
  • 7.8%~18.0%
  • 返済期間10年

情報

住所東京都品川区西五反田7-13-5 DK五反田ビル6階
電話番号03-5740-5087
URLhttps://www.ca-rent.jp/

 

\ 人気第2位!CARENT /

「CARENT」公式サイト
 

アクトウィル

アクトウィルの事業者ローンアクトウィルの事業者ローン

はアクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」はアクト・ウィル株式会社が運営する法人向けのビジネスローンです。年商が5000万円を超える法人が対象者となり、大型資金調達を実現させたい事業者向けのビジネスローンといえます。

3つの注目ポイント

  • 300万円~5000万円
  • 7.5%~15.00%
  • 返済期間3年

情報

住所東京都豊島区東池袋3-11-9
電話番号03-5944-9168
URLhttps://actwill.co.jp/

 

\ 人気第3位!アクトウィル /

「アクトウィル」公式サイト
 

審査が甘いといっても返済能力があればの話

審査が甘いビジネスローンは確かに存在します。そして一般論からすると、銀行融資に比べればビジネスローンの審査は甘いです。

ただし誤って解釈してもらいたくないことがあります。それは「審査が緩いのか厳しいのかは、審査を受ける事業者の事業の状況や、事業者自身の状況によって大きく異なる」ということです。

もっと簡単に言うと、「返済する能力がある事業者からの申し込みであれば審査は緩くなります。」

返済能力「アリ」返済能力「ナシ」

ビジネスローンを利用したいのですが。
ビジネスローンを利用したいのですが。

審査結果、返済能力アリと判断された。
審査した。あなた、返済能力ある。貸すこと可能。

ビジネスローンを利用したいのですが。
ビジネスローンを利用したいのですが。

審査結果、返済能力なしと判断された。
審査した。あなた、お金ない。どうやって返済するつもり?貸すのムリ。

銀行融資でも、ビジネスローンでも、ファクタリングでも、動産担保融資でも、いかなる金融商品でも言えることですが、お金を提供する側が損をすることはありません。

損をすると判断された場合には、以下の4つの対応となることでしょう。

「損をする」と判断された場合
  • 利息や手数料を高くする。
  • 担保や保証人を取る。
  • 融資額を少額にする。
  • 取引を行わない。

「お金を提供し利益を得る商売」とはこのようなものです。

とはいえビジネスローンは、銀行融資よりも審査が緩いことは間違いありませんし、即日で資金調達できる可能性があるという面では、非常に優秀な資金調達方法であることは間違いありません。

ビジネスローンの審査難易度ランキングTOP5

ビジネスローンは銀行や信用組合といった金融機関以外にも、ノンバンクの金融会社でも扱っています。

どれも同じビジネスローンという種類ではあるのですが、審査通過率がかなり異なります。そもそもですが、ここでは「審査の甘いビジネスローン」を紹介をしてはいますが、「審査はある」ということです。審査があるということは、通過しない事業者もいるということです。

ある金融関係者の話によると、ビジネスローンの審査通過率は3割〜5割程度ではないかという話でした。一見すると、かなり厳しいように見えますが、これでも審査が甘いという状態なのです。

そんなビジネスローンですが、審査通過率を甘い順に紹介しますと以下のような感じとなります。

繰り返しますが、どのビジネスローンにおいても他の資金調達と比べれば審査の通過率は高いとされています。

しかしその中でも銀行系のビジネスローンの審査は比較的厳しいものとなっています。単純に利息が低く設定されているためです。ビジネスローンのみならず、銀行系の金融商品は預金者のお金を運用しているため、どうしても審査は厳しくなりがちなのです。

つまり確実に返済できる能力がある事業者にしか融資をしない傾向にあり、それを判断するためには時間をかけた審査が必要となり、結果としてさまざまな要素から判断されるため、審査が厳しくなりがちなのです。

 

審査が甘いということは、他の条件が厳しいということだ。
ビジネスローンの場合、「審査が甘い=利息が高い」「審査が厳しい=利息が低い」が一般的であると考えた方がよいだろう。これはどの金融商品でも言えることだ。

 

それでは、それぞれの特徴を解説していきます。

事業者金融ビジネスローン

事業者金融とは、個人事業主や中小企業といった「会社」を顧客にしている金融会社のことです。

事業者金融は事業者へのローン商品が主力商品となります。大手事業者向けと中小企業向けの2パターンがあり、大手事業者向けは高額な融資希望額でも借りられますが、中小企業向けの事業者金融の場合は高額な融資は難しくなります。

大手事業者金融の場合、独自の審査基準データ(スコアリングシステム)を持っており、それを利用して審査をするため比較的短時間で審査が終了します。つまり基本的にはシステムが判断を行うということです。

一方、中小企業向けの事業者金融の場合は、融資担当者が知識と経験の中から事業者の経営状態を判断するスタイルが多いとされています。つまり基本的には人間が判断を行うということになるため、利率の交渉や返済期限の延長といった融通を聞いてもらえる可能性があるというメリットがあります。

消費者金融ビジネスローン

個人向けカードローンやキャッシングローンをメインにしているのが消費者金融です。消費者金融でも事業者向けのビジネスローンを扱っています。

消費者金融ビジネスローンの特徴はなんといっても、個人向けローンで培ったスコアリングシステムです。

申し込んでから最短で30分というスピードで資金調達が可能です。審査のスピードは速いのですが、そのメリットがある分、利息が他のビジネスローンに比べて高く設定されてしまっています。

審査内容には、他社、他行からの借入件数や借入金額が重視されがちです。そのため、多重債務の場合は審査通過が難しくなるのです。

クラウドファンディング型ビジネスローン

近年の資金調達方法として台頭してきたクラウドファンディングですが、クラウドファンディング会社でも事業性ビジネスローンを扱っています。審査通過率は普通といえます。実際はまだあまり利用者が多いわけではなく未知数といえます。

クラウドファンディング会社は個人投資家から少額の投資を受けて運営されています。まだ数自体は少ないですが、今後同じようなクラウドファンディング会社が増えてくれば、現在の基準以上に審査ハードルが下がる可能性もあるでしょう。

信用金庫&ネット銀行ビジネスローン

信用金庫やネット銀行でもビジネスローンを提供しています。

信用金庫のビジネスローンは、保証会社を間に入れて審査を行なっています。地方銀行のビジネスローンと同じような方式での審査方式とされています。地方銀行のビジネスローンに比べ比較的審査は通りやすいといわれています。

ネット銀行は個人向けのカードローンやクレジットカードなどに強い金融機関です。信用金庫や地方銀行と違い、カードローンの審査の仕組みをそのまま転用しているとされています。消費者金融よりは審査が厳しく、地方銀行に比べると審査は通りやすくなっています。

地方銀行&大手銀行ビジネスローン

地方銀行やメガバンクなどの大手銀行でもビジネスローンを扱っています。しかし、両方とも信用保証協会を間に入れているため、ビジネスローンという商品名ではあるものの、実態は保証協会の保証付き融資になります。

信用保証協会の審査に通過し、さらに銀行の審査にも通過しなければ融資してもらえないため、ビジネスローンの中ではもっとも審査通過が難しい部類に入るでしょう。

 

ビジネスローンの特徴を説明。
ビジネスローンとはいっても、提供している金融機関や金融会社によって内容は変わってくる。金利も限度額も、そもそも審査の難易度も異なる。
一般論だが、金利が安ければ審査は厳しい。逆に金利が高ければ審査は緩い傾向にある。

 

ビジネスローンの審査難易度ランキングTOP3のオススメビジネスローン7選

5つの種類のビジネスローンの紹介をしてきました。その中でとくにおススメしたいのが以下のビジネスローンとなります。

事業者金融ビジネスローン 事業規模に合ったビジネスローンを選ぶ

事業者金融のビジネスローンは担保や保証人が完全不要というわけではありません。

希望金額が大きい場合は、担保や保証人が必要な業者もあります。またビジネスローンによっては「第三者の保証人は必要ないが、事業者自身が保証人になる」というケースが多いです。

このようなこともあるため、金利や担保、保証人の有無を確認した上で申込みをするとよいでしょう。

三鷹産業ビジネスローン

金融機関・金融会社名三鷹産業株式会社
URLhttps://www.mitaka.gr.jp/
金利6.00%~18.00%
最大融資限度額1,000万円
個人事業主の利用
担保不要
保証人必要

ニチデン「事業者ローン」

金融機関・金融会社名株式会社日電社
URLhttps://www.nichidensya.co.jp/
金利4.8%~17.52%
最大融資限度額1億円
個人事業主の利用
担保必要(不動産)※必要と認めた場合のみ
保証人※法人は原則連帯保証人が必要、個人事業主は必要と認めた場合のみ

ビジネスローンエール500

金融機関・金融会社名株式会社日本保証
URLhttps://www.nihon-hoshou.co.jp/
金利15.00%~18.00%
最大融資限度額500万円
個人事業主の利用
担保不要
保証人原則不要※法人の場合は代表者個人保証が必要

湊屋商事「無担保ビジネスローン」

金融機関・金融会社名株式会社湊屋商事
URLhttps://www.minatoyasyoji.co.jp/
金利
最大融資限度額2,000万円
個人事業主の利用
担保不要※場合によって債権譲渡担保が必要
保証人原則不要※法人の場合は代表者個人保証が必要

年利別の比較検討は必須!消費者金融ビジネスローン

テレビCMなどでも知名度の高い消費者金融ビジネスローンです。基本的に法人ではなく個人事業主向けのビジネスローンが多いです。他のビジネスローン商品に比べて融資限度額が低い点は注意すべきでしょう。審査から入金までのスピードが早いため、緊急でまとまった金額のお金が必要な場合には利用を検討するとよいでしょう。

プロミス自営者カードローン

金融機関・金融会社名SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
URLhttps://cyber.promise.co.jp/Pcmain
金利6.3%~17.8%
最大融資限度額300万円
個人事業主の利用可(個人事業主のみ)
担保不要
保証人不要

アイフル「事業サポートプラン(無担保ローン)」

金融機関・金融会社名アイフル株式会社
URLhttps://www.aiful.co.jp/
金利3.0%~18.0%
最大融資限度額500万円
個人事業主の利用可(個人事業主のみ)
担保不要
保証人不要

クラウドファンディング型ビジネスローン

クラウドファンディング型のビジネスローンは地方銀行の一部でも行なっていますが、クラウドファンディングを専門にした会社でビジネスローンを提供しているのは「クラウドバンク」1社のみです。※2020年現在

担保は原則必要ですが融資限度額も高額なため、必要である場合には候補の1つに入れてみても良いでしょう。

Crowd Bank「融資型クラウドファンディング」

金融機関・金融会社名クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社
URLhttps://cb-financial.com/lp/
金利6.00%~15.00%
最大融資限度額10億円
個人事業主の利用
担保必要※(有価証券担保、預金担保、不動産担保、売掛債権担保など)
保証人原則不要

ビジネスローンの審査でチェックされる1つの重要ポイントと3つのポイント

ビジネスローンに限ることではありませんが、審査で重要視されるポイントは「貸したお金を返済することができるのか?」という点です。

これを数字で判断することになります。ただしこの判断基準は非公開とされていますし、さらに、各金融会社によって異なることが想像されます。

当たり前といえば当たり前の話ですが、どれもお金を借りる上では重要なことです。基本的に虚偽は絶対にNGです。

 

ロボ
ビジネスローン業者
お金、すぐに貸せるよ。それがビジネスローンの良いところ。
でも、しっかり返済できる人にだけ、貸す。
提出書類で判断する。だから書類頂戴。


 

事業状況はどのような感じか?収支と支出。

どのくらいの売り上げがあり、どのくらいの経費がかかっているのか。そしてここ最近の経営状況の数字はどのような感じなのかを見ます。

継続的に黒字経営が続いているようであれば、これから先も利益が出ると判断できますが、そうではない場合、貸したお金が返済されないという判断になる可能性があります。

事業はどのくらいの年月経営しているか?

事業を何年経営しているのかにより、決算状況を把握することができます。

事業を始めたばかりだと、この先にどのくらいの売り上げを上げることができるのかを判断しづらいのです。

税金の滞納はしていないか?

税金は必ず支払わなければならないものです。それを滞納している場合、お金に関して管理がしっかりしていない、もしくは売り上げが立っていない、さらにはもしお金があったとしても税金の支払いに利用されてしまう可能性が出てきます。

結果的に、返済されない可能性が高くなってしまいます。

経営者の信用情報はどのような感じか?

経営者の信用情報が傷ついている場合には、ビジネスローンのみならず銀行からの融資も厳しいものになることでしょう。俗にいうブラックリストです。

信用情報が傷ついているということは、過去に借金をした経験があり、尚且つ、返済が遅れたり、返済をしなかったなどのトラブルを起こしたということです。そのようなことが再び発生するかもしれない可能性があるため、信用情報は審査に影響してきます。

必要書類、必要情報は正確に記入されているか?

提出を求められている書類を提出しないということ自体が問題です。書類が提出できないのか、それとも提出したくないのかのどちらかになるかとは思いますが、どちらにしても、お金を貸す側からしたら不安要素となります。

面接をする場合、印象はどのような感じか?

お金を貸す側からすると、今まで全く面識のない人間にお金を貸すことになります。そのため、人間性というのは重要になります。とはいっても、受け答えがしっかりできれば問題ありません。

たとえば提出した書類の内容を聞かれたとして、全く把握していない、もしくは整合性が取れないといった場合は審査にマイナスの影響を与えてしまうことでしょう。

ビジネスローンの審査は甘いが内容の比較は必須!

ビジネスローンはスピードに特化した資金調達方法です。同じくらいのスピードで資金調達できるのはファクタリングくらいですが、売掛債権を持っていなければ利用することができません。

参照 優良ファクタリング会社ランキング

 

何も持っていない状態で素早く資金調達をするとなると、ビジネスローンは1つの強力な選択肢となることは間違いありません。

ただし1点注意してほしいことは、スピードに特化している分、他の条件が厳しくなりがちであるという点です。とくに利息です。一般的な銀行融資や日本政策金融公庫からの借り入れに比べると、どうしても利息が高くなってしまいます。借金であるため、返済時には利息を上乗せして返済することになるわけですが、この利息がどの程度であるかによって、将来的に事業を圧迫させてしまう可能性もあります。

そのため、ビジネスローンを利用するのであれば、複数の商品を比較し、なるべく利息の低い商品を選択することをおススメします。またどうしても長く利用してしまうと利息が膨らんでくるため、その間に資金繰りを改善し、銀行からの融資を考えたほうがよいでしょう。

 

その場凌ぎのビジネスローンは危険
その場しのぎの資金調達は危険だ。その時がよくても、数ヶ月後、数年後にその場しのぎの資金調達が原因で倒産してしまうこともある。
もしビジネスローンを利用するというのであれば、返済計画を立てて検討したほうがいいだろう。

 

参照 事業者のための11の資金調達方法

 

資金調達方法は意外と沢山ある!?事業者のための28の資金調達方法とメリット・デメリット 1の画像
資金調達方法は意外と沢山ある!?事業者のための28の資金調達方法とメリット・デメリット
資金調達方法は意外と沢山あります。ここでは「事業者のための11の資金調達方法」で紹介しなかった事業者のための28の資金調達方法と、それらのメリット・デメリットを紹介したいと思います。 法人、個人事業主問わず、会社を経営していく上で重要...

審査の甘いビジネスローン3選 すぐに資金調達したいのならココ!

アイフルビジネスファイナンス借入可能金額利息返済期間

アイフルビジネスファイナンスの事業者ローン

アイフルビジネスファイナンスの事業者ローン

~1000万円

3.1%~18.0%

最長8年4ヶ月

原則、申し込みから融資実行まで郵送で手続き完了のため来店は不要。年会費や補償料は無料、保証人や担保も原則不要。さらには事業資金の範囲内であれば使用使途は自由。

CARENT借入可能金額利息返済期間

CARENT(キャレント)の事業者ローン

CARENT(キャレント)の事業者ローン

1万~500万円

7.8%~18.0%

〜10年

キャレントスーパーローンは株式会社IPGファイナンシャルソリューションズが運営する法人向けのビジネスローンです。

アクトウィル借入可能金額利息返済期間
アクトウィルの事業者ローンアクトウィルの事業者ローン

300万円~5000万円日

7.5%~15.00%

~3年

アクト・ウィル「ビジネスローン・事業資金融資」はアクト・ウィル株式会社が運営する法人向けのビジネスローンです。

よくある質問

ビジネスローンは審査が甘いのですか?

銀行の融資審査に比べると審査は甘いとされています。しかし誰でも利用できるほど甘いものではありません。一定の条件をクリアしなければ審査に通過することはできません。

ビジネスローンの中で一番審査が甘いのは?

ビジネスローンの中で審査が甘いのは、ノンバンク系である消費者金融やクレジットカード会社などでしょう。

ビジネスローンと事業者ローンの違いは?

ビジネスローンと事業者ローンは名前が異なるだけであり、基本的には同じものです。

ビジネスローンの審査で通過できない理由は?

基本的に、どのビジネスローン会社でも審査基準は公表されていません。ただし一般論でいうと、過去に借金のトラブルがあり信用情報に傷がついている場合や、税金を滞納している記録がある場合には、審査通過は厳しいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました
目次へ